魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?

諸葛瑾



諸葛瑾

 

諸葛瑾(しょかつきん)のイメージと言えば、孔明(こうめい)の兄、ロバの人、温和な人物などがあります。

しかし、多くの人は、あの気難しい孫権(そんけん)に一度も左遷(させん)されないばかりか、

むしろ多くの賞賛の言葉を得ている事を不思議には思うのではないでしょうか?

実は、諸葛瑾こそは張昭(ちょうしょう)さえも上回る孫呉の派閥のTOPに立つ人物であり、

その絶大な影響力を恐れる故に、孫権は手を出さなかった・・かも知れません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

 

 

厳畯、歩隲、魯粛張昭諸葛瑾を中心に広がるネットワーク

諸葛瑾

 

諸葛瑾の武器、それは、およそ人を裏切った逸話がない誠実な人柄です。

そして、その人柄が武器になって組み上げられた徐州出身者のネットワークでした。

諸葛瑾は、まだ孫呉に仕官する前から厳畯(げんしゅん)歩隲(ほしつ)とは友人でしたし、

クレイジーボーイと呼ばれた、臨淮(りんわい)魯粛(ろしゅく)とも早くから、親交を結んでいました。

張昭

 

孫呉では何を言っても孫権に処罰されない程の重臣だった張昭とは、

直接の関係が見られませんが、張昭の息子、張承(ちょうしょう)とは古くからの親交があり

張承が妻を亡くすと諸葛瑾の娘が後妻に入っています。

 

つまり張承の義理の父が諸葛瑾になったのです。

これは、並々ならないネットワークだと言えるでしょう。

赤壁の戦いでいえば、主戦派の魯粛、降伏派の張昭と瑾ちゃんは繋がるのです。

諸葛瑾と孔明

 

そのせいか、諸葛瑾は西暦200年に魯粛と揃って孫権に会見しているのに

魯粛と違い208年の赤壁(せきへき)の場面では、一言の発言もありません。

 

内心では弟が仕える劉備(りゅうび)の方に味方したかったのでしょうが、

工作については親友の魯粛に全て任せて、自分は口を閉じて

「これは難しい、難しいぞ」という顔をしていたのでしょう。

難しい表情をして廟堂に立っている諸葛瑾を想像すると面白いです。

 

 

メッセンジャー魯粛を通じて弟孔明とも連携

孔明

 

孫呉の国内では、かなり強固な人的ネットワークを形成した諸葛瑾ですが、

それに匹敵する程のネットワークを蜀との間に構築する事になります。

弟の孔明丞相になり、政治を取り仕切るようになったのです。

 

しかし、諸葛瑾はロバ顔ですが(関係ない)慎重な人物ですから、

直接、孔明とやり取りをして自分の力を誇示しようとはしません。

上手く行く間は、それでもいいですが戦争でも起きようものなら、

関係の深さが仇になるからです。

魯粛

 

そこで活用されたのが腹心の魯粛でした。

何しろ、魯粛は初対面の諸葛亮に「諸葛瑾とは友達です」とPRして、

早速、交友関係を結んでしまうような人です。

 

余りにも素早い交友の結び方には、あらかじめ諸葛瑾より、

「私と弟の連絡係として行動して欲しい」と吹き込まれていた

そんな可能性を感じてしまいます。

 

諸葛瑾の意図は魯粛に吹き込まれ、二人でセッションをした結果、

魯粛の言葉として孔明に伝わった、そのようにも考えられます。

一見、魯粛と孔明との間に見えるやりとりは、本当は

諸葛瑾、魯粛、孔明の間の三者会談だったわけです。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

周瑜よりも諸葛瑾と深く繋がった魯粛

周瑜

 

魯粛と言えば魏の圧力に対し周瑜と共に主戦論を繰り広げた人です。

ほとんど義兄弟に近い関係だと思うのですが、そんな魯粛も、

対蜀政策では、周瑜と距離を置き融和策を取り続けました。

 

これは蜀に孔明がいて、何かと利用できると踏んだ諸葛瑾と

魯粛の謀議の結果なのではないかと思われます。

どうしても劉備と敵対する周瑜が間にいては、

諸葛瑾=孔明のパイプが活用できないので、魯粛は政治上では、

周瑜と違うスタンスを取ったというわけです。

 

極論すると魯粛は揚州出身者の周瑜より同じ徐州出身の

諸葛瑾のグループを信用していたという事のように思えます。

 

 

魯粛の死後は孔明とのパイプを強調し乗り切る

諸葛瑾

 

メッセンジャー魯粛の死後、対蜀関係では厳しい立場に立つ呂蒙(りょもう)が台頭すると

諸葛瑾は、劉備とは距離を置くように関羽(かんう)の討伐戦に参加しています。

 

関羽を殺されて激怒した劉備が夷陵(いりょう)の戦いを引き起こすと、

諸葛瑾は孫権の命令を受けて和睦の使者になりますが劉備の決心は変わりません。

呂蒙の死後、対蜀担当司令官は再び強硬派陸遜(りくそん)になってしまいます。

この頃、諸葛瑾は呂蒙を引き継いで南郡に駐屯、蜀との国境である事から

諸葛瑾は劉備のスパイであり孫呉を裏切ると風聞が立ちます。

陸遜

 

総司令官の陸遜

「そんなものはデマに過ぎない」と取り合いませんが

一応、風聞を孫権に伝えて意見を求めます。

 

ここに、呂蒙、陸遜の流れからくる徐州閥、

諸葛瑾への一定の不信感が見て取れます。

 

しかし、孫権は

「諸葛瑾が私を裏切らないのは、私が彼を裏切らないのと同じ」

 

と堂々と発言して諸葛瑾を庇い、

デマを気にしないように総司令官、陸遜に言い含めました。

孫権

 

孫権の度量を示す逸話ですが、もしかして孫権は

劉備が敗北した後、蜀の体制が孔明で一本化される可能性を

諸葛瑾から聞き及んでいたのではないでしょうか?

気が小さい孫権は、魏にも接近していますが、

もう一つ保険を掛けるつもりで諸葛瑾を排除せず鷹揚に扱ったのです。

諸葛瑾

 

諸葛瑾は諸葛一族のパイプを駆使し、夷陵の戦いに協力しない事を

弟と打ち合わせ、気の弱い孫権に吹き込む事で

孫呉で生き残りを果たしました。

 

劉備の死後、弟と堂々と交際、養子まで出す

孔明

 

結局、夷陵の戦いは劉備の大敗で終り、劉備は間もなく白帝城で病没

孫権の保険は当たり、孔明主導で呉蜀の関係は回復します。

 

そして、劉備の死後、諸葛瑾はあれほど公私の別を気にしていた

弟の孔明と堂々と交際するようになり

実子のいない孔明に、次男諸葛喬(しょかつきょう)を養子に出しています。

 

劉備がいなくなり、弟とは万全の連絡が取れている以上、

もはや蜀との問題で不測の事態は起きないと踏んだのでしょう。

234年の諸葛亮の最期の北伐では、諸葛瑾もこれをサポートして

陸遜と連動して魏に出兵しています。

孔明

 

また、229年には厳畯が孫権の即位を報告する為に蜀に赴きます。

本来なら、後漢の正統を任じ魏を偽物と罵る蜀政権が

蜀・呉の二帝並立を受け入れるわけないですが、

ここも孔明が主導して反対派を抑えこんで容認しました。

 

蜀の正統性を歪めかねない大事件も、結局、孔明=諸葛瑾ラインで

穏便に処理されてしまうわけです。

もちろん諸葛瑾から「どうか穏便に」という働きかけがあったのは

間違いない事でしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso

 

諸葛瑾の評価は、誠実で交友関係が広い人畜無害の人材というイメージです。

しかし、実際は交友関係の広さは、何があるか分からない乱世において

身を守る保険だったのでしょう。

諸葛瑾が、曹操に対して正反対のスタンスを取る魯粛と

張昭の息子の張承と交遊を結んだところにそれを見て取れます。

 

諸葛瑾は交友関係を駆使し孫権に成り代わろうとする権力亡者ではなく

むしろ神経質なほどに、そう思われる事を警戒していましたが、

本当に凡庸な人なら、歩隲や魯粛、厳畯、張承のような逸材が交際を求めるとも

考えにくく、事実は孫呉の中で隠然たる影響力を持つ黒幕だったのです。

 

ただ、諸葛瑾は孔明同様に補佐として孫呉を盛り立てる事に力点を置き

気まぐれで猜疑心が強い孫権が、有能な人材を左遷したり処罰しようとすると

おもむろに登場して、古来の教訓話を出してやんわりと諫言(かんげん)しました。

 

孫権も諸葛瑾を疎まないではないのでしょうが、

へそを曲げられると対蜀のパイプを失う上に、歩隲や厳畯、張昭のような

重臣との間にも波風が立つので極力、褒めそやし受け入れたのでしょう。

孫呉の穏やかな黒幕、それが諸葛瑾の正体だったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?

関連記事:諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操様お守りします 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  2. 孫策に攻撃される黄祖 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…
  3. 孔子と儒教 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  4. 茶を飲む張角(太平道) 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  5. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい…
  6. 曹操の墓 曹操の墓はどこに?発掘のきっかけは村人が見つけた遺跡だった!
  7. 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  8. 司馬懿対孔明 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 「斉」の旗を持った兵士
  2. 魯粛、周瑜、劉備
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. 曹操は褒め上手
  5. 張飛のヨメ
  6. 渋沢栄一
  7. 魏延の謀反を察する孫権

おすすめ記事

  1. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  2. 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介 おんな城主 直虎
  3. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  4. キングダム595話ネタバレ雑学王翦はどこから鄴を攻めた?
  5. 楽進・李典・張遼のトリオは三国志最強だった!? 張遼・楽進・李典
  6. 54話:劉備、再び曹操に敗れる 劉備軍 曹操軍

三國志雑学

  1. 賈詡(賈ク)
  2. 関羽
  3. 日本に目指さした孫権
  4. 黄月英
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 空を飛ぶスーパーマン袁術
  2. マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん
  3. 敗北する馬岱
  4. キングダム 戦国七雄地図
  5. おんな城主 直虎

おすすめ記事

播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣 篤姫 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ! 典論を掘る曹丕 【魏皇帝】曹丕は有能なのに「イマイチ」だと扱い始めたのは誰? え!?周瑜って憤死してるの知ってた!? 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 晋の陳寿 キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い 【お知らせ】はじめての●●を追加しました 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP