はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将

騎馬兵にあこがれる歩兵



張遼

 

三国志というと武将が戦場を騎馬で縦横(じゅうおう)に駆け回ったイメージがあります。

しかし、それは後世の脚色であり、当時は武官でも馬に乗れない人も

珍しくは無かったようです。

じゃあ、戦場で指揮官は徒歩で指揮を執っていたのか?

その疑問も含めて馬に乗れなかった三国志の武将について解説します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!

関連記事:馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた

 

 

じゃあ武霊王の胡服騎射(こふくきしゃ)はどうなるの?

服騎射

 

三国志の時代の武将の多くは馬に乗れないと言うと、

じゃあ武霊王(ぶれいおう)の時代の胡服騎射(こふくきしゃ)は、どうなるのだ?という疑問が湧きます。

もちろん、春秋戦国時代の(ちょう)の武霊王が中国史上初めて騎馬隊を編成したのは

紛れもない事実なのですが、あれは飽くまでも()(遊牧民)に対抗する為でした。

つまり異民族相手の戦いは騎馬でやり、中原の戦いは変わらず

戦車と歩兵による戦いが続いていたのです。

 

中原の大地は平地が多く、戦車戦が適していたのであり、

この部分は、三国志の時代でも変化はありませんでした。

 

 

魏武註孫子にも戦車の記述は登場する

曹操

 

春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)は、三国志の時代より400年は前の話です。

その間に騎兵は中国で浸透(しんとう)したのでしょうか?

実際は、そこまででもない事が曹操の書いた魏武註孫子(ぎぶちゅうそんし)に出てきます。

 

現在では、千輌の戦車部隊に3万人の歩兵が付き戦車一輌の将校につき

10騎の騎馬小隊が付属する。

 

これで見ると、3万人の規模の軍隊では、千輌の軽戦車が付属し、

この戦車部隊を護衛するように1万騎の騎兵がいた事になります。

三国志の時代でも、戦車は千輌単位で存在していたのです。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

でも騎兵も1万騎もいるんじゃないの?

三国志と騎兵

 

でも、戦車千輌に対して、騎馬は10倍もいるじゃないか?

そういう疑問も起こるでしょう。

しかし、この時代の騎兵は漢民族ではなく烏桓(うかん)とか匈奴(きょうど)とか鮮卑(せんぴ)のような

周辺の遊牧騎馬民族を組み込んだものなのです。

例えば魏の場合には、元々袁紹に与していた烏桓突騎を懐柔して

騎兵として編成していました。

 

どうして自前で騎兵を持たないのか?簡単な話で維持(いじ)に大金が掛かるからです。

中国だけではなく、古代のローマやカルタゴでも騎兵は強力な戦力でしたが

自前で用意するには費用が掛かりすぎ、裕福な騎士に頼ったり、

周辺の遊牧民、例えばヌミディア騎兵をレンタルして使いました。

呂布

 

このような騎兵は強くても意思疎通(いしそつう)などが大変だった筈で

それを考えれば漢化され中国語を話し、同時に強力な馬術を有する呂布(りょふ)

群雄に引っ張りダコで、曹操も一瞬、殺すのを躊躇したのも分かります。

 

馬に乗れない将軍が戦場で使用した容車(ようしゃ)

容車

 

では、馬に乗れない将軍が戦争に参加した時には指揮はどうしたのでしょうか?

それは、馬車に乗る事で補われていました。

司令官が乗る馬車は馬一頭で挽き、御者と指揮官が二人で乗るタイプで

天蓋(てんがい)()という指揮官の旗を掲げていました。

 

関羽

 

蜀書の関羽伝には関羽が白馬の戦いで出撃し、

顔良(がんりょう)麾蓋(きがい)を見つけ近づき、これを刺して首を獲って帰ったとあります。

つまり、顔良は馬に乗らず容車で指揮していた所を見つけられ刺殺、、

不意打ちで関羽に討たれてしまったのです。

 

顔良というと袁紹軍の猛将ですが、馬に乗れなかったのかも知れません。

袁紹と顔良

 

もしや関羽も徒歩で近づいたのか?と嫌な予感がした皆さん、

蜀書関羽伝には、馬に(むち)を当てて突撃したと書いているので

ご安心下さい、ちゃんと馬に乗っています。

 

諸葛孔明(しょかつこうめい)というと、演義のイメージで手押し車のイメージがありますが、

実際には、このような容車で指揮を執っていたのかも知れません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

中国で下級官僚が乗馬するようになったのは、

唐の時代であるようです。

この唐王朝は鮮卑系の騎馬民族が主体ですから騎乗に慣れていて

卑しまれなかったのでしょう。

 

それ以前は、例えば高官が騎馬して帰ったというだけで

高官らしくない卑しいふるまいとして讒言され降格させられた事さえあり、

騎馬は飽くまでも遠乗りのような娯楽として楽しまれたそうです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)

関連記事:【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  2. 南蛮 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  3. 皇帝に就任した曹丕 もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?
  4. 皇帝に就任した曹丕 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦
  5. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  6. 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?
  7. 【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に!
  8. 関羽神様 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 項羽と劉邦
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 華雄と呂布
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 立花宗茂
  6. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲

おすすめ記事

  1. 明智光秀の母が謀反の切っ掛けになった?本能寺の変の引き金になった母 燃える本能寺
  2. 張飛の武器は蛇矛じゃなかった?蛇矛は三国志の時代の武器だった? 張飛が使う蛇矛
  3. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 曹丕
  4. 諸葛亮の幼い日はどんなだった? 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  5. 諸葛亮、周瑜、郭嘉…誰がお好み?ときめき軍師メモリアル
  6. 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説話 毛沢東(もうたくとう)

三國志雑学

  1. 笑う曹操
  2. 杜夫人
  3. 王昭儀
  4. 秦の旗を掲げる兵士
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. 大久保利通 幕末

おすすめ記事

宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説! 【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる? 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった! 政(始皇帝) 【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった? 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人 始皇帝 マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP