法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

『三国志』をもっと面白く読むためには他の時代も勉強すべき!




はじめての三国志ロゴ

 

皆さんはなぜ『三国志』を好きになったのでしょうか?

ゲームや漫画、小説などなど、

そのきっかけは人それぞれだと思いますが、

三国志』への愛は皆どれも同じだと思います。

 

しかし、『三国志』についての知識となると、

「自分はまだまだかも…」

と自信を持てない人が多いのではないでしょうか?

 

もしもあなたが『三国志』についての知識を深めたいのであれば、

三国時代について学ぶことはもちろん、

他の時代についても勉強すべきです!

 

今回は、『三国志』を深めるために

なぜ他の時代について学ばなければならないのか、

その理由を説明したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

関連記事: 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか?

 

 

『三国志』で活躍する英雄たちも皆歴史を勉強してる

歴史を勉強している曹操孟徳

 

三顧の礼のお話を皆さんはご存知でしょうか?

劉備(りゅうび)諸葛亮(しょかつりょう)を迎え入れるために、

劉備直々に諸葛亮の草廬を何度も訪れたという話です。

三国志演義』の中でも屈指の名場面ですよね。

 

劉備諸葛亮の元を訪ねてみると言い出したとき、

関羽(かんう)張飛(ちょうひ)

「えぇ~!?

一回りも下の奴に何でそんなことすんの!?」

とブー垂れます。

 

その際に

劉備は2人に次のように語りました。

「周の文王(ぶんおう)太公望(たいこうぼう)が釣りを終えるのを

静かに待ったというではないか。

賢者を迎えるとはそういうものなのだよ。」

この言葉に渋々従う2人…。

 

彼らが劉備の言葉に素直に従うことができたのは、

周の文王が後に軍師として活躍して

殷の暴君・紂王(ちゅうおう)を破る人物であるということを知っていたから、

すなわち歴史を知っていたからです

 

当然、劉備が2人を説得できたのも

歴史を学んでいたから

三国時代の英雄たちも

歴史を学ぶことによって

コミュニケーションを

より円滑なものにしていたというわけです。

 

この他、英雄たちが

歴史的事実を例に挙げて人を説得したり

より良い人間関係を築いている場面は数知れず。

 

実は、彼らが歴史を学ぶことによって

様々なことに役立てているように

私たちも彼らと同じように歴史を学ぶことによって

『三国志』をより楽しむことができるのです。

 

 

最低でも周~漢の時代は抑えておきたい

最低でも周~漢の時代は抑えておきたい歴史

 

では、『三国志』をより面白く読むために

私たちは中国のどの時代について

学べば良いのでしょうか?

それはやはり、

三国志以前の歴史でしょう。

 

三国時代の英雄たちは

過去の歴史を本当によく語ります。

その内容を深く理解するためにも

やっぱり『三国志』よりも

古い時代の歴史は知っておきたいところ。

 

その中でも特に抑えておきたいのは、

礼などの制度が整えられた周代、

周王朝の凋落によって

諸侯たちが群雄割拠した春秋・戦国時代、

ようやく中華が統一された秦代、

項羽(こうう)と争った高祖・劉邦(りゅうほう)が開いた前漢時代、

王莽(おうもう)によって倒されたものの

再び劉氏が返り咲いた後漢時代です。

 

これらの時代の主な出来事や

有名な故事などを一通りおさえることはもちろん、

その時代の制度や王朝の政策などを学べば

三国時代の英雄たちの言葉だけではなく、

三国時代が他の時代と比べて

どのように違うのかといったことまでもを

鮮明に知ることができるでしょう。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

『三国志』の後の時代を知ると『三国志』がもっと面白くなる!

『三国志』の後の時代を知ると『三国志』がもっと面白くなる

 

『三国志』の英雄たちより遥か未来に生きる私たちは

三国時代の後に訪れる時代について知ることができますよね。

そのため、

『三国志』の英雄たちが

後の世の人々にどのように語られたのか、

後の世にどのような影響を与えたのかまで

知ることができちゃいます。

 

『三国志』以前の時代だけではなく、

『三国志』より後の時代について学ぶ価値も

十二分にあるわけです。

 

三国をバッタバッタとなぎ倒していった

司馬(しば)氏による晋王朝について学べば、

魏を反面教師とした政治が見えてきますし、

唐代に詠われた数々の詩を読めば

三国時代の英雄たちに思いを馳せる人々の心が見えてきます。

 

陳寿(ちんじゅ)の『三国志』は西晋時代でしたし、

小説『三国志演義』が編まれたのは明代、

そして陳寿の『三国志』にまつわる様々な論争は

清代になっても続くほど延々と盛り上がっていましたから、

どの時代を学んでも『三国志』を面白く読むための材料となり得るのです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

『三国志』と直接関わりのある物事は勿論、

一見全く関係の無いような物事も

実は『三国志』を楽しむための

重要なエッセンスかもしれません。

 

一見『三国志』に関係なさそうな歴史でも、

ちょっと勉強してみれば

『三国志』に新しい発見を

見出すことができるかもしれませんよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?

関連記事:隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り
  2. 于禁を虐める曹丕 于禁は曹丕のドッキリのせいで亡くなった!?気の毒な于禁のパワハラ…
  3. 魯粛 魯粛、アホの呂蒙の成長ぶりに驚いた理由とは?【呉下の阿蒙】
  4. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  5. 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした
  6. 曹操から逃げ回る劉備 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  7. 関羽が悪人扱いされない3つの理由
  8. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. かぼちゃ 孫権
  2. ボロボロになった馬超
  3. 遅れて来た孫権 英雄
  4. キングダム53巻
  5. 美女を集めた曹叡

おすすめ記事

  1. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 関羽と張飛と劉備
  2. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語
  3. 蜀が夷陵の戦いで敗北したことによってどんな影響を受けたの? 夷陵の戦いで負ける劉備
  4. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  5. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻 張遼 カカロットーーーー!
  6. 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか? 公孫サン(公孫瓚)

三國志雑学

  1. 楽進
  2. 諸葛一族
  3. 宦官
  4. 劉備と関平たち
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 東京五輪のボランティア いだてん
  2. 旅 三国志
  3. 挑発する諸葛亮孔明
  4. 13人の妻達(曹操)
  5. 関羽千里行 ゆるキャラ

おすすめ記事

孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】 成廉、魏越、呂布 オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑 キングダム53巻 キングダム591話ネタバレ雑学「秦の家庭は核家族だった」 え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの? 龐統 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った? 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP