三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、揚州(ようしゅう)編




 

中国は、EU加盟国がぜんぶすっぽり入ってしまうほど大きな国。

地域によって気候も文化も人情も、ものすご~く違います。

出身州別 三国志キャラの性格診断。前回までに全十三州のうちの十一州をご紹介し、

本日は第五回目、最終回です!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編

前回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗州(えんしゅう)、徐州(じょしゅう)編

前回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編

前回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、益州(えきしゅう)、交州(こうしゅう)編

 

No.12 荊州(けいしゅう)出身――蒯越(かいえつ)

 

荊州(けいしゅう)は現在の河南省、湖北省、湖南省にまたがっていました。

荊州出身の蒯越(かいえつ)は、劉表(りゅうひょう)が荊州刺史に着任した

ばかりのとき、荊州の軍閥の頭目を甘い言葉で誘い出してやっかいそうなやつは

処刑しちゃえば、と劉表にアドバイスした人(正史三国志の注にある

魏略(ぎりゃく)による。劉表は集まった五十五人の頭目を皆殺しにして

彼らの軍勢を自分のものにしたそうな)。

劉表が亡くなって劉琮(りゅうそう)が後を継いだ時、曹操(そうそう)

ちょうど荊州に攻めてきていたので、蒯越は劉琮に曹操へ降伏するようにすすめ、

自分は曹操から光禄勲(こうろくくん)の官位をもらいました。

蒯越は現在の湖北省の出身です。さて、湖北の人たちの特徴は、

 

湖北人の意図は計り知れず、決して理解することはできない。

軽々しく信じてはならない。「天上九头鸟,地下湖北佬(天には

九頭の鳥がおり、地には湖北の野郎がいる)」という諺があるように、

湖北人は人間離れした知恵と生命力を持っており、また、

九頭の鳥が互いに争い合っているように、各人が利己的でバラバラで、

自分がやりたい通りに物事をおしすすめ他人をかえりみない。

 

すごい言われようですね。底知れぬ知謀は化け物レベル。

蒯越を形容するにふさわしい!

No.13 揚州(ようしゅう)出身――周瑜(しゅうゆ)

 

揚州(ようしゅう)は現在の安徽省、江蘇省、浙江省、福建省あたりでした。

揚州出身の周瑜(しゅうゆ)は代々高官を輩出してきた家柄の出です。

董卓(とうたく)連合で体を張った働きをして有名になった孫堅(そんけん)

息子の孫策(そんさく)周瑜は同い年で、物質的にも知謀や軍事の面でも

孫策をサポートし、孫策が亡くなると後を継いだ孫権(そんけん)に仕え、

曹操(そうそう)が大軍を率いて遠征してきた時に多くの者が孫権曹操へ降伏

するようすすめる中で、周瑜は抗戦するよう孫権を説得し、

軍を率いて曹操軍と対峙し赤壁(せきへき)の戦いで曹操を撤退させました。

現在の安徽省の出身です。さて、安徽の人たちの特徴は

 

南方人と北方人の両方の特徴を兼ね備え、豪壮にして緻密、

頭脳明晰で弁が立つ。ビジネスマンや学者でも豪気であり、

旧来のやり方に異を唱え新しいことを始める気概を持っている。

いにしえの人物を追慕する傾向はなく開拓精神に富んでいる。

 

【豪快にして緻密】【開拓精神に富んでいる】は周瑜にぴったりですね。

エイヤッと決断してコツコツ頑張る人だったんでしょう。

孫策というダークホースに目を付けたことや、長いものに巻かれるような降伏を

孫権にすすめなかったことは、開拓精神の賜物であったに違いありません。

 

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

関連記事:周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!?

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

中国は何度も動乱の時期があって、人口流動がちょくちょく起こっているので、

三国時代の人たちのお国柄を現代の省別のお国柄と比較してもあんまり

当たってなさそうだな~と思いながら調べてみていたのですが、

けっこうピッタリな人もいて、正直びっくりしています。

第三回 并州(へいしゅう)の内モンゴルの人の特徴なんか、

まんま呂布(りょふ)でしたもん。

一口にお国柄と言っても、民族的なもの、歴史によって作られるもの、

自然環境によって作られるもの、など、いろいろな要素があるんでしょうね。

自然環境によって作られるものは二千年前とあまり変わらないのかもしれません。

出身州別 性格診断、これにて十三州すべて終了でございます。

お付き合い頂きありがとうございました。

山東人をひきあいに出す州が多すぎたんじゃないかという

セルフツッコミをするべきかどうか迷っています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:よかミカンって、何者?

関連記事:裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 三国志 武器 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  2. 宴会マナーと酒(古代中国) こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  3. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  4. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…
  5. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  6. 曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって…
  7. 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…
  8. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 三国志大学で勉強する公孫瓚
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. 太史慈
  5. 夏

おすすめ記事

  1. 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト
  2. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに曹休を追加しました
  3. 劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由? 蜀の皇帝に即位した劉備
  4. 「月刊はじめての三国志12月号」11月25日(日)に出版決定
  5. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  6. 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?

三國志雑学

  1. 夏侯惇と呂布
  2. 趙雲
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  2. 呉の勢力を率いる孫策
  3. チェストと叫ぶ西郷隆盛

おすすめ記事

呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略2】兗州攻略とあの名将たちが仲間に!!面白すぎて仕事放棄中!! 三国志 象兵 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍 【有料記事】費禕は諸葛亮の後継者ではなかった!【歴史の盲点】 山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは? 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選 幕末 魏呉蜀 書物 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人

おすすめ記事

  1. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男
  2. 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた
  3. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は? ヤンキー曹操
  4. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  5. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  6. 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?
  7. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  8. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP