よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説

この記事の所要時間: 229




 

蜀の諸葛孔明による北伐は、234年が最後になります。

「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」で有名な「五丈原の戦い」です。

 

このとき呉は蜀に呼応し、魏を攻めました。「合肥新城の戦い」です。

今回はこちらの戦いにスポットを当てていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由

関連記事:陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析

233年に合肥に新城が築かれる

 

呉の都である建業に近い魏の重要拠点「合肥」は、孫権(そんけん)にとってもっとも邪魔な存在です。

赤壁の戦いの後から再三に渡り合肥をせめましたが、

魏の名将・張遼(ちょうりょう)の活躍もあり攻略できずにいました。

 

対呉の総司令官であった曹休(そうきゅう)の後任である満寵は、

合肥の城の位置が不利であることを明帝(曹叡)に進言し、

合肥に新城を築くことを許されます。

 

233年、孫権は自ら兵を率いてこの合肥新城を攻めますが、

満寵(まんちょう)の伏兵の罠にかかり撃退されます。

234年、合肥新城包囲戦

 

翌年も孫権は諦めることなく合肥新城を攻めます。

今回は蜀の諸葛孔明と打ち合わせた東西・二方面からの魏への侵攻でした。

孫権は好機と見て10万の兵を率いて出陣します。

 

 

孫権は直接合肥新城へ向かい、陸遜(りくそん)諸葛瑾(しょかつきん)

には一万の兵で襄陽に進軍させます。

さらに孫韶と張承をもって淮陰へ攻め込ませました。

合肥新城のある揚州、襄陽のある荊州、淮陰のある徐州の三州を一気に攻めたことになります。

 

本命である合肥新城を落とすために、

近隣の魏軍を引きつけておくのが、陸遜や孫韶の役割だったと考えられます。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1  

明帝の親征

 

これに対して満寵は合肥新城を放棄し、戦線を北の寿春まで下げることを明帝に進言します。

しかし明帝はこの提案を認めませんでした。

合肥を敵の拠点にされると大変な事態になる可能性があったからです。

 

明帝は、諸葛孔明の北伐に立ち向かう司馬懿に援軍を送りながらも、

決して陣を出て戦うことのないように司馬懿に指示します。

守りに徹せよということです。

そして自身は南下して孫権の侵攻阻止に向いました。

 

関連記事:曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

関連記事:【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?

 

満寵の火計により孫権はまたも敗れる

 

合肥新城の守将は張潁であり、防戦に必死の状態です。

戦線後退を却下された満寵は気持ちを切り替えて合肥新城の援軍に向います。

そして到着するや数十名の精鋭で風上から火を放ち、呉の攻城兵器や兵糧を焼き払いました。

この戦いで孫権は甥の孫泰を射殺されています。

 

孫権はこの奇襲の損害だけでなく、陣中に疫病が流行っていることと、

明帝が自ら兵を率いて親征してくることを知り、撤退を決断します。

これを聞いた襄陽攻め、淮陰攻めの両軍も退却しました。

またもや孫権は満寵にしてやられたわけです。

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

この合肥新城の戦いでは、陸遜は襄陽へ向かっただけで撤退しており、

活躍の場はほとんどありませんでした。

陸遜は上大将軍なのだから合肥新城攻めの総大将をすべきだとも思いますが、

荊州全域の総司令官という立場もありましたから、手一杯だったのでしょう。

 

なにより合肥には孫権のこだわりがありました。

曹操曹丕らが健在だった頃から孫権はしきりに合肥を攻めています。

君主たる孫権が直々に出陣していることが多いのが特徴です。

それだけ重要な拠点だということですが、

何としても自分の手で制圧したいという孫権の気持ちも伝わってきます。

父である孫堅や兄の孫策に匹敵する戦上手であることを示したかったのかもしれません。

 

合肥侵攻は諸葛孔明の北伐に並ぶ回数です。

東と西からこれだけ攻められても崩れることのなかった魏もやはり凄いですね。

 

手に汗握る緊迫した合肥新城を体感したい方は、

三國無双の合肥新城の戦いのステージに挑戦してみるのもいいかもしれません。

登場してくる武将が史実とはやや異なるものの、雰囲気は味わえます。

満寵が呉軍に到達する前に撃破するという条件を満たせば、秘蔵武器が入手できるようですよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  2. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  3. 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  4. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  5. 孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす
  6. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  7. 【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説
  8. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  2. 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ
  3. 近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは?
  4. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!
  5. 【禁断の比較】最強は誰だ?世界の神々ランキングベスト9
  6. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

おすすめ記事

  1. 三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?
  2. 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最初の妻の悲しい生涯
  3. 『真・三國無双8』プロデューサー鈴木亮浩が絶賛する三国志×学園ラブコメ『劉備徳子は静かに暮らしたい(仲野えみこ/白泉社)』第2巻を販売開始。
  4. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  5. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  6. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  7. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者
  8. 坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP