法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

週刊ビジネス三国志

週刊ビジネス三国志vo1サービスは出し惜しみするな




劉備

 

ビジネスは大抵は(えん)だったりします。

kawausoも歴史ライターなどをやっていますが、こちらが忘れた頃に、

昔、格安で仕事を受けた会社から「また出てもらえませんか?」と声が掛かります。

私のような自由業だと美味しい話は、そうそうないのですが、

収益的には渋い仕事でも、こなしていれば次の仕事に繋がるのです。

それは、現代だけではなく三国志の英雄、劉備にも繋がる話でした。

 

※週刊ビジネス三国志は毎週月曜日朝8:00頃の更新です。

月曜日が祝祭日の場合には火曜日更新になります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

関連記事:【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?

 

 

あちらこちらで顔が利く劉備

あちらこちらで顔が利く劉備

 

正史三国志劉備(りゅうび)は、傭兵隊長(ようへいたいちょう)としてあちこちの群雄に仕えています。

それは、公孫瓚(こうそんさん)劉表(りゅうひょう)袁紹(えんしょう)曹操(そうそう)呂布(りょふ)と多彩な顔触れであり、

劉備の生涯を追うだけで三国志の前半は語れる程です。

しかも、これらの群雄は、互いに敵対しており、劉備はその間を泳ぐようにして

乱世を生き抜いているのです。

どうして、劉備には、そのような事が出来たのでしょうか?

 

 

刺客まで接待して帰した桁外れのサービスぶり

刺客まで接待して帰した桁外れのサービスぶりな劉備

 

劉備がこうまで広い交友関係を持てた理由

それは劉備が非常に人当たりのよい人物であった事が影響しています。

簡単に言うと、劉備は常に控え目であり、人の話をよく聞き、

逆に自分は語らず、喜怒哀楽が顔に出る事なく長者の風がありました。

 

いつも、のんびりとした雰囲気で自分は謙虚で言葉少なく、

人の話をよく聞くような人なら、そりゃあ友達も多いでしょう。

さらには劉備、若い頃には自分を殺しにきた刺客を

それと知らずに歓待してしまい、殺すに忍びなくなった刺客は

自分の正体を明かし去ったという話もあります。(魏書)

この(けた)外れのサービスぶりは劉備の大きな特徴です。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

打算の無い親切さが福を呼ぶ

打算の無い親切さが福を呼ぶ陳平

 

人間は案外ズルいものですから、今をときめくような人には、

良い顔をしますし、出来るだけ便宜(べんぎ)を図り顔を売ろうとするでしょう。

でも、そういう時だけ良い顔をするのは上手くいきません。

何故なら、時の人というのは、たくさんの人がちやほやするからで

余程の人物でない限りは、あなたの親切など覚えてないからです。

 

劉備はよく打算的な人だと言われますが、前述したように

勘違いで刺客まで接待するような底抜けのお人好しの一面があります。

こうして、分け隔てなく様々な人物を厚遇したからこそ、

多くの人が劉備を覚えており、いざ困ったという時に、

手が差し伸べられるという幸運に浴したのです。

 

落ち武者の分際で袁紹の上客待遇の不思議

落ち武者の分際で袁紹の上客待遇の不思議な劉備

 

そんな劉備、西暦200年曹操暗殺計画に失敗して青州に逃げていきました。

しかも途中で徐州で反乱を起こして敗北、義弟の関羽(かんう)曹操に捕まり、

張飛(ちょうひ)は行方不明という完全な落ち武者状態です。

 

しかし、青州刺史の袁譚(えんたん)は落ち武者劉備に対して歩騎を整えて

丁重にお出迎えして共に平原まで随行したのです、話はそれで終わりません。

袁譚から劉備を連れて来た事を知らされた袁紹(えんしょう)は部将を派遣して奉迎し、

自身も本拠地の(ぎょう)から二百里先まで出迎えているのです。

袁紹と顔良

 

当時の袁紹は北方四州を平定し、いよいよ曹操と雌雄を決しようという絶頂期

飛ぶ鳥を落とす勢いの袁紹がどうして落ち武者の劉備をそこまで厚遇するのか?

それは、劉備が平原の相だった時代に袁譚を役人として推挙していたからです。

 

袁譚にとっては、劉備は自分を官途につけてくれた恩人ですし、

もちろん袁譚の父である袁紹も無下(むげ)には出来ません。

そのまま劉備は客将に収まり、官渡の戦いでは袁紹を援護するのです。

 

情けは人の為ならず

情けは人の為ならずな劉備

 

ここで腹黒く、あちこちで打算的に顔を売る劉備を想定するのは簡単です。

ですが、劉備が袁譚を茂才(ぼうさい)で推挙したのは何年も前であり、

後々に自分がお落ち武者になると想定していたわけではありません。

 

精々、袁譚の父の袁紹は実力者だから恩義を売っておこう程度でしょう。

それが、曹操に敗れ窮地に陥った劉備を救ってくれたのです。

 

情けは人の為ならずと言いますが、助けられる余力があるなら、

割にあわなくても、あちこちで恩を売った方がいいのです。

助けてもらった人は、こちらの親切をずっと覚えていて

いつか、こっちが困った時に、助け船を出してくれるかも知れません。

 

※週刊ビジネス三国志では、現在のビジネスシーンでも役立つ、

三国志の時代を生きた人々の名言や行動を毎週月曜日朝8:00に配信します。

※月曜日が祝祭日の時には火曜日に更新します。

憂鬱になりがちな月曜日の朝に元気とアイデアを与える言葉に出会いませんか?

よろしければブックマークをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:[ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる

関連記事:【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  2. 呉の周瑜、孫策、程普
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操
  5. 孔明
  6. 織田信長

おすすめ記事

  1. 関平の実の親って誰!?関羽?関定? 羅貫中と関羽
  2. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? 曹叡
  3. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達 孫権に煽られて憤死する陸遜
  4. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった 王基に感謝する司馬昭
  5. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族 阿会喃(あかいなん)と孔明
  6. 上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】 上杉謙信

三國志雑学

  1. 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  2. 劉備 結婚
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 関羽と関索
  5. 官渡の戦い 曹操 勝利
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜と陸遜
  2. 張コウ 張郃
  3. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  4. 袁術
  5. 丁奉(ていほう)
  6. 三国志の主人公・劉備
  7. 司馬懿

おすすめ記事

【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに? 板垣退助 板垣退助とはどんな人?征韓論を主張した自由民権運動家を年表で紹介 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 曹丕は毒蛇使いだったのか?曹操最愛の息子・曹沖の死の真相 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 鎌倉時代の警察の役割を果たした「守護」を分かりやすく解説 はじめての三国志 画像準備中 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男 13人の妻達(曹操) 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介! 二刀流の劉備 劉備は二刀流の達人だったのか?劉備が双剣を所持していた理由

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP