典韋の性格は義侠心溢れ頼れるアニキだった!!

2018年10月30日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

典韋

典韋(てんい)

 

三国志は劉備(りゅうび)関羽(かんう)曹操(そうそう)孫権(そんけん)等多くのメジャーで有名な人物から、

晋の名将として讃えられた杜預(とよ)

周魴(しゅうほう)の息子で孫呉の勇将・周処(しゅうしょ)等マイナーな人物まで幅広く多くの人が活躍した時代です。

 

この時代には漢気溢れる人物や狡猾(こうかつ)な人物、

策謀に長けた人等様々な性格を持った人が数多く登場します。

さて今回紹介する典韋も三国志の物語を彩った面白い性格の持ち主です。

一体典韋はどのような性格の持ち主だったのでしょうか。

 

関連記事:典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿

関連記事:【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



典韋の性格は??

典韋の性格は?

 

典韋(てんい)の性格は一体どのような性格だったのでしょうか。

私の参考資料として愛用している正史三国志によると典韋は、

漢気溢れる人物だったと言われており、現代風に言うと義侠心(ぎきょうしん)に富んだ人物だった

と言い換えることができ、みんなに頼られるような人物だった

のではないのかなと想像することができるでしょう。

でも義侠心がどのような意味を持った言葉なのでしょうか。

 

 

 

義侠心とは??

桃園三兄弟

 

上記で典韋の性格部分に触れましたが、義侠心とは一体どのような意味を持った言葉なのでしょうか。

グーグル先生によると強いものを押え、弱きを助ける意味だそうです。

まさに正義の味方(衛宮士郎(えみやしろう)が目指した正義の味方を想像すればわかり易いかと思います。)

と言えるような存在です。

 

典韋はこの義侠心に加え、

曹操(そうそう)を命懸けで守った忠誠心の塊と言える性格をもっていたと言えるでしょう。

さて義侠心の意味や典韋の性格を紹介した所で彼の義侠心溢れ、

頼れるアニキなエピソードを紹介しましょう。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

 

 

典韋の義侠心エピソード:強きを倒し、弱きを助けた!!

関羽

 

典韋は正史三国志によると人並み外れた筋力を持ちとあり

筋肉隆々で花の慶次に登場する前田慶次(まえだけいじ)みたいな感じだったのでしょう。

そして彼の性格は上記で紹介したように義侠心溢れ、頼れるアニキな存在だったそうです。

 

そんな彼は頼れるアニキな事もあり、

知り合いも多く襄邑(じょうゆう)にいた(りゅう)氏という人物も彼の知り合いでした。

この劉氏は李永(りえい)と呼ばれる人物と仇敵(きゅうてき)関係にありとんでもなく険悪な関係であったそうです。

典韋は劉氏が李永と仇敵関係にあった事を聞き、李永を殺害するべく動き始めます。

 

李永は元々富春と呼ばれる地域の長を勤めていたこともあり、多くの護衛が彼を取り巻いていました。

典韋は李永に多くの護衛がいる事を知っていましたが、

車に乗って悠々と訪問者を装って彼の邸宅に堂々と正面から入っていきます。

そして典韋は車を降りると邸宅から出てきた李永を殺害し、

そのまま堂々と正面から去っていき姿をくらましたそうです。

この典韋の壮挙を知った近隣の豪傑たちは典韋を褒めたたえたそうです。

 

自分を犠牲にして強きをくじいて他人を助けた典韋。

義侠心に富んだ性格だったことを表すエピソードだと言えるのではないのでしょうか。

   

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志には典韋のように義侠心に富んだ人物がたくさん登場します。

典韋のほかに有名な義侠心を持った人物といえば

劉備の義弟・関羽、劉備と孔明(こうめい)を引き合わせた徐庶(じょしょ)なども義侠心に富んだ人物と言えるでしょう。

 

また三国志よりも遥か昔の時代にも義侠心に溢れた人物がいっぱい登場しています

その中でも有名な人物なのは高祖・劉邦(りゅうほう)の軍師・張良(ちょうりょう)

キングダムよりも少し前の時代に生きた戦国四君の一人として有名な

信陵君(しんりょうくん)なども義侠心溢れる人物として有名な人です。

 

このように三国志だけにキーワードを限定するのではなく、

三国志+○○(ここでは義侠心)で歴史を調べると三国時代の義侠心溢れる人物や

義侠心繋がりで三国志以前の時代にも触れることが出来るので、

皆様もこのようにして歴史を楽しんでみていはいかがでしょうか。

【参考文献】 正史三国志魏書等

 

関連記事:李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将

関連記事:59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う

 

黄巾賊


 
 
 

-三国志の雑学
-, , ,