潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

阿貴

 

潼関(どうかん)の戦いには、関中軍閥(かんちゅうぐんばつ)のみならず、馬超(ばちょう)に呼応した氐族(ていぞく)も含まれています。

特に興国(こうこく)氐王の阿貴(あき)と、白項(はくこう)氐王の千万(せんばん)は三国志に名前が記された氐の王でした。

二人はどうして、馬超の蜂起に加わったのでしょうか?

その背景と氐族の成り立ちとその後について解説します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 


 

氐族はどこに住んでいたのか?

氐族はどこに住んでいたのか?の地図

※地図は大雑把です

 

氐族(ていぞく)は、春秋戦国(しゅんじゅうせんごく)時代より陝西(ちんせい)省から甘粛(かんしゅく)省南部にあたる地域に暮らし

自らの王を(いただ)いていた民族でした。

氐とは漢民族がつけた呼び名で、彼らは自らを盍稚(がいち)と呼んでいます。

しかし紀元前111年に前漢の武帝により武都郡(ぶとぐん)が置かれると

氐は土地を追われ、青海湖付近に移動、山間部で暮らすようになります。

ただ、すべてではなく、一部の氐は漢族と雑居して暮らすようになり

漢語を解し、混血が進んでいくようになります。

 

元々、半農、反牧で機織りが得意という器用な民族でしたが、

華夷秩序の色濃い漢族の間では少数派という事もあり差別を受けており

常に不満を抱えているという事もありました。

馬超の蜂起に呼応したのはそうした部分もあると思います。

 


 

潼関の戦いで蜂起する阿貴と千万

夏侯淵

 

氐族は一つの国家を造っているわけではなく、青氐、白氐、(ぜん)氐という部族が

動物や植物の祖先神を信仰し広い地域にバラバラに存在していました。

211年の潼関の戦いでは、興国氐王の阿貴と白項氐王の千万という指導者が

それぞれ万の部族を率いて馬超の蜂起に参加しています。

ただ、武帝紀(ぶていき)や馬超伝、徐晃(じょこう)伝等の史書には、彼ら氐の戦いぶりは、

特に示されていません。

 

戦いに敗れた後、阿貴の率いる興国氐族は追撃してきた夏侯淵(かこうえん)に滅ぼされ

白項氐族の千万は移動して西南の蜀に入っていきます。

ところが、ここも攻められてしまい白項氐族は土地を捨てる事なく、

そのまま投降して支配を受け入れました。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

潼関の戦い後の氐族

潼関の戦い後の氐族

 

蜀で投降した白項氐族は全員並べられて、

最前列と最後列の人々が、扶風(ふふう)美陽(びよう)に移転させられたようです。

馬超の蜂起に呼応しなかった一団は、そのまま現地に留まり、

その後、天水と南安へと別れていきました。

しかし、氐族は漢族の郡国に組み込まれても、かならず内部に王を推戴(すいたい)

その指示に従うという習慣は頑なに守っています。

これが後に五胡十六国時代に氐族が繁栄する元になります。

 

張魯に協力し張郃に斬られた興和氐竇茂

張魯に協力し張郃に斬られた興和氐竇茂

 

三国志の時代の氐族の記録はもう一つあります。

それが漢中の張魯に従った興和氐の王、竇茂(とうも)でしたが張郃(ちょうこう)によって、

撃破されてしまい斬られてしまいました。

張魯は、このように氐族を懐柔して自分の駒として使っていたとすると

亡命した馬超に兵を与えて曹操を攻撃させたのも馬超の恨みだけでなく

積極的に張魯も支援した可能性もありそうです。


 

曹操に協力し劉備軍の呉蘭を討った陰平氐 強端

三国志のモブ

 

氐族は多くの部族に別れていたので、全てが反曹操というわけでもなく、

陰平郡の氐王の強端(きょうたん)は、逆に曹操に協力し218年に劉備が漢中に

張飛(ちょうひ)馬超(ばちょう)雷同(らいどう)呉蘭(ごらん)に2万の兵力を与えて攻め込んだ時に

雷同や呉蘭の軍の前に伏兵しており、呉蘭は殺害されました。

強端は、呉蘭の首を曹操に送り届けて忠誠を示しています。

 

こちらの強端は235年に武都郡の氐王、苻双(ふそう)と共に6000人を率いて

司馬懿(しばい)に帰順したそうです。


  

 

 

五胡十六国時代に幾つも王朝を興す氐族

秦

 

氐族は西晋が衰えて八王の乱の時代になると独立傾向を強めていき、

成漢、前秦、後涼などを建国していきます。

中でも、前秦の苻堅(ふけん)はほとんど華北全域を支配していき、

中国を統一する勢いでしたが、383年に東晋との決戦に敗れて、

衰退し、その後滅亡しています。

その後580年に細々と残っていた最後の氐族国家、仇池(きゅうち)

楊堅(ようけん)に滅ぼされ氐族は漢人に同化して消滅しました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

潼関の乱に呼応して蜂起した氐族について執筆してみました。

多くの部族に別れていた氐族は、部族単位で関中軍閥についたり、

張魯についたり、曹操についたりしていたようです。

その後、五胡十六国時代に不世出の英傑、苻堅を出して、

華北を統一し、あと一歩で中華統一という寸前まで生きますが

東晋との戦いでやぶれ、以後は衰退し漢族に同化して消えたようです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 


 

関連記事

  1. 魯粛と周瑜が詐欺を決行
  2. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  3. 怒る孔明
  4. 劉邦と張良と陳平
  5. 孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP