ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

執筆者:コーノ・ヒロ

邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの?

邪馬台国と卑弥呼軍


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

前回までは2回に渡り、邪馬台国の重臣の難升米(ナシメ)の謎について迫りました。

今回からは、邪馬台国滅亡から大和朝廷成立までの古代日本史の空白時代に焦点をあて、

深く掘り下げていきたいと思います。お楽しみください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった?

関連記事:女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る!


邪馬台国滅亡の原因。第二次倭国大乱とは?

 

まず、邪馬台国滅亡の原因とは何だったのでしょうか?

それは、邪馬台国の女王・卑弥呼(ヒミコ)の即位前に起きた「倭国大乱」が、

女王・台与(トヨ)の死後、再び勃発したことが一つの原因だったと考えられます。

 

それは「第二次倭国大乱」とも言うべき出来事だったのではないでしょうか。

これは、古代日本史に起きた二度目の大規模な内乱だったようです。

 

この内乱が、邪馬台国を滅亡させた、最初の切っ掛けとなったと考えられます。

それでは、その大乱はなぜ起こったのでしょうか?


魏が滅びたから、邪馬台国も滅びた?

 

そもそも、日本古代史において、二度も「倭国大乱」が起きたのは、

中国大陸での混乱が大いに関係しているでしょう。

 

最初の倭国大乱の原因は、後漢帝国の衰退時に起きた「黄巾の乱」でしょう。

この乱によって、それまで東アジア地域全体に及んでいた後漢帝国の影響力が弱まります。

東アジア地域は各所で分裂の事態になるのです。

大陸でも、朝鮮半島でも、倭国と呼ばれた日本列島でも。

中国大陸では、全土が内乱の状態となり、三国志の時代の前段階の状況になるのです。

 

そして、二度目の倭国大乱は、魏帝国の滅亡と西晋帝国が成立し

中国大陸を統一した時期、つまり、三国志の時代の終焉時期です。

おそらく、邪馬台国は魏のお墨付きで倭国と呼ばれた日本列島をまとめていたのではないでしょうか。

虎の威を借る狐とも言えるでしょうが、現代はともかくとして、

古では、平和安定のためには、必要な図式だったとも言えるでしょうか。

 

よって、魏が滅亡したときに、邪馬台国も滅びる運命だったと言えるかもしれません。

つまりは、邪馬台国の歴史は『三国志』とともにあったことになるでしょうか。

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

それは日向(ヒナタ)の国よりやってきた?

 

「第二次倭国大乱」の混乱の中で邪馬台国が滅びたのは確かのようです。

そして、その時期は、魏の滅亡とほぼ同時期か、あるいは、もう少し後かとも言われています。

しかし、どうやって滅びたのでしょうか?

 

いよいよ邪馬台国の滅亡の謎に迫っていきます。

 

ここで参考にしたいのが『古事記』です。

神話性が強く、事実と異なる箇所も多いでしょうが、

全く事実に依らずに描かれたとは考えられません。

 

事実を誇張させたところがあったにしても、

根底に大きな事実があり、それを評価する人々がいて、

それが原動力となり、壮大な物語が作られたと考えてもよいでしょう。

 

日本古代史を知る上で、『古事記』を無視する訳にはいかないでしょう。

もちろん、同様に参考になる資料として『日本書紀』があります。

 

二つを読み比べると内容の重なるところが多いですが、

『古事記』の方が物語性が強く、想像を膨らませやすく、

読者の皆様に楽しんで頂けるよう紹介できると思いましたので、

今回は『古事記』を資料として優先します。

 

それでは、話を先に進めます。

以前の記事で、天照大御神(アマテラスオオミカミ)

卑弥呼だったかもしれないと紹介しました。

それを参考に『古事記』を辿っていくと、

邪馬台国滅亡時期に、一人の人物の存在が浮き上がります。

 

それが、神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコノミコト)です。

つまり「神武天皇」(ジンムテンノウ)です。

 

『古事記』では、天照大御神が数々の実績を残した後、天照大御神が登場しなくなり、

争乱の事態になった話が描かれるのですが、それは「神武東征」と呼ばれています。

これが、「第二次倭国大乱」を指すのではないかと考えられるという説があります。


邪馬台国VS大和朝廷だった?

 

神武天皇といえば、「神武東征」によって、

日向の国(九州)より、大和(近畿)入りし、日本列島の大半を掌握したと言われています。

ただし、その大和入りのとき、現地を支配していた

長髄彦(ナガスネノヒコ)という人物の勢力に行く手を阻まれ、

神武軍は一度は敗北し、撤退を余儀なくされます。

その敗北の戦によって、神武の兄の五瀬命(イツセノミコト)は死に至ります。

 

そして、実は、その神武軍を一度は敗北させた、長髄彦(ナガスネヒコ)の勢力こそが、

邪馬台国だという説があるのです。

 

そうだとすると、次のように言えるでしょうか。

 

神武軍には、大伴(オオトモ)一族の先祖の道臣命(ミチノオミノミコト)という臣下がいました。

つまり、邪馬台国の女王・卑弥呼の治世時の重臣・難升米(ナシメ)の子孫が

神武軍についていたことになりますから、

邪馬台国の臣下同士の争いという構図になるということです。

 

あるいは、広大な邪馬台国が分裂し、本拠地の大和勢力と

新興の九州勢力が日本列島の覇権を廻って争うことになったという構図の見方です。

 

つまりは、大和朝廷と邪馬台国が刃を交えたというのです。


  

 

邪馬台国ライターコーノ・ヒロの独り言

 

それでは、次回は邪馬台国の最期に迫っていきたいと思います。

神武軍の遠征過程と、長髄彦(ナガスネヒコ)軍と

神武軍の戦いの全貌に迫りたいと思っています。

お楽しみに。

 

《参考文献》

 

◆『新訂 古事記』

(角川ソフィア文庫)

◆『出雲と大和 ― 古代国家の原像をたずねて ―』(村井康彦著・岩波新書)

 

◆『「古事記」の謎 ―神話が語る日本秘史―』

(邦光史郎著・祥伝社黄金文庫)

 

◆『卑弥呼は狗邪国から来た』

保坂俊三 著(新人物往来社)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  


 

コーノ・ヒロ

コーノ・ヒロ

投稿者の記事一覧

歴史好きのライターです。
福祉関係の仕事をしつつ、物書きの仕事も色々としています。

小説や詩なども、ときどき書いています。
よろしくお願いします。

好きな歴史人物

墨子、孫子、達磨、千利休、良寛、正岡子規、

モーツァルト、ドストエフスキー など

何か一言

歴史は、不動の物でなく、
時代の潮流に流される物であると思っています。

それと共に、多くの物語が生まれ、楽しませてくれます。

関連記事

  1. 邪馬台国と魏軍の兵士 壬申の乱の内幕、狙われていた天武帝?唐 VS 新羅戦争の影響(第…
  2. 赤壁の戦いで敗北する曹操 もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?
  3. 邪馬台国最後の王ニギハヤヒの野望!カムヤマト(神武天皇)は操られ…
  4. ニギハヤヒ(日本神話) 【日本神話の逆襲】ニギハヤヒは出雲王国復興の為に邪馬台国を滅ぼし…
  5. カムヤマト(日本神話) 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘
  6. スサノオが草薙の剣でヤマタノオロチを倒す(古事記) 三種の神器の秘密とは?古代出雲王国と邪馬台国の怨念あり?
  7. 占いをする卑弥呼(鬼道) 卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説…
  8. 幕末70-8_天皇(シルエット) 【古墳時代】初代神武天皇から26代継体天皇まで一挙紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 成廉、魏越、呂布
  2. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  3. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  4. 三国志時代の牢獄
  5. 于禁、曹操、青州兵
  6. 前方後円墳(古墳)
  7. 賈詡
  8. 武田騎馬軍団 馬場信春

おすすめ記事

  1. 【山崎の戦い敗因】明智光秀は長雨の為に秀吉に敗北した! 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  2. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  3. 賈詡が李傕を有名人へと押し上げたアドバイスとは!? 賈詡(賈ク)
  4. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの? 袁紹と曹操
  5. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い 管仲
  6. 【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた 陳寿(晋)

三國志雑学

  1. 劉備 婿
  2. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)
  3. 鱸魚を釣る左慈


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 孟獲
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 三国志ライター黒田レン
  5. 曹操に憧れる荀彧
  6. 曹操に降伏する劉琮
  7. 周瑜 死

おすすめ記事

陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 上杉謙信 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR) 援軍に向かう陳表軍 樊城の戦いは魏の援軍が要だった!魏の援軍たちとその数を知る 孔明君のジャングル探検 李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト 三国志時代の牢獄 こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介 孔子と儒教 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか チビってしまう司馬懿と孔明 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP