キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

【キングダム予想】龐煖久しぶりの登場はレクイエムの序章?



 

 

龐煖

(画像引用元:キングダム公式サイト)

 

キングダム561話では、合従軍編(がっしょうぐんへん)以来登場せず「あの人は今」状態だった

武神龐煖(ほうけん)が実に久しぶりに登場しました。

しかも、名目上でも趙の総大将だった以前とは違い、また先祖返りして

山の中で雄たけびを挙げるという強烈なインパクトでの登場です。

岳嬰(がくえい)を一刀で倒した信の中の王騎(おうき)のオーラに反応して目を醒ました龐煖、

今後、朱海(しゅかい)平原の戦いにどのように絡むのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー

関連記事:【キングダム】「信の強さはホンモノ?」休載スペシャル

 

 

人間ではない・・趙の兵も秦の兵もブッタ斬るキラー龐煖

血しぶき

 

前回は王騎との再戦を餌に李牧に釣られていた龐煖ですが、

どうやら今回は趙とは無関係のようです。

 

という事は、いつものように、強い者を倒して

自分の最強を証明するという本能のままに、

ひたすらに趙兵も秦兵もブッタ斬り、

最短距離で信の前に出現する事が考えられます。

 

現在、趙峩龍(ちょうがりゅう)岳嬰(がくえい)軍の追撃に遭遇している飛信隊ですが、

戦場に龐煖が出現する事で、周辺では大殺戮(だいさつりく)が繰り広げられ、

戦線は大混乱する事が予想されます。

つまり、龐煖の出現で飛信隊は退却が容易(ようい)になると思います。

 

 

龐煖は信に討たれる!その象徴的な意味とは?

キングダム1巻

 

龐煖のターゲットロックオンは、絶対に外れないので信との闘いは回避不能です。

すでに王騎の矛を自在に操れる信は、天下の大将軍の武勇を得ているので

これまでのように力負けする事は決して無いでしょう。

龐煖

 

そして、紆余曲折(うよきょくせつ)はあると思いますが信により龐煖は討たれます。

根拠は紀元前236年を境に龐煖の記述は史料から途絶えるからです。

龐煖が討たれるのは、コミックス16巻で王騎が龐煖に討たれる意趣返(いしゅがえ)しで

古き六大将軍の時代から、新しい六大将軍の時代への幕開けになります。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

朱海平原の戦いの意味

信

 

朱海平原の戦い自体は何を意味するのでしょうか?

それは、ズバリ新世代の台頭と旧世代への鎮魂歌です。

旧世代の象徴とは、古き武神である龐煖であり、

旧三大天、藺相如(りんそうじょ)の武を担当していた堯雲(ぎょううん)趙峩龍(ちょうがりゅう)でしょう。

 

それは同時に、戦国七雄の時代を維持したい李牧(りぼく)と、

中華を統一したい秦王政(しんおうせい)や信との新旧の対立なのです。

史実でも、この戦いは王翦の活躍で勝利する事が決まっていますが

キングダムは、それに新旧交代の意図を含めています。

王賁

 

この戦いで龐煖は滅び堯雲も趙峩龍も滅び、

伝説の時代は終わりを告げて、王賁(おうほん)、信、蒙恬(もうてん)のような

覚醒した新世代の時代が始まるのです。

 

李牧や馬南慈は新世代として秦に立ち塞がる

李牧

 

キングダムでは王騎の死と入れ替わるようにメジャーになった李牧ですが

史実では、大きな戦果を挙げるのは紀元前233年に桓騎(かんき)を討つのが

大きな戦果の手始めです。

桓騎

 

従って、李牧も馬南慈(ばなんじ)も、堯雲や趙峩龍と共に滅ぶ事はないと思います。

生き残り、趙の巻き返しを図っていく事になるでしょう。

ここでの敗北を最期にオフ王、悼襄王(とうじょうおう)は病死するので、

新しく即位した幽繆王(うゆうぼくおう)が趙を立て直す為に李牧を引き立てていき、

全権を任せる事になると考えられます。

政

 

やりたい放題に見える李牧ですが、実はオフ王とは、上手くいかず

片手を縛られているような状態でした。

本当は、邯鄲(かんたん)の王都軍を動員できれば秦を蹴散らすのは簡単だったのです。

ここで障害になるオフ王が除かれれば、李牧の権力はいよいよ盤石となり

秦王政と信に取って、これまで以上に脅威となるでしょう。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

龐煖の勝利は万に一つもありませんが、狂犬のように強さを求めた男は

信との戦いで何も得る事なく、秦への恨みつらみで精神を病んでいった

万極(まんごく)のように死んで行くのでしょうか?

それとも、殺される刹那に何かを掴んで天に還るのか・・

 

また、龐煖を斬る事で、信の心境にはどんな変化が生じるのか?

岳嬰を斬る刹那出現した王騎の幻影を考えても興味深いです。

もしかすると、河了貂(かりょうてん)羌瘣(きょうかい)が瞬間に惚れてしまう程に、

カッコいいイケメン将軍に変貌するかも・・

まあ、今後も信には大失敗があるので、それはないでしょうが・・

とにかくも、龐煖と信の一騎打ちが楽しみですね。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想

関連記事:【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷…
  2. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  3. 騎射の術に長けた騎馬兵士 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった!
  4. 趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を…
  5. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  6. 儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏
  7. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった…
  8. 【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  2. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. 三国志ライター よかミカンさん
  5. 陸遜

おすすめ記事

  1. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた
  2. 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!
  3. 邪馬台国VS狗奴国の戦乱後、 狗奴国の存在は?スサノオはどうなったの? スサノオノミコト(日本神話)
  4. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  5. 横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適? 関帝廟 関羽
  6. 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚 宦官を一掃することを決意する何進

三國志雑学

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. スーパーDr華佗
  3. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  4. 曹操&袁紹花嫁泥棒
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂雉(りょち)
  2. 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま
  3. 寧宗
  4. 年越しそばを食べる馬謖

おすすめ記事

愛妻家の魏の将軍、郭淮 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!? 【有料記事】三国志の時代の墨は○○で出来ていた 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 徽宗は北宋の第8代皇帝 【北宋】徽宗皇帝ってどんな人?Mrノープラン国を滅ぼした第8代皇帝 郭嘉 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった! もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】 こいつらが悪役達だ! 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!! 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP