蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる

2018年10月28日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

龐統

 

蜀の軍師といえば

誰もが諸葛亮(しょかつりょう)の名を挙げると思いますが、

蜀には伏龍と称された彼と対を為す名軍師がいたのです。

 

知っている人は知っているでしょう。

鳳雛(ほうすう)と呼ばれた龐統(ほうとう)です。

彼の存在を無視して

蜀建国を語ることはできません。

 

今回は、鳳雛と称された天才軍師・龐統がいかにして

劉備(りゅうび)に蜀をもたらしたのか

その輝かしい軌跡をたどっていきたいと思います。

 

関連記事:【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



一度クビになるも諸葛亮と同等の地位に駆け上がる

劉備に捨てられる龐統

 

龐統は自分が仕えていた

周瑜(しゅうゆ)が亡くなったとの知らせを受けて

呉に行くのですが、

そこで徳があついと人々に慕われる劉備に出会います。

 

劉備なら自分の才を見出してくれようと

心を躍らせた龐統ですが、

予想外に冷たい劉備。

龐統は風采が上がらない男でしたから、

流石の劉備もちょっと引いてしまったようです。

 

とはいえ何か役を与えなければ可哀想と思った劉備は

龐統を耒陽の県令として使ってみることにします。

しかし、これを不服と思った龐統はブー垂れてストライキ。

職務怠慢ということで、

結局クビにされてしまいます。

 

この話を聞いた魯粛(ろしゅく)は龐統を不憫に思い、

龐統は優れた人物です。

大役を与えてやれば目覚ましい活躍をすることでしょう。

と劉備にお手紙を送ります。

 

この手紙を見てうなる劉備に

諸葛亮も龐統をプッシュ。

劉備は「本当かよ…」と思いながら再び龐統を召し出し、

今度は諸葛亮と同じ軍師中郎将に任命してみたのでした。

 

 

 

劉備に益州を奪うことを決心させる

龐統

 

劉備たちはいつまでも

呉の世話になってばかりはいられないということで

西に拠点をつくりたいと考えていました。

白羽の矢が立てられたのは益州。

劉璋(りゅうしょう)が治めている地です。

 

しかし、いい意味でも悪い意味でも

お人好しな劉備は

同族を討つなんてできないよぉ…

と例のごとくウジウジしはじめます。

 

そんな劉備に喝を入れたのが龐統です。

「たとえ今無理矢理益州を奪ったとしても、

将来大事を成し遂げた後、

劉璋に別のところをあげれば問題はないでしょう!」

 

不確定要素多数の暴論のような気がしなくもないですが、

劉備はこれに納得してしまいます。

龐統の勢いに圧倒されたのでしょうか…。

かくして劉備一行は益州の劉璋のもとへ向かったのでした。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

鳳雛が示した3つの計略

鳳雛が示した3つの計略と選ぶ劉備

 

劉璋は劉備一行の思惑など知らず、

ウェルカムパーティーを開く始末。

このため劉備は

ふぇぇ…やっぱり劉璋を騙すなんてできないよぉ…

と再び及び腰に。

 

そんな劉備に対し龐統は

無駄に血を流すことなく、

今すぐに劉璋を捕らえて益州を奪いましょう!

と進言します。

 

しかし、流石の劉備も

「まだ人の国に入ったばかりで

民に自分がどのような人物であるかを示せていないから

今すぐ劉璋を捕まえるなんてできないって!」

と言い返しました。

 

龐統は劉備の意見に納得し。

とりあえず引き下がります。

ところが張魯(ちょうろ)との対立をきっかけに

再び「劉璋を討とう」と持ち掛ける龐統。

 

またウジウジし始める劉備。

孫権(そんけん)の援軍要請を受けて

劉璋を討つのに適した地に移動しても

ウジウジグダグダし続けます。

 

そんな主君・劉備に対し

龐統は仕方が無く3つの計略を示します。

上計:武力行使!成都強襲!

中計:関所にいる劉璋の臣下を騙してちゃっかり成都をゲット

下計:一旦白帝城まで引く

龐統に究極の選択を迫られた劉備は

仕方が無く中計を選んだのでした。

 

 

白水関を突破して劉備を蜀に導く

龐統

 

劉備一行はまず白水関を落としにかかります。

白水関を守っていたのは楊懐(ようかい)高沛(こうはい)だったのですが、

劉備が帰ってきたとの知らせを受けて恭しくお出迎え。

 

ところが2人はたちまち劉備軍に捕らえられて斬殺

劉備たちは成都へ軍を進めます。

 

しかし、ちょうどその頃劉璋に劉備の思惑がバレ、

結局劉備は劉璋を相手取って

戦をすることになってしまったのでした。

   

 

思いがけない最期

思いがけない最期の龐統

 

龐統の策略と黄忠(こうちゅう)の武勇によって

戦いを有利に進めていた劉備たちでしたが、

思いがけない不幸に見舞われます。

 

劉循(りゅうじゅん)張任(ちょうじん)がこもる雒城を攻め落とそうと

城を取り囲んでいた際に

なんと龐統が流れ矢を受けて亡くなってしまったのです

 

これにより今までの勢いが挫かれた劉備軍は

雒城を攻め落とすのに1年もかかってしまったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

 

龐統亡き後なんとか成都を手に入れた劉備ですが、

龐統がいなければ劉備はいつまでもウジウジして

蜀攻略に取り掛かることはなかったでしょう。

 

道半ばで亡くなってはしまったものの、

蜀建国に最も貢献した臣下は

龐統だと言えるのではないでしょうか。

 

関連記事:龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師

関連記事:龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  
 
 

 

-三国志の雑学
-, , ,