キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの?

この記事の所要時間: 314




龐徳

 

樊城の戦いで龐徳(ほうとく)の矢を腕に受けた関羽(かんう)

しかし、矢傷にしては傷の治りが遅い…むしろ悪化しているのでは?

流石に気味が悪く思った関羽は荊州に引き返します。

 

そこで、名医・華佗(かだ)に診てもらったところ、

受けたのは毒矢で、おそらくトリカブトの毒であること、

骨を削って毒を取り除かなければならないことを伝えられます。

関羽がその方法を尋ねると、華佗は腕を切り開かなければならないと告げます。

 

当時は今のような部分麻酔などありませんから、

腕を切られる痛み、骨を削られる痛みをダイレクトに受けるわけです。

飛び上がってしまうほどの痛みですから、華佗は関羽に家の柱に腕を固定する許可を得ようとします。

 

しかし、関羽の答えは「否」。

 

仕方なく華佗はそのまま腕を切開しますが、

関羽は涼しい顔で酒をあおりながら馬良(ばりょう)と碁を打ちはじめる始末。

関羽の肝の据わりっぷりに驚いた華佗は謝礼を受け取らなかったとか。

 

関羽の有名なエピソードの1つですが、ここで唐突にあらわれる、我々にもなじみ深い「囲碁」。

この「囲碁」とは、私たちがよく知るあの囲碁なのでしょうか。

はたまた、全くの別物なのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

囲碁の起源は?

 

囲碁は、世界三大棋類のひとつに数えられる中国発祥のボードゲームです。

その起源ははっきりとはしていませんが、『論語』に囲碁に関する記述が見えるので、紹介しましょう。

 

『論語』陽貨篇

子曰わく、飽くまでも食らいて日を終え、心を用うる所無きは、難いかな。

博奕なる者有らずや。之れを為すは猶お已(や)むに賢(まさ)れり。

 

孔子(こうし)先生は言われた。日がな一日食べるだけ食べて過ごし、

何も考えずにいるというのはまともな人間であればできないことだ。

双六や囲碁があるだろう。それらの賭け事をしていた方が何もしないよりはましだ。

訳するとこんなところでしょう。

 

「博奕」の「博」は双六、「奕」が囲碁。

「博奕」で賭け事という意味になります。

囲碁は孔子が生きた春秋時代にはすでに一般的な遊びになっていたのですね。

少なくとも春秋時代よりも古い時代に既に成立していた遊びのようですね。

今の囲碁とはどう違う?

 

一対一で碁盤を挟んで向かい合って座り、

白と黒の碁石を碁盤の上に交互に打っていき、より広い陣地を手に入れた方が勝ち。

このような囲碁の基本的なルールは春秋戦国時代から変わっていないようです。

 

しかし、使われていた碁盤や碁石そのものには大きな変化が見られます。

まず碁盤ですが、

私たちが知っている一般的な碁盤は縦横19本ずつ線が引かれた19路盤と呼ばれるものです。

しかし、前漢時代にまでさかのぼると、17路盤が一般的だったようです。

 

さらにさかのぼってみると、9路盤が使われていたとか。

今でも、初心者向けに13路盤や6路盤などがあるようですが、それを加味して考えると、

時代が下るにつれ、どんどん線が増えていって難易度が上がっていったようですね。

 

そして、碁石。

私たちは白と黒の丸くてなめらかな肌ざわりのいい碁石を想像しますよね。

 

しかし、三国時代の碁石は四角かったとか。

石が四角だと角が欠けたり、向きがずれるのが気になったりで少し大変そうですね。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

賭博道具から兵法を学ぶ遊具へ

 

『論語』でも「何もしないくらいなら双六や囲碁でも売っていた方がまし」

なんて言われてしまうくらい、囲碁も以前は俗っぽい遊びのうちの1つでしかありませんでした。

 

しかし、ただの俗物でしかなかったら、

囲碁世界タイトルなんていうものができるまでにはならなかったはずです。

 

囲碁の愛好家にはあの呉の礎を築き上げた孫策(そんさく)

天才軍師・諸葛亮(しょかつりょう)の異母兄・諸葛瑾(しょかつきん)も名を連ねています。

魏の曹操(そうそう)も囲碁をたしなんでいたとか。

その他、囲碁を愛する人には戦上手が多かったようです

 

なぜ戦上手に囲碁愛好家が多かったのでしょうか?

碁石の白と黒という色の組み合わせを見てください。

何かを思い浮かべませんか?

 

そう、陰陽太極図です。

太極図というのは、全世界を表すシンボルでもあります。

陰陽の碁石が並ぶ碁盤というのは、さしずめ宇宙とでもいったところでしょうか。

 

その宇宙を中国全土に見立て、戦の場に見立て

碁の戦術を敷衍させたのが兵法なのでは?

…という説も打ち立てられるほど、囲碁と兵法というものは遠いようで近い存在なのだとか。

 

囲碁の戦術と戦の戦術との共通点に気づいた人々により、

囲碁は単なる賭博遊びから、兵法を学ぶ好手と考えられるようになったのでしょう。

 

三国志』の英雄たちもたしなんでいた囲碁。

たまには五目並べなんかをしながら、『三国志』に思いをはせるのも一興かもしれません。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

 




はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない
  2. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深…
  3. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布と…
  4. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!
  5. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子…
  6. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  7. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  8. 若かりし曹操は熱血漢

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

  1. 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!
  2. よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?
  3. キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・
  4. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  5. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  6. 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲劇

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏 星座大好きな幼少期の管輅

おすすめ記事

曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】 【8月の見どころ】8/25公開予定:三国志演義李卓吾本に記される魏延粛清作戦を解説予定 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【11月の見どころ】11/19〜23日まで「三国志とお金」の特集 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!

おすすめ記事

  1. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る
  2. 『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた?
  3. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  4. 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!? 曹叡
  5. キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  6. インスタグラムはじめました。
  7. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  8. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP