キングダム
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!?

楽進の矢でが命を落とす成廉




楽進""

 

魏の五将軍として張遼(ちょうりょう)徐晃(じょこう)らと肩を並べた楽進(がくしん)

楽進は常に激戦地区に身を置いて功績を挙げ、呂布(りょふ)討伐戦では一番に突撃して敵陣を陥落させて手柄を立てています。

また合肥の戦いでは超絶に仲の悪い李典張遼と一緒に協力して孫権軍をフルボッコにして追い返すことに成功。

このように楽進は戦上手と呼べる実力を示し、魏の将軍の中でも最高位のくらいにつくことになります。

そんな楽進ですがどのような最後を迎えたのか。

気になる方もいると思います。

そこで今回は楽進の戦上手を紹介しながら、彼の最後へスポットライトを当ててご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?

関連記事:【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~

 

戦上手・楽進!!

戦上手・楽進

 

魏の五将軍として幾多(いくた)の戦いに参加して功績を挙げ続けてきた楽進。

楽進は張遼徐晃張郃(ちょうこう)などの名将達を追い抜いて、魏の最高位の将軍へ就任することになります。

彼が魏の最高位の将軍へ就くことになった理由は色々とありますが、

主な理由としては戦場に出れば必ず功績を挙げた所にあります。

楽進は曹操の配下に加わってから、戦場に身を置いて呂布討伐戦、徐州で反乱を起こした劉備(りゅうび)討伐戦、官渡(かんと)の戦いなどで手柄を挙げていきます。

更に荊州を守っていた関羽(かんう)を打ち破り、彼の戦上手が魏の将軍達へ知れ渡っていきます。

こうして楽進は魏の将軍連中や曹操からその実力をしっかりと認めてもらいます。

そんな楽進ですが彼の生涯における最大の戦を経験することになります。

それは合肥(がっぴ)の戦いです。

 

突撃だけじゃない楽進の守り!!

突撃だけじゃない楽進の守り!!

 

楽進は合肥城を超絶仲の悪い張遼・李典(りてん)の三人と一緒に守備することになります。

楽進・張遼・李典の三人は仲が悪かったので、城内は毎日ピリピリとした状態だったそうです。

そんな合肥城へ孫権(そんけん)軍の大軍が襲来してきます。

合肥城を守っていた三人の前へ護軍、薛悌(せつてい曹操から預かっていた書状を披露。

そこには曹操から「張遼と李典は合肥城から打って出よ。護軍と楽進は合肥城を守るように」との命令書が書いてありました。

楽進は張遼・李典と仲が悪くこのまま曹操の命令を守ることを釈然としませんでした。

しかし楽進は日頃仲の悪かった李典から説得を受け、日頃の仲の悪さを押え、合肥城の守備を務めることを承諾し、張遼・李典の二人に協力することにします。

こうして張遼と李典は孫権軍へ奇襲攻撃を。

楽進は孫権軍の攻撃から合肥城を守ることになります。

こうして三人の将軍が協力して役割分担ことによって、張遼率いる奇襲攻撃部隊は孫権軍に大損害を与えることに成功。

そして楽進は張遼達の孫権軍への奇襲攻撃後、合肥城は孫権軍からの攻撃を受けることになります。

しかし楽進は合肥城をしっかりと守り孫権軍を追い返すことに成功。

楽進の守りと張遼・李典の攻撃によって合肥城は守られるのでした。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

魏の最高位の将軍へ

 

楽進は合肥の戦い後、曹操から今までの功績を認められて、魏の最高位である右将軍を拝命することになります。

当時古株の夏侯惇(かこうとん)はまだ前将軍の位にすらついてなく、他の将軍は楽進よりも下の位に甘んじていました。

それを考えると右将軍となった楽進は魏の最高位と言える将軍にまで出世したことになります。

 

魏の最高位の将軍・楽進でも病には勝てなかった

魏の最高位の将軍・楽進でも病には勝てなかった

 

魏の最高位の将軍の位を手に入れ、戦上手であった楽進。

彼はどのような最後を迎えることになったのでしょうか。

楽進は右将軍の位を手に入れた後、三年後に亡くなってしまいます。

しかし、右将軍の位を手に入れてから三年間の記載が楽進にありません。

レンの推測ですが、合肥の戦いが終わってから、一年~二年の間に病にかかってしまったのではないのでしょうか。

そして病にかかった三年目に病に勝てずに亡くなったと思われます。

正史三国志にはどのように楽進が亡くなったのか記載していませんが、孫呉もしくは蜀の将軍に討ち取られたとの記載が無い事から、レンが病にかかって楽進が亡くなってしまったと予測させていただきました。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

正史三国志では楽進の最期がどのようであったのか記載がありませんが、三国志演義には楽進の最後が記載されています。

楽進は濡須江(じゅすこう)の戦いに参加し、孫呉の将・凌統(りょうとう)と一騎打ちを繰り広げたそうです。

楽進は凌統を討ち取る寸前まで追い詰めることに成功し、後一歩の所で邪魔が入ってしまいます。

楽進と凌統との一騎打ちを邪魔したのは、孫呉の名将・甘寧(かんねい)です。

甘寧は凌統がやられそうになると楽進の顔面を狙って弓矢を放ちます。

楽進は甘寧の弓矢を交わすことができずに頭部に矢傷を負い、その後物語登場しなくなってしまいます。

このことから楽進は甘寧の弓矢を受けたときの傷が元で亡くなったと考えられるのではないのでしょうか。

正史三国志の楽進の最後よりも三国志演義の楽進の最後の方が戦場に生きてきた戦人としての楽進の最後にふさわしいような気がするのですが、みなさんはどちらの楽進の死に際がかっこいいですか。

 

参考文献 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

関連記事:楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  2. 車に乗る諸葛亮 諸葛亮は結局どの思想を重んじていたのか?
  3. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子につ…
  4. 苛ついている曹操 楊修の死因とは?曹操に恨まれた優秀な男の最期を分かりやすく解説
  5. 李儒と三国志 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  6. 龐統と的盧 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  7. 華雄(かゆう) 華雄は孫堅の引き立て役に過ぎない、三国志演義と正史三国志を比較
  8. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と機密保持
  2. 解煩督 呉
  3. 光武帝 三国志

おすすめ記事

  1. いまさら聞けない真田丸って一体何なの? 真田丸
  2. 西夏王朝はどうやって誕生したの?反乱から建国までざっくり紹介 西夏の旗の兵士
  3. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  4. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  5. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄 曹操50万の兵
  6. 来島又兵衛、禁門の変に死す!長州だけにやっぱり最後はキレたのか?

三國志雑学

  1. 唐周(とうしゅう)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張良と劉邦
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

曹操を見捨てない丁氏と卞氏 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を下ろした人物 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える 劉備の黒歴史 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!? 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【後編】 騎馬兵にあこがれる歩兵 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP