三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?

この記事の所要時間: 233




袁紹と袁術

 

三国志で名門といえば袁紹(えんしょう)の名前が必ず挙がるでしょう。

彼の名前が現在の人に名門として有名になったのはゲームや小説のおかげでしょう。

 

そして三国志で一番暴虐な人物といえば董卓(とうたく)の名前が一番最初に挙がるはずです。

三国志の中である種の有名人の二人ですが、

董卓がいなければ袁紹が群雄として三国志の表舞台に立てなかったかもしれないのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?

関連記事:袁紹が得意とした坑道戦とは?

 

 

董卓後漢王朝の皇帝に疑問を持つ

董卓

 

何進(かしん)は皇帝の近くにいる宦官を

一人残らず殺害する作戦を発動しようと計画していましたが、

宦官に殺害されてしまいます。

 

袁紹何進が宦官に殺害されたことを知るとすぐに何進の敵討ちを行うため、

宦官を討伐するべく軍勢を動かします。

 

この結果、洛陽(らくよう)は大混乱になります。

董卓は大混乱している洛陽から逃げてきた皇帝を保護し洛陽へ入城。

 

董卓は一緒に逃亡していた皇帝一行を保護した際、

洛陽の状況を確認するため、

色々と聞きますが何を聞いても泣いてばかりで、

要領を得ない答えしか返って来ません。

 

しかし皇帝の弟・陳留王(ちんりゅうおう)は皇帝に代わって董卓の答えにちゃんと答えてを述べます。

そのため董卓は泣いてばかりの皇帝がこのまま後漢王朝の皇帝でいいのか疑問に思うのでした

 

 

袁紹を呼び寄せて相談する董卓

袁紹を呼び寄せて相談する董卓

 

董卓は袁紹を呼び寄せて

俺さあのぼんくら皇帝を引き摺り下ろして、

陳留王を皇帝にしようと考えてんだけどどう思う

と相談を持ちかけます。

 

袁紹は董卓の話を聞いてビックリしますが

この事は私の一存で決めることができないので、

叔父が太傅(たいふ)なので相談してきます。

と即答することを避けるでした。

 

袁紹は董卓の元を去るとすぐに洛陽から逃亡してしまうのでした

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

董卓逃げた袁紹に激怒するも…

董卓

 

董卓は袁紹が逃亡してしまったことを知ると激怒

すぐに彼を殺害するよう命令を出そうと考えます。

 

しかし袁紹をかばうため

後漢王朝の名門グループの人々が必死に董卓へ袁紹の助命嘆願(じょめいたんがん)を行います。

 

名士グループの人々は董卓へ

「董卓様、袁紹はあなた様の相談にビックリして逃亡しただけで、

何か悪いことをたくらんで逃げたわけではありません。

今董卓様が袁紹を殺害する命令を諸国へ出せば、

袁紹も馬鹿じゃないので、董卓様に反旗を(ひるがえ)すはずです。

もし袁紹が反旗を翻せば各地の諸侯は袁紹に味方をし、

董卓様といえどかなりてこずることになるでしょう。

そのためここは袁紹を太守(たいしゅ)に任命して彼に恩を売るのがいいでしょう。

袁紹は太守に任命されれば喜んで董卓様の元へ出頭してくるはずです。」

とアドバイスするのでした。

 

董卓は彼らの意見を聞いて自らの怒りを抑えることにします。

 

袁紹が太守に任命される

董卓

 

董卓は名士グループの意見を採用することに決めます。

そして董卓は袁紹の逃亡の罪を許して渤海(ぼっかい)の太守の位を与えることに。

 

さらに董卓は袁紹へ太守の位だけでなく、

侯の位までプレゼントすることで

俺はお前に怒ってないんだからね

アピールをするのでした。

 

しかしこの董卓の作戦は失敗してしまい、

袁紹は太守の地位を利用して兵力を集めて

董卓討伐を行う連合軍を結成してしまうのでした

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

董卓は袁紹を取り込もうと太守の地位と侯の位を与える太っ腹なところを見せます。

だが袁紹は董卓の作戦にはまることなく、

名士の力を結集して董卓を討伐するべく軍事力の増強に努めてしまうのでした。

 

そのため董卓は袁紹に太守の地位等を与えて

そのまま彼の力を伸ばしてしまったことになると思います。

 

しかし董卓が太守の地位を袁紹に与えた事で彼の力を伸ばすことになったおかげで、

彼は群雄として他の群雄より抜きん出きることができたと考えられるのはないのでしょうか。

 

参考文献 【ちくま学芸文庫 正史三国志魏書】など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介

関連記事:三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  2. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  3. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  4. 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ
  5. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  6. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志
  7. 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?
  8. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  2. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  3. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  4. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  5. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  6. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR) 張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!? 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた! 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは? キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ! ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした理由

おすすめ記事

  1. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志
  2. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?
  3. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  4. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  5. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  6. とっても皇帝になりたかった袁術
  7. 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!?
  8. 龐徳が曹操から関羽に乗り換えなかった理由は何?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP