ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】

上杉謙信


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

戦国時代の革命児・織田信長(おだ のぶなが)が畏怖し、安土城(あづちじょう)を建城したと伝わる戦国最強の上杉謙信(うえすぎ けんしん)

三国志(さんごくし)の英雄・曹操(そうそう)に立ち向かい、遷都(せんと)させる寸前まで追い込んだ関羽(かんう)

共に素晴らしい武将ですが、この二人にはどうやら共通点がありそうです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情


上杉謙信の義

 

二人の共通点といえば、やはり「義に篤い」という点でしょう。

血で血を洗うような戦国乱世にあっても、二人の義には敵・味方の隔たりがありません。

 

上杉謙信は私利私欲のための侵略はしなかったといいます。

さらに他国が、大義名分のない侵攻を受け、

その援軍を乞われた際には、上杉謙信は出陣しています。

宿敵である武田信玄(たけだ しんげん)が、駿河(するが)の今川から塩止めを受けた際には、

今川の卑怯なやり方に憤り、勝敗は戦でつけるとして武田に塩を送りました。

これぞ「敵に塩を送る」の語源ですね。


関羽の義

 

関羽の義は、主君であり三国志演義の主役でもある劉備の仁すら超越したものでした。

赤壁の戦いの際、敗走する曹操を追撃する任を受けた関羽は、

命令に背かないという誓紙(せいし)諸葛孔明(しょかつこうめい)に渡します。

しかし、華容道(かようどう)曹操に遭遇した関羽は、

かつての恩を返すために曹操を見逃しました。

 

例え自分の命を犠牲にしてでも義を貫くという関羽の姿勢は、高い評価を受けています。

これぞ究極の義です。だからこそ関羽が亡くなるシーンを空白にしたものや、

塗りつぶしたもの、直接的な死の表現を避けるといった作品が多かったわけです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 

この二人がぶつかり合ったら

 

上杉謙信、関羽、この二人の義に優劣はつけられないでしょう。

戦場では無類の強さを誇りながら、義に篤い上杉謙信と関羽は、

多くの武将のリスクペクトを受けています。

 

では戦ったらどうなるのでしょうか。裏表のない二人です。

そして自分の武に絶対の自信を持っています。この二人が戦場で激突するシーンは見ごたえ充分ですね。

軍略にも長けていますから、ただやみくもに猪突猛進していくわけではありません。

敵の布陣や環境を考慮し、効果的に攻撃を仕掛けます。

 

第4次川中島の戦いでは、上杉謙信は自らを囮とし、

妻女山(さいじょさん)に陣を置き、武田信玄を野戦に引きずり出しました。

樊城(はんじょう)の戦いでは関羽は水攻めを行い、敵将の于禁(うきん)龐徳(ほうとく)を捕らえています。

二人の戦い方は単純な力攻めだけではないのです。


軍神対決はどっちが勝つ?

 

白黒はっきりさせるべきかもしれませんが、こればっかりはどっちが勝つと言えないですね。

「互角」というのが私の見解です。(それありかい!って怒られそうですが)

でも互角ってかなりレアなケースなんです。

例えば、本多忠勝(ほんだ ただかつ)張飛(ちょうひ)が戦ったら、本多忠勝が勝つなって判定しますし、

織田信長と曹操が戦ったら、曹操が勝つなって判定します。

(私の勝手な見解ですが)

 

ただ、こと上杉謙信と関羽に限っては勝敗がつけられない。

イメージ的には死力を尽くしてぶつかり合って、それでも互いに一歩も退かない。

そして互いに好敵手と認め合うみたいな感じですね。

その後も50回戦って、50回引き分けみたいな。

 

関連記事:関羽は本当に反権威の人だったのか?

関連記事:関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?


  

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

 

正直なところ上杉謙信と関羽の敗戦シーンは見たくないという思いがあります。

うーん、難しいテーマですねー。

皆さんはどっちが勝つと思いますか?

場所がどこなのか、季節がいつなのか、兵力がどれほどなのか、

味方は誰なのかによって話は変わってくると思いますが、優劣つけられるんでしょうか。

 

仮に優劣がつけられるとしたら、それは戦をする理由にあるかもしれません。

どちらに義があるのか、より強い義が感じられる方が勝つと思いますね。

そして負けた方も納得づくで首を討たれるのではないでしょうか。

 

いろいろ考えてみると、一番戦ってほしくない対戦カードが

「上杉謙信VS関羽」だということに気づきました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点

関連記事:関羽はお金の神様?風水における関羽像について

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  


 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 劉禅 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  2. 貂蝉 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  3. 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  4. 蜀の姜維 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  5. 三国志平話 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  6. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画…
  7. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  8. ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 五虎大将軍の関羽
  2. 関羽
  3. 安土城 織田信長が作らせた城
  4. 孔明の遺言を聞きに成都から五丈原まで走った李福
  5. 騎馬兵 騎馬軍団
  6. 信長の野望・革新 with パワーアップキット

おすすめ記事

  1. キングダム592話最新ネタバレ「死に場所」レビュー キングダム53巻
  2. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  3. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  4. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編 張遼・楽進・李典
  5. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価 藏覇(臧覇)と孫権
  6. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! 法正が亡くなり悲しむ劉備

三國志雑学

  1. 袁術
  2. 君たちはどう生きるか?劉禅
  3. 賈逵(かき)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張飛にお酒はだめだよ
  2. 烏丸族も裴潜(はいせん)に従っているシーン
  3. 荀彧(はじめての三国志)
  4. 五斗米道の教祖・張魯

おすすめ記事

キングダム キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ? 孔明 東南の風 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ? 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選 呂布と董卓の最強タッグ 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布 【9月の見どころ】9/27公開予定:【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆? キングダムネタバレ大予想575話vol2舜水樹は李牧を裏切る!その理由 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用 眼帯は誰のもの?『一騎当千』で夏侯惇だけでなく呂蒙にも眼帯が付けられている件 三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP