ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維の妻や子供は姜維の死後どうなったの?



姜維

 

(しょく)の大将軍として人材が乏しくなった蜀後期で活躍した姜維(きょうい)

青年期の姜維麒麟児(きりんじ)と呼ばれるほど優秀な人だったそうです。

姜維は蜀の皇帝劉禅(りゅうぜん)が降伏した後、魏の鍾会(しょうかい)と一緒に益州で反乱を起こして

蜀の再興を果たそうとしますが、失敗し亡くなってしまいます。

そんな姜維ですが、彼の妻子達は彼の死後一体どうなったのでしょうか。

今回は姜維の子供や奥さんについてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!

関連記事:姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介

 

 

蜀を支えた大将軍姜維魏に降伏

姜維と鄧艾

 

三国志の後期で優秀な人材のトップ10に入る姜維は、

最後の北伐戦に敗北した後、魏軍の大軍が蜀へ攻撃。

姜維は剣閣(けんかく)で魏の大軍を食い止めて必死に戦いますが、

魏の鄧艾(とうがい)が別働隊を率いて蜀の内部へ侵入。

諸葛孔明(しょかつこうめい)の息子達が必死になって戦いますが、鄧艾の軍勢に敗北してしまいます。

 

そして蜀の皇帝・劉禅は姜維が剣閣で魏軍と必死に戦っている最中、

鄧艾の軍勢に降伏するのでした。

こうして蜀は滅亡し、姜維も魏へ降伏することになります。

 

 

鍾会と一緒に起死回生の策を実行しようとするが・・・・

姜維と鐘会

 

魏の鍾会は蜀を降伏させた後、鄧艾をとっ捕まえて魏の首都へ送ってしまいます。

鍾会は魏の大軍を一人で統率することになると、益州で魏から独立しようと考えます。

姜維は鍾会の野望に気づき彼の独立計画に加担して、益州を魏から独立させた後、

鍾会を殺害して蜀を復活させようと考えます。

 

姜維はこの計画を成功に導くため色々なアドバイスを鍾会へ行います。

そして鍾会は姜維からのアドバイスを元にして、ついに魏から独立する作戦を実行に移します。

しかしこの作戦は魏軍からの反乱にあってしまい、独立計画作戦は失敗してしまいます。

鍾会は反乱軍と戦っている最中に殺されてしまい、姜維も魏の軍勢に殺害されてしまうのでした。

こうして姜維の秘策は失敗に終わってしまいます。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志

 

姜維が亡くなった時に妻子も一緒に殺害される

姜維

 

姜維は鍾会の独立作戦が失敗したため、殺害されてしまいますが、

彼の奥さんや子供達はどうなったのでしょうか。

姜維の奥さんは姜維が殺害された時に一緒に殺害されてしまい、

子供達も殺されてしまったそうです。

姜維の奥さんや子供達は何も悪くないのにかわいそうですよね。

 

姜維の奥さんは一体どんな人だったの?

 

さて姜維と一緒に殺害されてしまった奥さんは一体どんな人だったのでしょうか。

姜維の奥さんは柳氏(りゅうし)と言うそうで、孝を重んじる人だったそうです。

彼女は姜維殺害後に処刑されてしまい、孫峯(そんほう)というところに埋葬されたそうです。

姜維の奥さんと子供は殺害されてしまうのですが、姜維の血筋は生き残っており、

子孫が宰相として歴史に登場することになるのです。

 

姜維の子孫が宰相へ!?

 

姜維の子孫が登場するのは(とう)の初め頃です。

この姜維の子孫の名前は姜恪(きょうかく)と言います。

彼は中国の辺境で戦功を挙げて丞相の位にまで出世することになります。

そして姜恪は左相として任命されます。

 

じゃ右相はいったい誰なのでしょうか。

この右相も三国志にゆかりのある人物です。

その人の名前は閻立本(えんりっぽん)と言います。

この人三国志の閻圃(えんほ)という人の子孫なんです。

 

え!?三国志にそんな奴いないよと思う初めての三国志の読者がいると思いますが、

ちゃんと三国志に登場しています。

彼は張魯(ちょうろ)に仕えた人物で、張魯が王様になろうとした時にいさめたり、

曹操に降伏するときに一回は戦ってから降伏しなさいなどの

アドバイスを張魯へ行った人です。

 

三国志にゆかりのある子孫が二人そろって、

唐の時代に宰相になっているのは感銘深い物がありませんか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は姜維の奥さんや子供たちの事を紹介しました。

もし姜維が蜀を再興しようと考えずにおとなしくしていれば、

彼の子供達はどのように育ったのでしょうか。

もしかしたら孔明の息子達のように武将として立派になっていたかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

関連記事:宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  2. よかミカンさん はじめての三国志ライター 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄
  3. 劉備と公孫瓚 コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  4. 魏延の謀反を察する孫権 夷陵の戦いの時に魏延はどうしていた?その後に影響があったかもしれ…
  5. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  6. 敗北する馬岱 馬岱の最期は?死のミステリーに迫る!
  7. 最弱武将と対峙する張飛 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を…
  8. 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】日本の昔話「芋ころがし」のルーツ? 人まねで失敗した話

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 宦官
  2. 華雄と呂布
  3. 関帝廟 関羽
  4. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  5. 五虎大将軍の馬超
  6. 閻行
  7. 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる
  8. 諸葛孔明

おすすめ記事

  1. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 呉の周瑜、孫策、程普
  2. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 織田信長
  3. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン ナポレオンと曹操
  4. 篤姫の江戸城無血開城における役割とは? 徳川家を守った篤姫
  5. 井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家
  6. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 劉備

三國志雑学

  1. ドケチな孔明
  2. 梁冀(りょうき)
  3. 孔明
  4. 辮髪(べんぱつ)
  5. 于禁


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 古代エジプトのグライダー
  2. 曹操と羊と蚊
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  4. 藺相如(りんしょうじょ)
  5. 黄月英
  6. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

三国夢幻演義バナー 龍の少年 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第2話』6/24(土)配信決定! 西遊記巻物 書物 はじめての平家物語1話「祇園精舎どこにある?」 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格 孟嘗君 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた! こいつらが悪役達だ! 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!! 曹操 耳で聞いて覚える三国志 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました 斉王になる司馬攸 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 読書する劉備 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP