よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長

この記事の所要時間: 240



劉備と孔明

 

三国志の英雄、曹操(そうそう)劉備(りゅうび)孫権(そんけん)。いずれも皇帝になりました(曹操は死後に追諡)。

皇帝というと、ラストエンペラー溥儀(ふぎ)まで続いた清帝国の皇帝のような絶対権力者を

思い浮かべますが、曹操たちのような群雄の立場はそれとは比較にならないほど

弱いものでした。現代社会にたとえれば、株式会社の雇われ社長のようなものです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか

関連記事:【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い

 

 

雇われ社長とは

劉備

 

株式会社は株主さんに資金を出してもらって、そのお金を使って事業を行っています。

このため、株式会社は株主の理解を得られるような経営をしなければなりません。

社長が株式の過半数を持っていれば自分の好きなように経営ができますが、

そうでなく、他に大株主がいる場合には、その株主さんが納得するような経営を

しなければなりません。こういう立場の社長のことを、雇われ社長といいます。

 

 

三国志の群雄は国のオーナーじゃない

 

三国志の群雄はわずかな私兵で挙兵した人たちですが、それだけでは天下に

覇を唱えるには足りません。プランと手腕はあっても資産がない状態です。

天下の実体を握っていたのは各地に根を下ろしている豪族たちでした。

豪族たちは土地を有し、農奴や私兵を囲い、荘園を営んでいました。

 

後漢末期、天候不順や搾取によって暮らしに困った人々が流民化し、

世の中が物騒になるなか、豪族たちは自分の気に入る群雄に援助して、

自分たちが安心して暮らせるような世の中にしてもらうことにしました。

豪族たちが株主、群雄が社長、という関係です。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

豪族たちの動向をとりまとめるフィクサー「名士」

周瑜

 

豪族は地元に根を下ろして資産を持っているのですが、天下大乱のおり、

どの群雄に援助すればおトクなのか、判断に迷ったことと思います。

近場のことは把握していても、天下のことまでは分かりません。

誰か情報通の人のアドバイスが欲しいところです。

荀彧

 

三国志の時代には、儒教的教養を身につけ広い人脈を持ち情報通で弁も立つ、

名士と呼ばれる人たちがいました。荀彧(じゅんいく)周瑜(しゅうゆ)法正(ほうせい)といった類の人たちです。

「あの人があの群雄につくことを決めたんだったら、自分もそっちにつこうかな」

という感じで人望が集まるので、群雄は名士を取り込むことに成功すると政権が安定します。

 

名士に背かれると国を失う

劉備

 

群雄が持っているのはプランと手腕だけです。

その部分について名士たちが認めてくれていれば天下を手に入れることもできますが、

名士たちに気に入ってもらえなければ、名士たちが他の群雄を国に引き入れてしまい、

地盤を失ってしまいます。

劉備

 

例えば、益州に割拠していた群雄の劉璋(りゅうしょう)は、自分に対する忠誠心の高い

東州兵という部隊の軍事力を背景に、ある程度自分の好きなように統治を

進めていたものと推測されますが、彼の統治を嫌った名士たちに見限られ、

新しい統治者として劉備を引き入れられてしまい、劉璋はその地位を失っています。

 

重要政策を自分の一存で決められなかった孫権

孫権

 

北方を支配下に治めた曹操が南方への遠征を始めた時、孫権の勢力は

曹操に降伏するか抗戦するかで議論が紛糾していました。

孫権自身は降伏などしたくなかったのですが、名士たちの多くは曹操に

降伏したほうがいいと考えていました。この時は名士層のプリンスである周瑜

孫権を支持したために抗戦することに決まりましたが、周瑜が味方してくれるまでは

孫権の思うように進まなかったことから、群雄の立場の弱さを垣間見ることができます。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカンの独り言

 

三国志の時代には、君主の立場は弱いものでした。

臣下は君主に服従する者ではなく君主をかつぐ支援者であって、

自分たちの意志によって仕えることも辞めることもできましたし、

他の君主に乗り換えることもできました。

 

君主は下々の意向をよく汲んで、支持されるような政策を打ち出さなければ

その地位にいることはできませんでした。

群雄たちは現代の会社経営者のように、支援者の意向と自分の理想の

せめぎ合いの中で事業を進めていたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?

関連記事:【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!?

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍してい…
  2. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  3. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  4. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  5. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  6. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  7. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…
  8. 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  2. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた
  3. キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか?
  4. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材
  5. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  6. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる! 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣 kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは? 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった? 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい将軍

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  2. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!
  3. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  4. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴
  5. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  6. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問
  7. 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗
  8. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP