三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹の敗北は関羽のせいだった?




袁紹と袁術

 

河北の戦いで曹操(そうそう)と決戦を行った袁紹(えんしょう)

袁紹曹操よりも大軍を率いて曹操と戦ったにもかかわらず敗北してしまいます。

袁紹はどうして曹操に敗北したのか。

袁紹の敗因は劉備(りゅうび)の義弟・関羽(かんう)が原因だったかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻!

関連記事:関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは

 

 

官渡の戦いをさくっとおさらい

官渡の戦いをさくっとおさらい

 

袁紹は大軍を率いて南下し、曹操と天下をかけた戦を行います。

袁紹は白馬の戦いで勇将の顔良(がんりょう)を派遣して、曹操軍に勝負を仕掛けます。

結果ははじめての三国志の読者なら皆さん知っている通り、

顔良関羽に討ち取られ、白馬を攻撃した袁紹軍は曹操軍に敗北してしまいます。

 

袁紹は白馬攻略と勇将を失っても気にしないで曹操軍へ攻撃を続行しますが、

顔良と同レベルの猛将文醜(ぶんしゅう)も白馬攻略後の戦いで曹操の策略に嵌って亡くなってしまいます。

袁紹は自分の軍勢の大きな攻撃力の要因を占めている二将軍を失いながらも、

曹操との戦を継続していくのでした。

その後は皆さんが知っている通り、袁紹軍は官渡の戦いで曹操軍に敗北し、

袁家はじわじわと河北を曹操軍に侵されて滅亡してしまうのでした。

 

袁紹と曹操の戦いをざっくりとおさらいしてみました。

もっと細かいことははじめての三国志のサイトにいっぱいありますので、

そちらをご参照してください。

官渡の戦いはおさらいできたけど関羽ほとんど袁紹の滅亡原因に関係ないじゃんと

思っている方も多いと思いますが、

しかし袁紹が官渡戦の敗北した原因の大きな要因を関羽が担っているのです。

 

 

袁紹軍の攻撃力の要は顔良と文醜

袁紹軍の攻撃力の要は顔良と文醜

 

袁紹軍の攻撃力の要を担っていたのは顔良と文醜と言えるでしょう。

顔良は官渡の戦いが始まる前にはすでに勇将として他国にも有名な武将で、

孔子の子孫・孔融(こうゆう)も曹操へ「顔良は袁紹軍で一番強い武将ですな」とアドバイスしています。

そして顔良に次いで文醜が袁紹軍の中で有名な勇将と言えるでしょう。

袁紹はこの勇将二人を軍勢の攻撃の要として頼りにしてたことは、簡単に推測できると思います。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

袁紹の敗因は軍の攻撃力の低下が原因?

顔良を斬る関羽

 

どうして袁紹が官渡の戦いで敗北した原因が関羽にあるのでしょうか。

それは関羽が袁紹軍の攻撃力の要を担っていた顔良を討ち取ってしまったからです。

もし関羽が曹操の客将として白馬の戦いに参加していなかったら戦況はおおきくちがって

いたと思います。

 

戦において敵軍を打ち砕く突破力は戦に勝利をもたらすための大きな要因の一つと言えるでしょう。

本当に顔良は武勇に優れていたのか。

それを証明する評価が正史三国志に残っています。

 

袁紹軍の軍師・沮授は顔良を「武勇に優れている」と評価していることから、

軍勢を率いて敵軍を打ち破ったり、敵将を討ち取ったりする

武力に優れていた事を推測することができるでしょう。

 

袁紹は顔良が関羽に討ち取られた所で、文醜を温存しておけば、

官渡の戦いはもう少し違った展開を見せたかもしれません。

しかし文醜も曹操に討ち取られてしまい、

軍の攻撃力を一番引き出すことのうまい将軍二人が居なくなった事で、

袁紹軍の攻撃力が低下することになり、

そのまま官渡の戦いを始めてしまい、大敗北してしまうのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹が官渡の戦いで敗北した理由をまとめてみましょう。

一つ目は袁紹軍の攻撃力の要である顔良を関羽が討ち取った事で、袁紹軍の攻撃力は大きく低下。

二番目は顔良に次いで袁紹軍の攻撃力の要を担っていた文醜までも討ち取られしまい、

攻撃力の低下を回復することができなくなるくらいの損害を出すことに

そして三つめは軍の攻撃力が低下した状態で

袁紹は曹操軍と一大決戦を仕掛けてしまった事といえるでしょう。

 

そして関羽が官渡の戦いの敗北理由の内二つまでを築いてしまったため、

袁紹が官渡の戦いでは敗れるべくして敗れたといえるのではないでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い

関連記事:【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は??
  2. 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの?
  3. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  4. 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  5. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才…
  6. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  7. 鄧禹と兵士 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  8. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏
  2. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  3. 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介
  5. 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?
  6. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 五虎大将軍の馬超
  2. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表

おすすめ記事

【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣 周瑜はナルシスト 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家 島津久光の性格は頑固で融通が利かない?いい迷惑な薩摩藩父 【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった! 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの? 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?

おすすめ記事

  1. 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  3. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  4. 【李傕・郭汜祭り 2日目】凶暴さでは李傕に劣らない郭汜のバイオレンスライフ
  5. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術
  6. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!
  7. 【歴史好き向け】歴史ロマンに浸れる神ゲーム5選
  8. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP