劉琦と劉琮の仲が悪くなったのは一体どうして!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉琦

 

劉琦(りゅうき)劉琮(りゅうそう)は荊州の主であった劉表(りゅうひょう)の息子です。

彼ら兄弟は元々仲の悪い兄弟ではありませんでした。

しかしあることがきっかけで兄弟仲が悪くなってしまい、再び仲良くすることはありませんでした。

どうしてこの二人は仲が悪くなってしまったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る

関連記事:68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に

 


 

劉琦と劉琮の兄弟はどんな人だった!?

劉表

 

劉琦と劉琮の仲が悪くなった原因を探る前に二人がどんな人物だったのか紹介したいと思います。

劉琦と劉琮の兄弟は劉琦が兄貴で劉琮が弟になります。

二人とも劉表(りゅうひょう)を父に持つ兄弟で、兄貴も弟も聡明な人物だったようです。

この二人が聡明である証左としてこのようなエピソードがあります。

まずは劉琦から。

劉琦は父・劉表から嫌われ始めている頃で、自分の命を守るため、劉備(りゅうび)の軍師として配下に加わった諸葛亮(しょかつりょう)と相談したいと思っていました。

しかし諸葛亮は劉琦の相談に乗りたくないと考えており、劉琦を避け続けていました。

 

劉琦はどうして諸葛亮に相談に乗ってもらい、いいアドバイスを教えてもらおうと考えていたため、一策を講じます。

劉琦は諸葛亮を見つけると「諸葛亮殿。一緒に酒でも飲みましょうや」と誘い、庭にあるやぐらに登って二人で酒を飲み始めます。

劉琦は諸葛亮が酒を飲み始めるのを見ると家臣に伝えてあった通り、はしごを外させて諸葛亮と二人きりに。

劉琦は諸葛亮へ「ここには二人しかいません。どうか私に今後のアドバイスを教えていただきたい」とお願いします。

すると諸葛亮は劉琦の求めに応じて色々とアドバイスを行います。

 

劉琦は諸葛亮から教えてもらったアドバイスに従うことになり、このアドバイスが後々劉備軍団の領土拡大に活きてくることになるのです。

劉琦は諸葛亮にさんざん避けられ続けていたにもかかわらず、最後は知力を振り絞って諸葛亮を(だま)したその知力。

彼の聡明さをうかがうことができるのではないのでしょうか。

 

さて弟の劉琮も劉琦に負けないくらい聡明な人物でした。

劉琦は曹操が大軍を率いて荊州へやってくると降伏します。

曹操は劉琦が降伏してくると彼を「君は気高い志を持ち、知恵深く、信義と徳性を重んじる人物だ」と高評価を与えています。

曹操が彼をこれだけべた褒めしている所を見るとかなり優秀な人物であったのではないのでしょうか。

さて二人を紹介してきましたが両方とも聡明な人物であったことがお分かりになったと思います。

二人とも聡明だったにもかかわらずどうして兄弟仲が悪くなってしまったのでしょうか。

 


 

兄弟の仲が悪くなった理由その1:父親のせい

劉表

 

劉琦と劉琮の兄弟仲が悪くなったのはずばり、父親のせいと言えるでしょう。

父・劉表は最初、劉琦を可愛がっていました。

このままなら別に問題はりません。

しかし途中で劉表は劉琮を可愛がりはじめ、自分の跡を継がせるのを劉琮にしてしまいます。

そのため劉琦は「弟のくせにどうして俺を差し置いて父の跡を継ぐのだ!!」と怒りをあらわにします。

劉琮は父親から可愛がられて遠慮しませんでした。

このことがきっかけで二人の仲が悪くなってしまいますが、原因はこれだけではありませんでした。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  


 

兄弟の仲が悪くなった理由その2:劉表の側近のせい!!

劉表の側近

 

兄弟の仲が悪くなった理由その2はずばり、劉表の側近のせいと言えるでしょう。

劉表は劉琮を後継者にしようと考えていただけで、本気で劉琮を後継者にしようと思っていたわけではありません。

しかし劉表の側近ともいえる張允(ちょういん)蔡瑁(さいぼう)らが劉琮を後継者にした方がいいと何度も劉表へ進めたことがきっかけとなり、

劉表は劉琮を後継者に決めてしまいます。

そして彼ら側近のせいで劉琦と劉琮の兄弟の仲が悪くなってしまったと言えるのではないのでしょうか。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉琦と劉琮の兄弟が手を取り合って仲良く荊州を治めていれば、曹操に降伏することはなかったでしょう。

なぜならば劉琮が曹操と戦う意思を正史三国志魏書の中で示しているからです。

そして弟が曹操に対して戦う意思を見せているのであれば、兄貴も同調してた可能性が高いと思われます。

そして劉琦と劉琮が曹操に戦を挑むのであれば単独で曹操軍と戦うのは厳しいと思われ、劉備の代わりに孫権と同盟を結んで

赤壁の戦いを戦っていたかもしれないですね。

 

参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!

関連記事:何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

 


 

関連記事

  1. 陳羣と曹丕
  2. 賈詡
  3. 張昭
  4. 孔明
  5. 歴史書をつくる裴松之

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP