キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!




姜維と魏延

 

(しょく)の名将であり諸葛孔明(しょかつこうめい)から色々と教え込まれた姜維(きょうい)

そして諸葛孔明の時代に蜀軍の中で一番優れていた将軍として、活躍していた魏延(ぎえん)

二人は性格も真反対ですが、似ている所があるのを知っていましたか。

今回は二人の似ている所を調べてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!

関連記事:【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万

 

 

姜維魏延の似ている所その1:たたき上げの将軍

たたき上げの将軍・魏延

 

姜維魏延の似ている所その1としては二人ともたたき上げの将軍の所です。

魏延は劉備(りゅうび)が荊州の南部を領有した時に家臣として加わり、地道に実績を上げていきます。

そして益州を劉備が手に入れた時、魏延は張飛(ちょうひ)よりも上の扱いを

受けることになります。

更に劉備が亡くなった後、魏延は蜀軍重鎮の将軍達が次々と高齢で亡くなって行く中、

蜀軍を背負う将軍として蜀軍の中でも最優秀の軍人となっていきます。

 

姜維も蜀に降伏した後、孔明の側近として付き従っていきます。

孔明から色々と軍や考え方について教わり、

軍事においては魏延や趙雲や魏延らと一緒に北伐に従軍したこともありました。

その結果、孔明が亡くなった後蜀軍でめきめきと頭角を現していき、

蜀の後半期には大将軍にまで出世することになります。

このように魏延と姜維二人はたたき上げられて出世している

将軍としての点が似ているといえるでしょう。

 

 

姜維と魏延の似ている所その2:功績をあげようとするもスルーされてしまう所

功績をあげようとするもスルーされてしまう姜維

 

魏延はたたき上げの将軍だったためか功績を挙げようとしますが、スルーされてしまう所です。

例えば孔明の北伐戦に参加したとき魏延は孔明へ「魏軍は蜀と魏の国境に兵力を固めているので、

私に別働隊を率いさせてくれれば長安へ急襲をかければ簡単に占領することができるでしょう」と進言。

しかし孔明は彼の進言を取り上げることをしないでスルーするのでした。

 

このようにせっかく進言してもスルーされてしまう魏延でした。

姜維も常に功績を挙げようと必死でした。

姜維は費禕(ひい)が蜀の政権のトップの時に「北伐をさせてください」とお願いします。

しかし費禕

「孔明様にも成功できなかった北伐を我らが成功することができるわけがない。

だから君に北伐を許すわけにはいかない」と反対されてしまうのでした。

姜維も魏延と同じく進言をするも残念ながらスルーされてしまう所は

非常にている所といえるのではないのでしょうか。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

姜維と魏延の似ている所その3:ボッチになってしまう

ボッチになってしまう姜維

 

姜維と魏延の似ている所その3はボッチになってしまう所です。

魏延は孔明が亡くなった時に撤退することが決まると

「孔明がいなくなっても俺がいるではないか。撤退することなんてない!!」

と蜀軍の将軍達へ進言します。

 

しかし誰も魏延の言葉を聞きいれはしませんでした。

更に魏延はこの事がきっかけで撤退する時に

一人ぼっちで残されてしまうかわいそうな仕打ちを受けてしまいます。

姜維も魏延と同じく独りぼっちにされてしまいます。

姜維は大将軍になると何度も北伐を行いますが、その都度失敗してしまいます。

そのため周りの将軍からも「もう北伐やめろよ」といわれてしまいます。

 

更に姜維は軍事に熱中してしていたため、蜀の首都・成都に戻らなかったせいで、

成都と意見が合わなくなってしまいます。

この結果、姜維と政権中心部の意思が合わなくなってしまい、

魏の大軍が蜀へ侵攻してきた時も連携が取れなくなってしまうのでした。

このように魏延と姜維二人がボッチになってしまうところも

似ているところといえるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

姜維と魏延の似ている所を紹介しましたが、将軍としての得意分野はぜんぜん違います。

魏延は局地戦にめちゃくちゃ強く、郭淮率いる魏軍と対戦したときには大勝利をおさめます。

では姜維の得意分野はどこなのでしょう。

 

それ一地域全体を視野に入れた戦いにおいて得意だと思われます。

例えば蜀の末期、魏の大軍が漢中へ攻め込んできます。

このとき姜維は漢中を守備するため剣閣に籠って魏軍に連戦連勝していました。

このように姜維は一地域を視野に入れた戦いなら力を発揮する人で、

魏延よりも優秀であったと思われます

(魏延が地域を視野に入れた戦いを行ったことがないのでなんともいえませんが)

二人の将軍の違いもちょこっと紹介した所で今回は終わりにしたいと思います。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった?

関連記事:姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  2. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  3. 幕末 魏呉蜀 書物 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人
  4. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…
  5. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  6. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介…
  7. 孔子と儒教 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  8. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の姜維
  2. 坂本龍馬(幕末時代)
  3. 曹操VSかく
  4. 徐邈(じょばく)は曹操の禁酒令を破った

おすすめ記事

  1. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物
  2. 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの? 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 明智光秀の遺体は本物ではないって本当? 燃える本能寺
  4. 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう!
  5. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  6. 【三顧の礼】演義に書かれている意味深な詩を読んでみよう!

三國志雑学

  1. 孔融
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  3. 皇帝になった徳川慶喜
  4. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

呂布 VS 曹操 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!! 田畑政治 いだてん 田畑政治の出身地はどこ?東京オリンピックのキーマンの出身地について オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大! 孔明の罠 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介 篤姫 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則 【三顧の礼】演義に書かれている意味深な詩を読んでみよう! 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く 【三国志トランプ】ジョーカーが諸葛亮と司馬懿である理由とは?

おすすめ記事

  1. キングダムネタバレ大予想575話vol2舜水樹は李牧を裏切る!その理由
  2. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  3. キングダムネタバレ予想575話vol3王翦はどこで何をしているのか?
  4. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  5. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  6. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  7. キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ?
  8. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP