よかミカンの三国志入門
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長

株式会社三国志で働く劉備と孔明



劉備と孔明

 

三国志の英雄、曹操(そうそう)劉備(りゅうび)孫権(そんけん)。いずれも皇帝になりました(曹操は死後に追諡)。

皇帝というと、ラストエンペラー溥儀(ふぎ)まで続いた清帝国の皇帝のような絶対権力者を

思い浮かべますが、曹操たちのような群雄の立場はそれとは比較にならないほど

弱いものでした。現代社会にたとえれば、株式会社の雇われ社長のようなものです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか

関連記事:【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い

 

 

雇われ社長とは

劉備

 

株式会社は株主さんに資金を出してもらって、そのお金を使って事業を行っています。

このため、株式会社は株主の理解を得られるような経営をしなければなりません。

社長が株式の過半数を持っていれば自分の好きなように経営ができますが、

そうでなく、他に大株主がいる場合には、その株主さんが納得するような経営を

しなければなりません。こういう立場の社長のことを、雇われ社長といいます。

 

 

三国志の群雄は国のオーナーじゃない

 

三国志の群雄はわずかな私兵で挙兵した人たちですが、それだけでは天下に

覇を唱えるには足りません。プランと手腕はあっても資産がない状態です。

天下の実体を握っていたのは各地に根を下ろしている豪族たちでした。

豪族たちは土地を有し、農奴や私兵を囲い、荘園を営んでいました。

 

後漢末期、天候不順や搾取によって暮らしに困った人々が流民化し、

世の中が物騒になるなか、豪族たちは自分の気に入る群雄に援助して、

自分たちが安心して暮らせるような世の中にしてもらうことにしました。

豪族たちが株主、群雄が社長、という関係です。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

豪族たちの動向をとりまとめるフィクサー「名士」

周瑜

 

豪族は地元に根を下ろして資産を持っているのですが、天下大乱のおり、

どの群雄に援助すればおトクなのか、判断に迷ったことと思います。

近場のことは把握していても、天下のことまでは分かりません。

誰か情報通の人のアドバイスが欲しいところです。

荀彧

 

三国志の時代には、儒教的教養を身につけ広い人脈を持ち情報通で弁も立つ、

名士と呼ばれる人たちがいました。荀彧(じゅんいく)周瑜(しゅうゆ)法正(ほうせい)といった類の人たちです。

「あの人があの群雄につくことを決めたんだったら、自分もそっちにつこうかな」

という感じで人望が集まるので、群雄は名士を取り込むことに成功すると政権が安定します。

 

名士に背かれると国を失う

劉備

 

群雄が持っているのはプランと手腕だけです。

その部分について名士たちが認めてくれていれば天下を手に入れることもできますが、

名士たちに気に入ってもらえなければ、名士たちが他の群雄を国に引き入れてしまい、

地盤を失ってしまいます。

劉備

 

例えば、益州に割拠していた群雄の劉璋(りゅうしょう)は、自分に対する忠誠心の高い

東州兵という部隊の軍事力を背景に、ある程度自分の好きなように統治を

進めていたものと推測されますが、彼の統治を嫌った名士たちに見限られ、

新しい統治者として劉備を引き入れられてしまい、劉璋はその地位を失っています。

 

重要政策を自分の一存で決められなかった孫権

孫権

 

北方を支配下に治めた曹操が南方への遠征を始めた時、孫権の勢力は

曹操に降伏するか抗戦するかで議論が紛糾していました。

孫権自身は降伏などしたくなかったのですが、名士たちの多くは曹操に

降伏したほうがいいと考えていました。この時は名士層のプリンスである周瑜

孫権を支持したために抗戦することに決まりましたが、周瑜が味方してくれるまでは

孫権の思うように進まなかったことから、群雄の立場の弱さを垣間見ることができます。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカンの独り言

 

三国志の時代には、君主の立場は弱いものでした。

臣下は君主に服従する者ではなく君主をかつぐ支援者であって、

自分たちの意志によって仕えることも辞めることもできましたし、

他の君主に乗り換えることもできました。

 

君主は下々の意向をよく汲んで、支持されるような政策を打ち出さなければ

その地位にいることはできませんでした。

群雄たちは現代の会社経営者のように、支援者の意向と自分の理想の

せめぎ合いの中で事業を進めていたのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?

関連記事:【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!?

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 曹宇 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  2. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探る…
  3. 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?
  4. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  5. 笑う曹操 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像
  6. 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人
  7. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  8. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔融
  2. 三国志 歴史
  3. 呉の孫堅
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 女と金

おすすめ記事

  1. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  2. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  3. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男
  4. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  5. 曹操が嫌われた本当の理由は価値観の相違だった
  6. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード

三國志雑学

  1. 蜀の姜維
  2. 李姫
  3. 若かりし劉備 チャライ★
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  3. 趙雲
  4. 孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

おすすめ記事

孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第7部 孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる 泣く子も張遼 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半) 【ネタバレ注意】キングダム545話「直感」レビュー&今後予想 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介 劉禅と孔明 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生

おすすめ記事

  1. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】
  3. キングダム582話休載スペシャルvol2李牧のリアルな軍勢とは?
  4. 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実 陸遜
  5. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  6. 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られていない三国時代のイイモノ
  7. 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!? 周瑜 周郎
  8. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP