三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

ただの女好きじゃない!?最期の時まで妻達に愛情を見せた曹操




劉備

 

稀代(きだい)の女好きなんて言われている曹操(そうそう)

「英雄色を好む」の言葉通り

あらゆる女好きエピソードが

語られていますよね。

 

そんなわけで、

曹操にはなんとなく女にだらしないイメージが

付きまとっているのですが

彼は意外と女性に対して誠実な男だったのかもしれませんよ…?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい

関連記事:曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

 

 

曹操が女に関して良いイメージが無い理由

曹操が女に関して良いイメージが無い理由

 

そもそもなぜ曹操には

どうしようもなく女癖の悪い奴という

イメージが付いてしまったのでしょうか。

女好きな人なんて

いつの世にもたくさんいますし、

三国時代にもたくさんいたはずですよね。

 

しかし、

曹操は他の誰よりも女に関する

「なんだコイツ…」と思わざるを得ない

エピソードが多いのです。

 

張繍(ちょうしゅう)の叔父の未亡人とラブロマンスを繰り広げ、

張繍に恨まれた挙句夜中に寝所を焼き討ちされ、

長男の曹昂(そうこう)を死なせて

その育ての母親の丁夫人(ていふじん)に離婚されたり、

関羽(かんう)が気に入ったという

女性がなんとなく気になって垣間見(かいまみ)したら

自分が欲しくなってしまい、

「やっぱ俺の!」とかっさらって側室にしてしまったり…。

 

なんというかもう…、

色々と言いたいことはありますが、

とりあえず女については

本当にしょうもない人だったということが

おわかりいただけるでしょう…。

 

 

遺言書に残された女性たちへの言葉

曹操の遺言書に残された女性たちへの言葉

 

どうしようもない女好きだった曹操ですが、

自らの死を悟った頃には魏の行く末だけではなく、

後宮の女性たちの生活をも気に掛けていたようです。

 

その気遣いは、

曹操が残した遺言にあらわれています

 

「余った香は夫人たちに分けてやり、

くれぐれも私の墓に入れるんじゃないぞ。」

「後宮で特技が無いという者は

くつを作ることを学んで売りなさい。」

 

このように曹操は自分が亡くなった後、

行き場がなくなってしまうであろう

多くの女性たちの生活を案じていたのです。

特に曹操と子をなすことができずに

後ろ盾を完全に失ってしまう女性たちの生涯が

心配で心配で仕方が無かったのでしょうね。

 

この遺言に鑑みると、

曹操は後宮に置いていた女性たち全員を

1人残らず大切な存在であると

考えていたことがうかがえます。

曹操はただのどうしようもない女好きだったというわけではなく、

女性への愛情が人一倍広くて深い人だったのかもしれませんね。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

曹丕、パパの後宮をそのまま受け継ぐ珍プレーを見せる

曹丕、パパの後宮をそのまま受け継ぐ珍プレーを見せる

 

父・曹操の最期を看取り、

 

「パパ、俺…パパの遺言通りにする…!

パパがつくった魏をもっと強くする…!」

と涙を流した曹丕(そうひ)

 

当然、曹操の後宮の女性たちについても

曹操の言いつけ通りに

くつの作り方を学ばせて生計を立てさせるかに思えたのですが、

彼は「パパの大切な奥さんたちにそんな下賤なことさせられない!

と思ったのか何なのか、

曹操の後宮をそのまま受け継ぐという珍プレーに走ります。

 

ちなみに、曹丕が曹操の後宮の美女たちを

侍らせていたという話は

世説新語(せせつしんご)』の賢媛(けんえん)篇に見えます。

 

曹操が亡くなったとき、

子の曹丕は曹操の後宮の女性たちを

全員自分のものにしてそばに置いた。

その後時が過ぎ、

曹丕の病が重くなったとき、

曹丕の母・卞太后(べんたいごう)が曹丕を見舞いに行った。

 

卞太后が曹丕の部屋に入ってみると、

なんと曹丕の侍女たちは全員

曹操からの寵愛を受けた女性だった。

 

卞太后が侍女たちに

「いつ曹丕の元に来たのか」と尋ねると、

曹操様がおかくれになってすぐにここに参りました

と答える侍女たち…。

 

卞太后は足をピタリと止めて

次のように吐き捨てて去った。

犬や鼠もお前の食べかすは食べないでしょうね。

お前が早死にするのも当然のことだ。

卞太后は実の息子の曹丕が死んで

大葬の儀が執り行われても

決して哭礼(こくれい)をしようとしなかった。

 

曹丕が曹操の後宮の女性たちを

そのまま受け継いだということは、

実の父が関係を持った女性たちと関係するというわけで…。

母・卞太后からすると

とても汚らわしくて受け入れがたいと感じたのでしょう。

 

卞太后の感覚はごもっともです、はい。

曹丕は一体何を考えていたのでしょうね…。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

最期のときまで女性たちを愛した曹操の美談は

息子・曹丕の強烈な珍プレーに

すっかり食われてしまいましたが、

曹操は本当に女性を愛していたという事実を

皆さんの心の片隅にそっと置いていただければ幸いです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る

関連記事:なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの?

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  2. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?
  3. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  4. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  5. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…
  6. 荒れる黄河 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  7. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話
  8. 三国志大学を目指す曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉邦をなだめる陳平と張良
  2. 裏切りは許さぬ 曹操
  3. 周倉
  4. 曹嵩

おすすめ記事

  1. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第3話』7/29(日)配信決定! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王 騎馬兵 騎馬軍団
  3. キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは?
  4. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!
  5. キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる
  6. 前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは?

三國志雑学

  1. 徐庶をゲットする曹操
  2. 陳宮
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀が比叡山焼き討ちを計画していた!織田信長が躊躇するほど徹底した光秀 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備 成廉、魏越、呂布 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る! 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは? 蜀の兵士 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! キングダム53巻 キングダム591話ネタバレ雑学「秦の家庭は核家族だった」 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP