よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?




司馬懿と孔明

 

諸葛孔明(しょかつこうめい)のライバルで三国時代を統一した晋の基礎を作り上げた司馬懿(しばい)

司馬懿は軍事と政治両方に優れた能力を発揮した人物として知られていますが、実は彼、雨が降った事で運気を上昇させており、

司馬懿にとって雨はラッキーな出来事であったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?

関連記事:胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男

 

 

司馬懿のラッキーアイテムは雨

司馬懿のラッキーアイテムは雨

 

曹操(そうそう)時代にはあまり活躍することが無かった司馬懿ですが、曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)曹芳(そうほう)の時代になると魏の重鎮(じゅうちん)として、実力をいかんなく

発揮し活躍しています。

そんな司馬懿ですが雨に助けられたり、雨のおかげで官職が上がったりと彼にとって雨はラッキーアイテムだったのです。

 

 

司馬懿のラッキーアイテムが雨な理由その1:大雨で軍事のトップへ

曹真

 

司馬懿が初めて雨に助けられたのは蜀へ遠征した時です。

この蜀遠征の総司令官は曹真で、司馬懿は曹真率いる蜀遠征軍の将軍として参加することになります。

この時曹真の軍勢は蜀へ侵攻しますが、大雨によって遠征を継続することができなくなり撤退することになります。

もしこの時大雨が降らなかったら曹真は蜀軍と本格的に戦いを行い、もしかしたら司馬懿がこの戦いで討ち取られていたかもしれません。

また曹真が蜀を滅亡もしくは一部を魏の領土として占領することに成功すれば、曹真の名声が大きくなり、司馬懿が魏の軍事のトップへ

のぼれなかったかもしれません。

このように考えれば司馬懿にとって雨はラッキーアイテムだったと言えるのではないのでしょうか。

そして大雨で曹真の蜀遠征は失敗に終わり、蜀遠征後曹真は病にかかって亡くなってしまいます。

司馬懿は曹真の跡を継いで魏の軍事のトップに就任することになります。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

司馬懿のラッキーアイテムが雨な理由その2:命を救われる

司馬懿と司馬昭

 

司馬懿のラッキーアイテムが雨な理由その2は大雨によって命を救られたことです。

この逸話は三国志演義(さんごくしえんぎ)にある逸話です。

司馬懿は諸葛亮の北伐を迎撃するため大軍を率いて出陣。

二人の戦いは膠着状態になり中々決着がつきませんでした。

そんな時諸葛亮は司馬懿を討ち取るため、ある作戦を行います。

まず諸葛亮上方谷(じょうほうこく)に蜀軍の兵糧庫がある情報を司馬懿の元へ流します。

司馬懿は蜀軍の兵糧庫が上方谷にあることを知り、軍勢を率いて出陣。

諸葛亮は司馬懿が上方谷に到着したことを知ると以前よりこの地に建設していた兵糧庫の中身の火薬に火をつけるため、

伏兵へ火矢で攻撃するように命令を下します。

 

司馬懿は上方谷の上から蜀軍からの火矢を受けてびっくり。

司馬懿がびっくりしている間に上方谷の中の火薬が大爆発を起こしあたり一面を火の海に変えてしまいます。

司馬懿率いる魏軍は次々と火薬の大爆発に巻き込まれてしまい、減っていきます。

 

しかしここで司馬懿を助けるように大雨が降り始めます。

大雨は上方谷一面の火の海を消火し何事もなかったようにあたり一面を元の状態に戻してしまうのでした。

こうして司馬懿は大雨によって九死に一生を得る事に成功し、何とか魏の本営へ退却することになるのでした。

もしこの時大雨が降らなかったら間違えなく司馬懿は命を落としていたでしょう。

正に司馬懿にとって雨こそラッキーアイテムと言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

国を建国するような英雄は司馬懿のように雨をラッキーアイテムとした人が何人かおります。

日本の戦国時代では織田信長(おだのぶなが)が田楽狭間へ今川義元(いまがわよしもと)を奇襲した時も大雨が降った事で大成功をおさめます。

また羽柴秀吉(はしばひでよし)は、備中高松城(びっちゅうたかまつじょう)を攻略する際、水攻めを行いますが、この時も大雨が降った事で水攻めが成功しています。

このように司馬懿以外にも国を建国するような人物と雨には深い関係があるのでした。

 

■参考文献 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?

関連記事:司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  2. あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情
  3. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  4. 龐徳の子や孫は一体どんな人なの!?
  5. 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行って…
  6. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチ…
  7. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  8. 三国志演義の架空キャラを並べてみたよ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 海賊時代の孫堅と孫策
  2. 騎射の術に長けた騎馬兵士

おすすめ記事

  1. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥
  2. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?
  3. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ
  4. 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? 庶民、村人の家
  5. 【有料記事】費禕は諸葛亮の後継者ではなかった!【歴史の盲点】
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【お知らせ】はじめての●●を追加しました 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄 痛い目にあう孫権 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった? 意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側

おすすめ記事

  1. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?
  2. 諸葛亮の幼い日はどんなだった?
  3. キングダム 531話 ネタバレ予想:必殺の別働隊
  4. 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編
  5. 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者
  6. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  7. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  8. 西郷隆盛の政治思想はどんなもの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP