よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長

この記事の所要時間: 240



劉備と孔明

 

三国志の英雄、曹操(そうそう)劉備(りゅうび)孫権(そんけん)。いずれも皇帝になりました(曹操は死後に追諡)。

皇帝というと、ラストエンペラー溥儀(ふぎ)まで続いた清帝国の皇帝のような絶対権力者を

思い浮かべますが、曹操たちのような群雄の立場はそれとは比較にならないほど

弱いものでした。現代社会にたとえれば、株式会社の雇われ社長のようなものです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか

関連記事:【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い

 

 

雇われ社長とは

劉備

 

株式会社は株主さんに資金を出してもらって、そのお金を使って事業を行っています。

このため、株式会社は株主の理解を得られるような経営をしなければなりません。

社長が株式の過半数を持っていれば自分の好きなように経営ができますが、

そうでなく、他に大株主がいる場合には、その株主さんが納得するような経営を

しなければなりません。こういう立場の社長のことを、雇われ社長といいます。

 

 

三国志の群雄は国のオーナーじゃない

 

三国志の群雄はわずかな私兵で挙兵した人たちですが、それだけでは天下に

覇を唱えるには足りません。プランと手腕はあっても資産がない状態です。

天下の実体を握っていたのは各地に根を下ろしている豪族たちでした。

豪族たちは土地を有し、農奴や私兵を囲い、荘園を営んでいました。

 

後漢末期、天候不順や搾取によって暮らしに困った人々が流民化し、

世の中が物騒になるなか、豪族たちは自分の気に入る群雄に援助して、

自分たちが安心して暮らせるような世の中にしてもらうことにしました。

豪族たちが株主、群雄が社長、という関係です。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

豪族たちの動向をとりまとめるフィクサー「名士」

周瑜

 

豪族は地元に根を下ろして資産を持っているのですが、天下大乱のおり、

どの群雄に援助すればおトクなのか、判断に迷ったことと思います。

近場のことは把握していても、天下のことまでは分かりません。

誰か情報通の人のアドバイスが欲しいところです。

荀彧

 

三国志の時代には、儒教的教養を身につけ広い人脈を持ち情報通で弁も立つ、

名士と呼ばれる人たちがいました。荀彧(じゅんいく)周瑜(しゅうゆ)法正(ほうせい)といった類の人たちです。

「あの人があの群雄につくことを決めたんだったら、自分もそっちにつこうかな」

という感じで人望が集まるので、群雄は名士を取り込むことに成功すると政権が安定します。

 

名士に背かれると国を失う

劉備

 

群雄が持っているのはプランと手腕だけです。

その部分について名士たちが認めてくれていれば天下を手に入れることもできますが、

名士たちに気に入ってもらえなければ、名士たちが他の群雄を国に引き入れてしまい、

地盤を失ってしまいます。

劉備

 

例えば、益州に割拠していた群雄の劉璋(りゅうしょう)は、自分に対する忠誠心の高い

東州兵という部隊の軍事力を背景に、ある程度自分の好きなように統治を

進めていたものと推測されますが、彼の統治を嫌った名士たちに見限られ、

新しい統治者として劉備を引き入れられてしまい、劉璋はその地位を失っています。

 

重要政策を自分の一存で決められなかった孫権

孫権

 

北方を支配下に治めた曹操が南方への遠征を始めた時、孫権の勢力は

曹操に降伏するか抗戦するかで議論が紛糾していました。

孫権自身は降伏などしたくなかったのですが、名士たちの多くは曹操に

降伏したほうがいいと考えていました。この時は名士層のプリンスである周瑜

孫権を支持したために抗戦することに決まりましたが、周瑜が味方してくれるまでは

孫権の思うように進まなかったことから、群雄の立場の弱さを垣間見ることができます。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカンの独り言

 

三国志の時代には、君主の立場は弱いものでした。

臣下は君主に服従する者ではなく君主をかつぐ支援者であって、

自分たちの意志によって仕えることも辞めることもできましたし、

他の君主に乗り換えることもできました。

 

君主は下々の意向をよく汲んで、支持されるような政策を打ち出さなければ

その地位にいることはできませんでした。

群雄たちは現代の会社経営者のように、支援者の意向と自分の理想の

せめぎ合いの中で事業を進めていたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?

関連記事:【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!?

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  2. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  3. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  4. 撃剣を使う曹丕 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期…
  5. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  6. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…
  7. 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!?
  8. 華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  2. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  3. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  4. 中村半次郎(桐野利秋)はどんな人?本当は冷血な人斬りではなかった!
  5. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは?
  6. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント? 三国志ライター よかミカンさん えっ、オレそんなキャラ?三国志の英雄が目を丸くする今どき三国志 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして? 知ってた?三国志由来のことばBest5 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!?

おすすめ記事

  1. 北条早雲の家臣は無名だけど有能揃いだった
  2. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?
  3. キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍
  4. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。
  5. その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10
  6. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  7. 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた!
  8. 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP