三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

『三国志』をもっと面白く読むためには他の時代も勉強すべき!

この記事の所要時間: 330




はじめての三国志ロゴ

 

皆さんはなぜ『三国志』を好きになったのでしょうか?

ゲームや漫画、小説などなど、

そのきっかけは人それぞれだと思いますが、

三国志』への愛は皆どれも同じだと思います。

 

しかし、『三国志』についての知識となると、

「自分はまだまだかも…」

と自信を持てない人が多いのではないでしょうか?

 

もしもあなたが『三国志』についての知識を深めたいのであれば、

三国時代について学ぶことはもちろん、

他の時代についても勉強すべきです!

 

今回は、『三国志』を深めるために

なぜ他の時代について学ばなければならないのか、

その理由を説明したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

関連記事: 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか?

 

 

『三国志』で活躍する英雄たちも皆歴史を勉強してる

歴史を勉強している曹操孟徳

 

三顧の礼のお話を皆さんはご存知でしょうか?

劉備(りゅうび)諸葛亮(しょかつりょう)を迎え入れるために、

劉備直々に諸葛亮の草廬を何度も訪れたという話です。

『三国志演義』の中でも屈指の名場面ですよね。

 

劉備諸葛亮の元を訪ねてみると言い出したとき、

関羽(かんう)張飛(ちょうひ)

「えぇ~!?

一回りも下の奴に何でそんなことすんの!?」

とブー垂れます。

 

その際に

劉備は2人に次のように語りました。

「周の文王(ぶんおう)太公望(たいこうぼう)が釣りを終えるのを

静かに待ったというではないか。

賢者を迎えるとはそういうものなのだよ。」

この言葉に渋々従う2人…。

 

彼らが劉備の言葉に素直に従うことができたのは、

周の文王が後に軍師として活躍して

殷の暴君・紂王(ちゅうおう)を破る人物であるということを知っていたから、

すなわち歴史を知っていたからです

 

当然、劉備が2人を説得できたのも

歴史を学んでいたから

三国時代の英雄たちも

歴史を学ぶことによって

コミュニケーションを

より円滑なものにしていたというわけです。

 

この他、英雄たちが

歴史的事実を例に挙げて人を説得したり

より良い人間関係を築いている場面は数知れず。

 

実は、彼らが歴史を学ぶことによって

様々なことに役立てているように

私たちも彼らと同じように歴史を学ぶことによって

『三国志』をより楽しむことができるのです。

 

 

最低でも周~漢の時代は抑えておきたい

最低でも周~漢の時代は抑えておきたい歴史

 

では、『三国志』をより面白く読むために

私たちは中国のどの時代について

学べば良いのでしょうか?

それはやはり、

三国志以前の歴史でしょう。

 

三国時代の英雄たちは

過去の歴史を本当によく語ります。

その内容を深く理解するためにも

やっぱり『三国志』よりも

古い時代の歴史は知っておきたいところ。

 

その中でも特に抑えておきたいのは、

礼などの制度が整えられた周代、

周王朝の凋落によって

諸侯たちが群雄割拠した春秋・戦国時代、

ようやく中華が統一された秦代、

項羽(こうう)と争った高祖・劉邦(りゅうほう)が開いた前漢時代、

王莽(おうもう)によって倒されたものの

再び劉氏が返り咲いた後漢時代です。

 

これらの時代の主な出来事や

有名な故事などを一通りおさえることはもちろん、

その時代の制度や王朝の政策などを学べば

三国時代の英雄たちの言葉だけではなく、

三国時代が他の時代と比べて

どのように違うのかといったことまでもを

鮮明に知ることができるでしょう。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

『三国志』の後の時代を知ると『三国志』がもっと面白くなる!

『三国志』の後の時代を知ると『三国志』がもっと面白くなる

 

『三国志』の英雄たちより遥か未来に生きる私たちは

三国時代の後に訪れる時代について知ることができますよね。

そのため、

『三国志』の英雄たちが

後の世の人々にどのように語られたのか、

後の世にどのような影響を与えたのかまで

知ることができちゃいます。

 

『三国志』以前の時代だけではなく、

『三国志』より後の時代について学ぶ価値も

十二分にあるわけです。

 

三国をバッタバッタとなぎ倒していった

司馬(しば)氏による晋王朝について学べば、

魏を反面教師とした政治が見えてきますし、

唐代に詠われた数々の詩を読めば

三国時代の英雄たちに思いを馳せる人々の心が見えてきます。

 

陳寿(ちんじゅ)の『三国志』は西晋時代でしたし、

小説『三国志演義』が編まれたのは明代、

そして陳寿の『三国志』にまつわる様々な論争は

清代になっても続くほど延々と盛り上がっていましたから、

どの時代を学んでも『三国志』を面白く読むための材料となり得るのです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

『三国志』と直接関わりのある物事は勿論、

一見全く関係の無いような物事も

実は『三国志』を楽しむための

重要なエッセンスかもしれません。

 

一見『三国志』に関係なさそうな歴史でも、

ちょっと勉強してみれば

『三国志』に新しい発見を

見出すことができるかもしれませんよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?

関連記事:隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 届け!お手紙、三国時代には郵便制度があった!?
  2. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  3. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  4. 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?
  5. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  6. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いな…
  7. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  8. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム581話ネタバレ予想王賁vs堯雲&馬南慈の変則マッチ発生
  2. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…
  3. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  4. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!
  5. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  6. 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【日本神話の逆襲】出雲王国とたたら製鉄に見る朝鮮半島との繋がり 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの? 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐 郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部 キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想

おすすめ記事

  1. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  2. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説
  3. kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」
  4. 石川五右衛門か!自ら釜茹でになろうとして孫権に止められた鄧芝
  5. 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔
  6. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?
  7. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画
  8. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP