三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!



出師の表と孔明

 

西暦228年11月、蜀の第二次北伐の直前に、蜀の丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)

皇帝・劉禅(りゅうぜん)に奉ったという上奏文「後出師の表(ごすいしのひょう)

下記の理由から、偽作であるという説があります。

 

【1】上奏された時点で存命だったはずの趙雲(ちょううん)が死んだことになっている

【2】前出師の表は正史三国志に収録されているが、後出師の表は収録されていない

(後出師の表は諸葛亮伝の注釈に引かれている『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』が『黙記(もくき)』から引用したもの)

本日は、この偽作説を否定する論を展開してみます。

※偽作説には他にもいくつかの論拠がありますが、有力なのは上にあげた2つです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【出師の表】本当は全く泣けない実用文だった!

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

 

 

1.趙雲の没年の矛盾は単なる誤記かも

京劇の趙雲

 

偽作説の論拠1の趙雲の没年についてですが、趙雲の没年は西暦229年で、

後出師の表が上奏されたとされる年の翌年です。1年ちがい。

こりゃあ単純にどこかで年号の記載が間違っちゃっただけなんじゃないでしょうか。

 

古代の歴史書で年号の書き間違いというのは珍しいことではありません。

三国志本文の中でも年号が矛盾しているような箇所はいくつかあります。

 

趙雲の没年がおかしいというのは、「後出師の表」を偽作とする決定打にはなりえません。

 

 

2.正史三国志に載っていないのは内容が不適切だから

陳寿

 

偽作説の論拠2の正史三国志に載っていないという指摘について、

真作説を唱える論者の間では、内容が過激すぎて記載できなかっただけであると言われています。

「後出師の表」は、魏のことを「賊」と呼びながら対魏強攻策をうったえる内容です。

正史三国志は魏王朝を正統とする立場で書かれているものなので、「後出師の表」の内容は

不適切としてカットされたのだろうという考え方です。

 

「後出師の表」は偽作じゃなくてちゃんとあったんだけど載ってないだけだというんですね。

正史三国志の本文中で魏が「賊」と呼ばれている箇所はあるので、

「賊」自体がNGワードだというわけではありませんが、

「後出師の表」はあまりにも読む者の心を揺さぶりすぎる名文で、

読む人が「魏め、悪いやつら!」と思っちゃうので、やっぱりまずいです。

孔明

 

「後出師の表」は蜀の記録に残っておらず呉の張儼(ちょうげん)の『黙記』からの孫引きが伝わっていますが、

偽作説では、蜀に残ってなくて呉だけにあるなんておかしいとして、偽作の論拠としています。

これについて、真作説では、呉には諸葛亮の兄や甥がいるので親族の中で伝わったものが

残っているのだろうとして、呉だけに残ってても不思議じゃない、偽造文書じゃないよ!

と言っております。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

真作説の決定打!甥の諸葛恪が読んでいる

諸葛恪

 

「後出師の表」真作説で最も有力なのは、甥の諸葛恪(しょかつかく)が「後出師の表」を読んでいるらしいことです。

西暦253年に諸葛恪が魏に対する遠征を始めようとした時、国内の理解を求めるために、

今こそ魏と戦うときだぞ! という趣旨の論文を作っています。

その論文の論旨が、どうも「後出師の表」とクリソツなんですな。

のんびりしていると敵が強大になるばかりだから積極的に行動をおこすべきだ、という趣旨。

時間が経てば経つほど我が国の将兵は減っていくのだから今やらなければ! という、

自国の先細り観も「後出師の表」と共通しています。

諸葛恪

 

そして、この論文の中で、諸葛恪はこのように言っています。

「我が叔父上が上奏して述べた、敵とあくまで対抗すべきだとする計略を読むごとに、

心を動かされ深い嘆息をつかぬこととてなかった」

この中の「叔父上が上奏して述べた」ものこそ、「後出師の表」であろう、というのが、

「後出師の表」真作説の決定打です。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカンの独り言

 

私は先日「【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ」という記事を書いたのですが、

その舌の根も乾かぬうちに真作説のご紹介などを書いております。

で結局あんたはどう思ってるんだって話ですが、個人的には、偽作説をとりたいです。

これは単純に好みの問題でして、真相がどちらであるかは私個人にとってはどちらでもいいです。

百人いれば百通りの心象風景がありますよ、きっと。

 

中国語のウェブサイトを見ていたら、「後出師の表」は諸葛恪が捏造したんだという説がありました。

これまた面白いですね。それなら諸葛恪の論と似通っていても不思議じゃないです。

「後出師の表」の文章は諸葛亮の日頃の朴訥な文章とは雰囲気が違う華やかな書きっぷりを

されていますが、才気煥発(さいきかんぱつ)な諸葛恪が書いたとしたら、いかにもらしい感じがします!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?

関連記事:【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 三国志演義の架空キャラを並べてみたよ!
  2. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  3. 関羽の名言にはどんなモノがあるの?
  4. 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?
  5. 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?
  6. 張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る
  7. 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?
  8. 陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生 大政奉還した徳川慶喜
  2. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?
  3. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  4. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  5. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  6. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 愛妻家の魏の将軍、郭淮
  2. 鎌倉時代 服装 男女

おすすめ記事

それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは? 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置したよ! 竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ! 三国時代のブラックジャック?華佗とはどんな人物?

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  2. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  3. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】
  4. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  5. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?
  6. え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?
  7. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  8. 【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP