キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国時代のブラックジャック?華佗とはどんな人物?

華佗




曹操と華佗

 

晩年は頭痛に悩まされ続けていた曹操(そうそう)

そんな曹操お抱えの名医として登場するのが華佗(かだ)という人物です。

華佗とは、どのような人だったのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

麻酔薬を開発!開腹手術まで行っていた!?

華佗

 

陳寿(ちんじゅ)が著した正史『三国志』によれば、華佗は徐州で経学を修めていましたが、

郷挙里選の察挙科目の1つである孝廉に推挙されたり、

後漢の高官にスカウトされたりしましたが、決して出仕することはありませんでした。

 

華佗の年齢について、当時の人々は百を超えるとしていましたが、

百歳とは思えぬほど若々しい容姿をしていたと言います。

 

華佗は経学を修めていながら、当時は道家に位置づけられていた医学に精通していました。

その最も大きな功績としてしばしば語られるのが、「麻沸散」という麻酔薬を開発したこと。

華佗はこの麻酔薬を使って開腹手術まで行ったとか。

 

この「麻沸散」、記録では調合の際に薬草として

曼荼羅華(まんだらげ)が用いられたということしかわかっていない謎の麻酔薬です。

 

しかし、この謎の麻酔薬を元に、

江戸時代の日本の外科医・華岡青洲(はなおか せいしゅう)が世界初の全身麻酔薬「通仙散」

を調合することに成功しています。

華佗の「麻沸散」が無かったら

今日の私たちは安心して全身麻酔手術を受けられていなかったかもしれませんね

三国時代の医者の社会的身分は低かった

華佗

 

あなたは体調を崩して病院に行ったとき、医者のことを何と呼ぶでしょうか。

おそらく「先生」と呼ぶ人が多いでしょう。

他にも、医者のことを「お医者さん」「お医者様」なんて呼びますよね。

 

医者と言えば、社会的身分が保証されている立派な職業だと考える人がほとんどでしょう。

人の命を救うというその能力は、誰が見ても素晴らしいものです。

 

しかし、三国時代の医者の身分というものはそれほど高くありませんでした

儒学思想がもてはやされていた当時、道家の妙な術を扱う医者は人々に評価されにくい存在でした。

 

曹操も華佗に頼りきりであったにもかかわらず、

儒学者ではないという理由だけで礼を尽くしませんでした。

そのことに不満を抱いた華佗は、医術の書を取りに帰ると言って故郷に戻り、

戻った矢先に妻が病気になったと嘘をついて長い休みを取りました。

 

ところが、その嘘はあっけなく曹操にあばかれ、華佗は拷問を受けて殺されてしまいます。

さらに惜しいことに、華佗の叡智が収斂された唯一無二の医術書も、

託そうとした牢番に断られたために自ら焼き捨ててしまったのです。

 

後に冷静になった曹操は、唯一頭痛をおさめられた名医を殺してしまったことや、

華佗を殺したことによって治療がはかどらず、

最も愛していた曹沖(そうちゅう)を夭逝させてしまったことを後悔し続けたそうです。

 

三国志演義』での華佗

華佗

 

三国志演義』でも、華佗の名医ぶりは健在でした。

樊城での戦いで矢傷を負った関羽(かんう)は、傷の治りが悪いことを訝しがり、休養をとります。

 

そこで現れるのが名医・華佗。

華佗は関羽に腕の切開し、骨を削って毒を取り除かなければならないと伝え、

関羽の右腕を柱に縛り付けようとします。

 

しかし、関羽はそれを断り、拘束なしで麻酔なしの手術に挑み、

手術の間は顔色一つ変えずに馬良(ばりょう)と碁を打ちつづけました。

その豪胆さに驚いた華佗は、謝礼を受け取らずに去っていきました。

 

そして、回を重ねて華佗が次に登場したのは曹操のもと。

曹操は神木を切り倒したことによって受けた呪いにより、頭痛に悩まされるようになります。

あまりの頭痛のひどさに酷く参っていた曹操は、名医・華佗を呼び寄せます。

華佗は曹操の具合を診て、その頭痛に効く薬がないこと、

麻酔をほどこして開頭手術をすれば治せることを告げます。

 

しかし、頭を開いてさらに頭蓋骨を切るなど恐ろしくてできないと怒った曹操は拒否。

すると華佗は、

「関羽だって麻酔なしで腕の骨を削る手術をやりきったのだから」となぐさめようとしますが、

これがかえって火に油を注ぐことになってしまい、

怒り狂った曹操は華佗を拷問にかけて殺してしまいました

 

華佗の死後、中国の医学は

華佗

 

華佗の死後、西洋医学が中国に持ち込まれるまで、外科手術が行われたという記録はありません

やはり、一見すると親から授かった体を傷つける外科手術は、

儒教を尊んだ当時の人々には受け入れられなかったのでしょう。

 

もし、華佗の医術の結晶ともいえる書が残っていたら、誰か弟子がいたならば、

中国の医学、いえ、世界中の医学の歴史は今とは全く異なるものになっていたことでしょう。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 黄月英と孔明 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  2. 陸遜 あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかる…
  3. 九品官人法を作った陳羣 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?
  4. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  5. 関銀屏 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎…
  6. 残忍な曹丕 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  7. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  8. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬に乗って戦う若き織田信長
  2. 劉備を警戒する陳羣
  3. キングダム53巻
  4. 水月観音像(仏像)
  5. 夏侯玄
  6. 楽進
  7. 榎本武揚

おすすめ記事

  1. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ! アンティキティラ島の機械
  2. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者 郤正
  3. 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  4. 大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』 シリア 関羽
  5. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに皇甫嵩を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  6. 【8月の見どころ】8/16公開予定:孔明vs曹植の言論バトル 曹植は軟弱ではなかった

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 藏覇(臧覇)と呂布
  2. 劉備 ゆるキャラ
  3. 孔明を持ち上げる魏延

おすすめ記事

太平道の祖・張角(黄巾賊) 黄巾の乱で活躍した?していなかった?教祖張角の無念 蒼天航路 蒼天航路の甘寧は奇襲攻撃の達成率が圧倒的にスゴイ件 楊修 楊修とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP