蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

五虎将軍

 

日曜日の朝は幼稚園児や小学校低学年のお友だちにとって至福のひと時。

スーパーヒーロータイムです。

テレビを付ければ全身タイツの5色のヒーローたちが

バッタバッタと朝っぱらから気持ちよく敵をなぎ倒してくれます。

その痛快な戦いぶりに魅せられて世の男の子たちは正義に目覚めるのです…!

 

最近は5人という型さえも破られているらしいスーパー戦隊たちですが、

この5人のスーパー戦隊に匹敵する存在が『三国志』にも登場していますよね。

 

そう、蜀の五虎大将軍です。

劉備(りゅうび)と義兄弟の契りを交わした関羽(かんう)グリーン・張飛(ちょうひ)レッドのダブルヘッド、

そして公孫瓚(こうそんさん)の元で意気投合し、後に仲間に加わったクールなナイスガイ・趙雲(ちょううん)ブルー、

老いても若者には負けないわい! 黄忠(こうちゅう)イエロー、

ちょっと危険な涼州の暴れ馬・馬超(ばちょう)ブラック。

 

『三国志』をこよなく愛するお友だちも彼らの華々しさに魅せられたことでしょう。

ところが、このスーパー戦隊・五虎大将軍設定、

実は後付け設定だったようなのです…!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介

関連記事:禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた


正史には「五虎大将軍」なんて無かった!

五虎将軍なんて無かった

 

我らが愛する横山光輝『三国志』では、

漢中王になった劉備が関羽・張飛・趙雲・黄忠・馬超を五虎大将軍に任命した際、

関羽が「張飛や趙雲はともかく、

何で老いぼれ黄忠と新参者の馬超が俺と同列なんだ!」とブチギレています。

 

そのため、劉備が直々に5人を五虎大将軍に任命したのだと思われがちですが、

実は五虎大将軍という官位は存在しませんでした

 

陳寿(ちんじゅ)が著した正史『三国志』には、どこをどう探しても五虎大将軍という記述は無く、

それどころか裴松之(はいしょうし)が付けた注にも一切言及はありません。

そして、『三国志演義』の元ネタ本と言われる『三国志平話』にも

五虎大将軍は存在していないのです。

 

というわけで、『三国志演義』オリジナル設定らしい五虎大将軍、

一体どのような基準で関羽・張飛・趙雲・黄忠・馬超の5人の将軍が選ばれたのでしょうか?


なんで黄忠と馬超がいるのか?

馬超

 

関羽もブチギレていましたが、

五虎大将軍の中にちょっとこの人違くない?

と思われそうな人が2人います。

黄忠

 

はい、黄忠と馬超です。

旗揚げ当時から劉備に付き従ってきた桃園兄弟である関羽・張飛、

そしてちょっと遅れて仲間入りを果たしたものの、

やはり古参に分類される趙雲の3人で、三虎大将軍でもいいじゃん

って感じですよね。

 

でも、黄忠と馬超が彼らに仲間入りを果たしたのには、ちゃんと理由があるのです

実は、この五虎大将軍設定は、正史『三国志』にその根拠を求めることができます。

正史『三国志』の蜀書では、巻三十五の諸葛亮(しょかつりょう)伝に続いて

関羽・張飛・馬超・黄忠・趙雲の五人の伝がワンセットになった

巻三十六が据えられています。

ここで彼ら5人の伝は、まとめて関張馬黄趙伝とされているのです

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

陳寿が5人をワンセットにした理由

書物

 

そもそも、なぜ陳寿は彼ら5人をワンセットにしたのでしょうか?

もっと違うメンバーを入れたり、いっそ巻を分けたりといったことだってできたでしょう。

しかし、陳寿はこの5人を蜀の武人の筆頭に掲げるにふさわしい人物だと

ある根拠を持って主張しているのです。

 

それは、彼らが「蜀でどのくらい出世したか」です。

関羽は前将軍、張飛は右将軍、馬超は左将軍、黄中は後将軍にまで出世しています。

この4人は蜀の武将の中でも最高位についていたのです。

 

ちなみに、残る趙雲については彼らと比べると出世こそしていないものの、

劉備のそばでずっと護衛をしていたために

他の4人に匹敵する存在であると陳寿に認定されたのでしょう。


実際けっこうブーたれ屋だったらしい関羽

実際けっこうブーたれ屋だったらしい関羽

 

『三国志演義』で黄忠と馬超の出世についてブーブー言っている関羽ですが、

正史『三国志』でもけっこうブーたれ屋な印象を受けます。

というのも、正史『三国志』の黄忠伝に次のようなエピソードが記されているのです。

 

漢中王となった劉備は、黄忠を後将軍に任命しようと考えます。

ところがそれを諸葛亮が諫めるのです

 

「黄忠の名声はそれほど高くありません。

それなのに関羽や馬超と同じ位につけるのは時期尚早ではありませんか?

近くで黄忠の活躍を見ている張飛や馬超なら納得させられるでしょうが、

遠くにいて黄忠のことをよく知らない関羽は不満を抱いて納得しないでしょう。」

 

これを聞いた劉備はちょっと考えて、

「私が直々に関羽を説得する」

と答えたのでした。


  

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

あの諸葛亮が気をもむレベルの関羽のブーたれ屋っぷりとは

一体どのようなものだったのでしょう?

関羽のブーたれエピソードも、探してみれば意外とたくさんあるかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記


 

関連記事

  1. 三国志の計略と孔明
  2. 魏延
  3. 諸葛瑾
  4. 劉備
  5. 陸遜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP