ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

典韋の性格は義侠心溢れ頼れるアニキだった!!

典韋にボコボコにされる成廉


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

典韋

典韋(てんい)

 

三国志劉備(りゅうび)関羽(かんう)曹操(そうそう)孫権(そんけん)等多くのメジャーで有名な人物から、

晋の名将として讃えられた杜預(とよ)

周魴(しゅうほう)の息子で孫呉の勇将・周処(しゅうしょ)等マイナーな人物まで幅広く多くの人が活躍した時代です。

 

この時代には漢気溢れる人物や狡猾(こうかつ)な人物、

策謀に長けた人等様々な性格を持った人が数多く登場します。

さて今回紹介する典韋三国志の物語を彩った面白い性格の持ち主です。

一体典韋はどのような性格の持ち主だったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿

関連記事:【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)

 


 

典韋の性格は??

典韋の性格は?

 

典韋(てんい)の性格は一体どのような性格だったのでしょうか。

私の参考資料として愛用している正史三国志によると典韋は、

漢気溢れる人物だったと言われており、現代風に言うと義侠心(ぎきょうしん)に富んだ人物だった

と言い換えることができ、みんなに頼られるような人物だった

のではないのかなと想像することができるでしょう。

でも義侠心がどのような意味を持った言葉なのでしょうか。

 


 

義侠心とは??

桃園三兄弟

 

上記で典韋の性格部分に触れましたが、義侠心とは一体どのような意味を持った言葉なのでしょうか。

グーグル先生によると強いものを押え、弱きを助ける意味だそうです。

まさに正義の味方(衛宮士郎(えみやしろう)が目指した正義の味方を想像すればわかり易いかと思います。)

と言えるような存在です。

 

典韋はこの義侠心に加え、

曹操(そうそう)を命懸けで守った忠誠心の塊と言える性格をもっていたと言えるでしょう。

さて義侠心の意味や典韋の性格を紹介した所で彼の義侠心溢れ、

頼れるアニキなエピソードを紹介しましょう。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  


 

典韋の義侠心エピソード:強きを倒し、弱きを助けた!!

関羽

 

典韋は正史三国志によると人並み外れた筋力を持ちとあり

筋肉隆々で花の慶次に登場する前田慶次(まえだけいじ)みたいな感じだったのでしょう。

そして彼の性格は上記で紹介したように義侠心溢れ、頼れるアニキな存在だったそうです。

 

そんな彼は頼れるアニキな事もあり、

知り合いも多く襄邑(じょうゆう)にいた(りゅう)氏という人物も彼の知り合いでした。

この劉氏は李永(りえい)と呼ばれる人物と仇敵(きゅうてき)関係にありとんでもなく険悪な関係であったそうです。

典韋は劉氏が李永と仇敵関係にあった事を聞き、李永を殺害するべく動き始めます。

 

李永は元々富春と呼ばれる地域の長を勤めていたこともあり、多くの護衛が彼を取り巻いていました。

典韋は李永に多くの護衛がいる事を知っていましたが、

車に乗って悠々と訪問者を装って彼の邸宅に堂々と正面から入っていきます。

そして典韋は車を降りると邸宅から出てきた李永を殺害し、

そのまま堂々と正面から去っていき姿をくらましたそうです。

この典韋の壮挙を知った近隣の豪傑たちは典韋を褒めたたえたそうです。

 

自分を犠牲にして強きをくじいて他人を助けた典韋。

義侠心に富んだ性格だったことを表すエピソードだと言えるのではないのでしょうか。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志には典韋のように義侠心に富んだ人物がたくさん登場します。

典韋のほかに有名な義侠心を持った人物といえば

劉備の義弟・関羽劉備孔明(こうめい)を引き合わせた徐庶(じょしょ)なども義侠心に富んだ人物と言えるでしょう。

 

また三国志よりも遥か昔の時代にも義侠心に溢れた人物がいっぱい登場しています

その中でも有名な人物なのは高祖・劉邦(りゅうほう)軍師張良(ちょうりょう)

キングダムよりも少し前の時代に生きた戦国四君の一人として有名な

信陵君(しんりょうくん)なども義侠心溢れる人物として有名な人です。

 

このように三国志だけにキーワードを限定するのではなく、

三国志+○○(ここでは義侠心)で歴史を調べると三国時代の義侠心溢れる人物や

義侠心繋がりで三国志以前の時代にも触れることが出来るので、

皆様もこのようにして歴史を楽しんでみていはいかがでしょうか。

【参考文献】 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将

関連記事:59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊


 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呂蒙 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  2. 杜夫人 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明 諸葛亮の幼い日はどんなだった?
  4. 劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説…
  5. 兵士と禰衡 【三国志問題】リアルな武装率ってどれ位あった?
  6. 費禕 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう
  7. 曹休 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  8. 陳寿 三国志 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蒼天航路
  2. 朱異
  3. 劉邦と項羽
  4. ホウ煖(龐煖)
  5. 鍾会
  6. 劉禅
  7. 一人で逃げる曹操

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 西遊記 孫悟空
  2. 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる
  3. 徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は? 丁奉(ていほう)
  4. 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ 嬴政(始皇帝)
  5. キングダム580話最新ネタバレ「最強の瞬間」レビュー記事 キングダム52巻
  6. 張飛はすごい神だった!関羽に劣らず張飛の神格化もスゴイ件! 実は頭がイイ賢い張飛

三國志雑学

  1. 夏侯覇
  2. 奮闘する黄蓋
  3. 周瑜、陸遜


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と関平たち
  2. 陸遜
  3. 盤古 中国神話
  4. 劉邦と劉備
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 呉の孫権
  7. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

宦官 だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】 郭嘉 郭嘉が袁紹の軍師となっていた可能性を探ってみる 魏の夏侯淵 夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった 魏延と孔明 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。 孫権と劉備と曹丕 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし 月刊はじめての三国志2018年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP