三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介



袁紹と荀彧

 

曹操(そうそう)のライバルとして立ちはだかった袁紹(えんしょう)ですが、有能な人物だったのでしょうか。

それとも袁紹はマンガやゲーム等のように優柔不断な武将だったのでしょうか。

今回は袁紹が名門の名将だったのか。

それとも優柔不断な残念な武将だったのかをご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:淳于瓊(じゅんうけい)はどんな人?実は無能ではなかった袁紹軍の都督

関連記事:袁紹の評価が残念な6つの理由

 

 

名門袁家に生まれた袁紹の性格は

袁紹

 

袁紹は名門と呼ばれる袁家に生まれますが、一体どのような性格だったのでしょうか。

曹操は袁紹を「志は大きくても知恵が無く、顔つきは厳しいがキモが小さく、

人を(ねた)んでばっかりな奴で威厳(いげん)にかけている。」と評価しています。

 

また荀彧(じゅんいく)は「人を集めることができてもそれを活用する能力にかけているから

結局宝の持ち腐れでしょう」と袁紹を評価しています。

他にも色々な人が袁紹を評価していますが、どれも性格的にあまりよくない評価ばかりです。

これらをまとめると知恵がなく、小心者で、嫉妬深く、威厳にかけて、

決断力にかける人物というのは袁紹の性格らしいです。

 

 

袁紹は有能な人物だったの

袁紹

 

上記で袁紹の性格が酷評でしたが、袁紹は有能な人物だったのでしょうか。

袁紹は多分有能な人物であったと思います。

その理由は河北四州を統治していたからです。

 

三国志の時代多かれ少なかれ反乱がどこの地方起きていました。

袁紹はこの反乱を見事に治めて河北四州を統治することに成功しています。

また袁紹は北方異民族に対して宥和政策(ゆうわせいさく)を行い、彼らを抑えることにも成功しております。

そのため一概(いちがい)に彼がダメな人であるとは言い難く、

政治面においてはそれなりに優秀な人物であったと言えるのではないのでしょうか。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

蒼天航路(そうてんこうろ)の袁紹は?

袁紹

 

ではマンガの袁紹は一体どんな風に書かれているのでしょうか。

蒼天航路(そうてんこうろ)の袁紹は曹操翻弄(ほんろう)される残念な人物として描かれていますが、

官渡の戦いの時には覚醒し、優しい人物で

細かい所を気にしないおおらかな人物として描かれています。

 

正史三国志の袁紹の評価とは

陳寿

 

正史三国志では袁紹の評価をどのように下しているのでしょうか。

正史三国志の作者・陳寿(ちんじゅ)

「袁紹の威容は堂々としており、名声は天下に轟き、河北に割拠した」と

意外と高評価を与えています。

そんな高評価を与えた陳寿ですがこの評価はまだ前半で、続きがありました。

陳寿は上記の後に

「しかし、外面は寛大(かんだい)に振舞いながら内面は猜疑心(さいぎしん)が強く、

(はかりごと)を好みながら決断力に欠けていた。また、優れた人物がいても用いることができず、

忠言を聴いても実行できなかった。

長子を廃して庶子を後継ぎにしようと考え、礼儀を捨て個人の情を重んじた。

だからその死後、子孫が困窮(こんきゅう)し領地を失ったのは当然であった」と

 

前半で袁紹が喜びそうな言葉を散りばめながら、

後半でガックシと落とす評価を彼に与えていました。

 

しかし袁紹はやっぱり前半部分でもそれなりに高評価を陳寿から得ている事から、

それなりに優秀な人物だったと思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は袁紹が名将かそれとも優柔不断な人物なのかをご紹介しました。

袁紹は優柔不断なのか。それとも名将なのでしょうか。

袁紹は名将とはとても言い難いですし、優柔不断な面もあります。

 

しかし袁紹を戦ではなく統治者として見るのであれば、

曹操に官渡で敗北する前には河北四州をしっかりと治めて

反乱をほとんど起こさせていない平和な状態を作り出していたため、

統治者としてはそれなりに優秀な人物だったと思います。

 

そして結論としてはトップとして民衆や部下を率いるのではなく、

誰か優秀な人物の下で働く文官としてならば、

かなりの力を発揮する武将なのではないのかなと思います。

皆様はどのように思いますか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる!

関連記事: なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  2. 陶謙と劉備 遺言「君が国を取れ」は常套句だった!?
  3. 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!
  4. 魯粛と周瑜が詐欺を決行 ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  5. 荀彧 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの?
  6. 三国志ライター よかミカンさん えっ、オレそんなキャラ?三国志の英雄が目を丸くする今どき三国志
  7. 三国志大学を目指す曹操 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  8. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐庶
  2. 曹丕
  3. 曹操と鶏肋
  4. 真田丸

おすすめ記事

  1. 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった? 木戸松子
  2. 【キングダム558話】「人外の武」ネタバレ&レビュー
  3. 島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕?
  4. kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」
  5. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  6. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

三國志雑学

  1. 馬良って何した人だっけ
  2. 赤鎧を身に着けた曹操
  3. 苛ついている曹操
  4. 陳羣と曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽と関索
  2. 魯粛と周瑜が詐欺を決行
  3. 魯粛
  4. 燃える本能寺
  5. 始皇帝

おすすめ記事

馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家 赤鎧を身に着けた曹操 曹操を主人公にしたオススメ小説3選 鎌倉時代の侍 たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想! 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) いい部屋ネットが必要?三国志時代の家事情 雷怖くない 能ある劉備 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは? 李傕・郭汜祭り 2017年は李傕・郭汜祭りを開催するよ!さぁ、祭りだ!ワッショイ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP