三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹丕はなんで国号を魏にしたの?実は他の国号になる可能性もあった!?

この記事の所要時間: 322



三国志の地図

 

三国時代、

中国大陸を3つに分かった国は、

言わずと知れた魏・蜀・呉の3国です。

しかし、皆さんは

これらの国の正式な国号についてご存知ですか?

 

まず魏ですが、曹丕(そうひ)が皇帝となった際、

彼は父から受け継いだ魏王(ぎおう)という称号から国号を「魏」と定めました。

その後、一般的に彼が建てた王朝は

戦国時代の魏などと区別するために

「曹魏」と呼ばれるようになりました。

 

孫権(そんけん)はその祖先がかの有名な兵法家・孫武(そんぶ)であり、

孫武は春秋時代に呉で軍師として活躍した人物であることから

国号を「呉」と定めます。

彼の国はその後

やはり春秋時代の呉と区別するために

「孫呉」と呼ばれるようになりました。

 

最後に蜀ですが、

実はその国号は「漢」。

劉備(りゅうび)は漢王朝再興を目指していたわけですから、

あえて新しい国号を定めることをしなかったのです。

しかし、それではやはりちょっとややこしいということで、

後の人が前漢王朝や後漢王朝と区別するために

春秋時代にその地に蜀という国があったことに因んで

「蜀漢」や「蜀」と呼ばれるようになりました。

 

このように、春秋戦国時代に因んだ国号を定めたり、

後から呼ばれたりしている三国ですが、

実は魏は他の国号になる可能性もあったのだとか…?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?

関連記事:【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?

 

 

でっかい魏には主要都市がたくさん!

銅雀台

 

魏は三国の中でも随一の国力を誇る国でした

前漢王朝が都としていた長安や

後漢王朝が都としていた洛陽

といった巨大都市を2つともその領内に抱き込んでいるのですから、

当然人口も多く物資も豊かだったのです。

 

しかし、他にも大きな都市はたくさんありました。

その昔袁紹(えんしょう)が軍事拠点としていた鄴、

曹操(そうそう)献帝(けんてい)を住まわせた許、

曹家が代々栄えてきた地であり、

曹操が生まれた地でもある譙です。

 

これらの3つの都市は、

魏の領内でも特に栄えていた都として有名です。

そして、これらの3つの都市と

先に挙げた長安や洛陽の2つの都市は、

総称して「魏の五都」と呼ばれています

 

 

都が「許」じゃないのは何故!?

献帝

 

曹操献帝を半ば強引に許まで連行し、

許を都にしたということはよく聞く話ですが、

実は許が都になったことは歴史上一度もないのだとか。

 

曹操は献帝を自分の影響下にある許に

一時的に住まわせていただけで、

許を都として整備することはありませんでしたし、

そこに本拠地を構えることもなかったというのです。

 

では、その頃曹操自身はどこに本拠地を置いていたのかというと、

かつて袁紹がブイブイ言わせていた鄴。

しかし、鄴は当時それほど大きな都市ではありませんでした。

 

それなのに曹操が鄴を本拠地としたのはなぜかというと、

袁紹勢力を支持する勢力が意外にもたくさん残っており、

そういった輩に睨みをきかせるためだといわれています。

 

そうは言っても曹操は、

ここに豪華絢爛な銅雀台を築いて

優雅に詩を詠んだり女をはべらせたりしていたわけですから、

けっこう鄴の地を気に入っていたのでしょうね。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

もしかしたら「魏」ではなく…

もしかしたら「魏」ではなく

 

曹操は鄴を本拠地としていたことから、

魏王の位につきます。

曹操が魏王となったのは、

戦国時代に鄴の地が魏に属していたため、

鄴は魏国の領土というイメージが根付いていたからです

 

しかしこの鄴の地はそもそも春秋時代に

斉国がつくった都市であり、

戦国時代の終わりごろには

魏は趙に鄴を差し出しちゃっています。

 

そんなわけで、

その当時の人々のイメージや捉え方次第では、

曹操が斉王(せいおう)趙王(ちょうおう)となっていた可能性も無くはなく、

国号が斉や趙になっていた可能性も考えられるのではないでしょうか。

 

また、そもそも鄴に袁紹を根強く支持する勢力が残っていなければ

曹操が鄴に本拠地を構えることも無く、

出生地である譙や

元の都である洛陽や長安に本拠地を置いた可能性も考えられるでしょう。

 

曹操が鄴以外に本拠地を構えていたら、

国号はまた別のものになっていたかもしれませんね。

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

曹丕は皇帝の位を譲られて国号を魏に定めた後、

ほどなくして洛陽に遷都しています。

結局魏とあまり関係のない地に

魏王朝を置くことになったわけです。

 

かといって曹丕は国号を変更することはなく、

むしろ火徳を掲げる漢王朝によって

雒陽となっていた地名を従来の洛陽に戻したようです。

 

まぁ国号をコロコロ変えられては皆迷惑ですし、

魏王・曹操のメンツを立てるという点でも、

国号は魏のままにしといて良かったと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  2. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  3. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  4. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探る…
  5. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  6. 陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析
  7. 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られ…
  8. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三
  2. 燃える本能寺

おすすめ記事

  1. 劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る
  2. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え
  3. 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備
  4. 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】
  5. 【後北条氏】早雲から5代続いた関東の戦国大名を紹介
  6. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?

三國志雑学

  1. 蜀 武運を誇る馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 石川克世

おすすめ記事

孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬謖を追加しました 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの? 飛び出す三国志絵本「燕虎物語」が素敵!国際手づくり絵本コンクール2009最優秀賞作品をレビューするよ 【孔門十哲】仲弓(ちゅうきゅう)ってどんな人?孔子も太鼓判を押した弟子 【教えて古墳時代!】庶民の暮らしや住居、税について徹底解説

おすすめ記事

  1. 【三国志問題】リアルな武装率ってどれ位あった?
  2. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  4. kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」
  5. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  6. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  7. 司馬懿仲達はどんな人?諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた西晋の高祖宣帝
  8. 秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP