三国志平話
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?



劉備

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)で、曹操(そうそう)軍の追撃を受けた劉備(りゅうび)が、自分を(した)ってついてきた民も

妻子もかえりみずスタコラサッサと逃走した長坂(ちょうはん)の戦い。

劉備の頼れるお守り刀武将である趙雲(ちょううん)が乱戦の中から劉備の長男を助け出してくると、

劉備は「ガキのために一人の大将を失うところであった」と言って、

まだ赤ん坊だった息子を地べたに放り投げました。

 

劉備のこのふるまいについて、中国の人たちはどう考えているのかしらと思って

調べてみたところ、びっくりするような解釈と笑っちゃうような解釈が出てきましたよ!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編

 

 

日本人のふつうの理解のしかた

 

劉備さんは仁君(じんくん)だという評判なのに、赤ちゃんを地べたに投げるなんてひどいなぁ。

という私の個人的な感想はさておき。日本ではこのエピソードは、劉備が肉親よりも

武将とのつながりを大切にするボスであることを示すものとして理解されていますよね?

 

かわいいかわいい赤ちゃんを放り投げるなんて日頃は思いもよらないことですが、

赤ちゃんを助けるために趙雲がピンチになったと思ったらつい赤ちゃんを投げちゃった。

それほど趙雲が大切だった。という理解。

 

絶対、芝居だと思いますけどね。

いくら趙雲が大切だって、無意識的に赤ちゃんを放り投げるなんてことはできませんよ。

あんなふにゃふにゃしている生き物は、とりあえず大事に抱えておくのが

ナチュラルな状態です。投げるには相当な覚悟がいるはずです。

 

「俺は肉親よりも武将とのつながりを大事にするんだー」というパフォーマンスのために、

わざと放り投げたんじゃないですか。怪我しないように上手に投げたんじゃないでしょうかね。

と、ここらへんまでが、日本人のふつうの理解のしかたではないでしょうか。

 

 

中国の人たちの理解のしかた

 

中国語のウェブサイトでも、上に挙げた日本人の理解のしかたと同様な解釈をしている

記事はあります。しかし、そういう記事はあまり目立ちません。

おそらく、中国でも上に挙げた日本人の理解と同様の解釈がふつうなんだろうと思います。

ふつうの解釈を記事にしても面白くないからそういう記事が少ないだけでしょう。

一方で、ガンガン紹介されている仰天解釈が、

劉備が趙雲に対して不信感を抱いていたためだというものです。こりゃびっくり。

劉備は趙雲のことを鉄石の心を持つ者として信頼していたんじゃないんですか?

Why, Chinese people?

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

劉備が趙雲に不信感を抱いていたとする説

趙雲

 

中国語のウェブサイトでよく言われているのは、趙雲は自分の理想と信念に

忠実な人なのであって、仕える相手のことは眼中にないのだという解釈です。

これは趙雲が公孫瓉(こうそんさん)に仕えた時に「仁政を行う人に従うだけであって、あなたを

ひいきにするわけではありません」ときっぱり言っていることによります。

(このせりふがカットされている版本もありますが)

 

このような独立的思考能力と行動原則を持つ趙雲に対し、

劉備は安心することができなかったのだと、中国の論者たちは言っています。

趙雲に対しては、充分な評価を与え続けていなければ逃げられてしまうという

強迫観念(きょうはくかんねん)を、劉備は抱いていたというのです。

劉備

 

この不信感が、子供を投げるというパフォーマンスにつながったというんですね。

なるほど、確かに。心の底から信頼している相手ならば、自分の子供を助け出してくれたら

にっこり笑って「ありがとう」って言っとけばいいのであって、

わざわざ派手なパフォーマンスをする必要はありませんものね。

 

関連記事:【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

関連記事:【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?

 

もう一つ、笑っちゃうような説が

劉表

 

上に書いた不信感説は、なるほどそういう考え方もあるかという感じですが、

もう一つ、笑っちゃうような説もあわせて紹介されています。

それは「劉備には妻や子供を捨てる習慣がある」というものです。

 

正史三国志にある劉備の評で、「劉備には高祖(こうそ)(漢の初代皇帝)の面影(おもかげ)がある」と

書かれていることによります。高祖は戦いに敗れて馬車に乗って逃げていた時に、

馬車を軽くするために子供を馬車から突き落としたことがあります。

このことから、高祖の面影がある劉備も妻子を捨てるのだというわけです。

これは、どうなんでしょうか??

劉邦

 

劉備に高祖の面影があるというのは、漢の創始者みたいに立派な人だったよ、

っていう評であって、妻子を捨てちゃうところまで似てるという意味ではないと思いますが。

チャイニーズジョークなんでしょうか……?

 

意外にまともな説

劉備と趙雲

 

高祖に似てるから妻子を捨てるんだよ、という説明はウッソ~という感じですが、

その説は下記のような形でしめくくられていて、最後まで読むとなるほどと思ってしまいます。

 

劉備は習慣でごく自然に妻子を置き去りにしたのであって、彼にとっては

たいしたことではなかったが、趙雲は身の危険をおかしてまで劉備の妻子を助けた。

このことにより、二人の人間性の違いが浮き彫りになってしまった。

趙雲は(ほま)れ高く義は金石を貫く人物、劉備は卑しくて汚らしく思いやりのない人物。

周囲のそういう視線に気まずくなった劉備は、

子供を放り投げることで周りの人間の批判の目をそらしたのだ。

ここに劉備の人を丸め込む手口が見てとれる。

 

「我が君、あんたが平気で捨ててった家族を命懸けで助けてきた奴がいますぜ」

っていう目で見られて困っちゃったから、ごまかすために

「俺は肉親よりも武将が大事なんだー」ってパフォーマンスしたんですね。

で、趙雲が感動しちゃっていい話っぽくまとまってめでたしめでたし。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカン

 

先日書いた徐庶の記事「【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた」

でもそうでしたが、どうも、中国では劉備は汚い偽善者(ぎぜんしゃ)として周りの人物を

引き立てる役を担う傾向があるようですね。

お説を拝読していると、劉備ってそこまで悪いやつだったっけか? とびっくりしてしまいます。

中国の人たちは、三国志の物語のなかで劉備が過度にえこひいきされていることに対して

日本人以上にストレスを感じているのかもしれません!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの?

関連記事:【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 孔明南東の風 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  2. 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介
  3. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  4. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…
  5. 黄権 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  6. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…
  7. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  8. 問題を解決する楊脩 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛され…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孟嘗君
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  3. 孫堅、孫賁
  4. 魯粛
  5. 難斗米(なしめ)
  6. タングート族

おすすめ記事

  1. キングダム588話 休載スペシャル「キングダムの時代に祭りはあったの?」 キングダム53巻
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  3. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  4. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  5. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは??  三国志時代のひざまくら
  6. 明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城) 明智光秀 麒麟がくる

三國志雑学

  1. 蜀の姜維
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. 周瑜と孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 項羽
  2. 宦官
  3. 劉備主役
  4. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操

おすすめ記事

はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び kawauso編集長のぼやきVol.31「モノマネの本質」 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP