架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る

この記事の所要時間: 231

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

曹操(そうそう)の50万の大軍に押され、

長坂(ちょうはん)の戦いを何とか切り抜けた劉備(りゅうび)主従ですが、

兵糧と資金が満載されていた江陵(こうりょう)城はすでに

曹操に抑えられていました。

 

行き場を失った劉備一行ですが、そこで江夏(こうか)の

劉琦(りゅうき)が助け舟を出します。

 

前回記事:71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

 

劉琦(りゅうき)って誰?

劉琦 ゆるキャラ 三国志

 

劉琦とは、亡くなった劉表(りゅうひょう)の長男でした。

病弱ではありましたが、聡明で優しく親孝行で知られていて、

本来ならば、劉表の跡を継いで荊州の太守になる筈でした。

 

しかし、劉表は、再婚相手の蔡夫人が産んだ、次男の劉琮(りゅうそう)を

寵愛するようになり劉琦は忘れ去られます。

 

そればかりか、蔡夫人の兄である重臣蔡瑁(さいぼう)は、

劉琦を邪魔に思いこれを暗殺しようとさえ企んでいました。

城内でも孤立していた劉琦は、当時、荊州に逃れていた劉備に接近し

色々と相談に乗ってもらっていたのです。

 

劉琦は、蔡瑁が自分の命を狙っているとして、

孔明(こうめい)にどうすればよいでしょうか?と助言を求めます。

 

孔明は当初、圧倒的に有利な蔡瑁の一派に劉備が睨まれるのを

嫌がり劉琦に助言するのを渋ります。

 

ところが、劉備がこれを取りなし、何か計略があれば、

劉琦に授けてやってくれと重ねて孔明に頼んだのです。

 

孔明は嫌々、劉琦にアドバイスをする

孔明バージョン 三国志 軍師

 

孔明は渋々、

「襄陽(じょうよう)にいては、蔡瑁一派に近く、どんな事をしても

禍を免れる事は不可能です、、

今の内に無人になっている江夏城を守ると劉表殿に進言して

急いで、ここを離れる事でしょうな、、」

 

と助言しますと、劉琦は喜び、早速江夏城に赴任しました。

その直後、劉表は亡くなり、曹操軍が50万の大軍を擁して、

荊州に入ってきます。

 

蔡瑁と荊州の太守になった劉琮は、あっさりと曹操に降伏してしまい、

劉備軍は、たった5千で曹操の大軍と戦う羽目になったのです。

 

ですが、軒並み降伏した、荊州でも劉琦だけは独自の態度を取り、

劉備が敗走したと見るや、これを迎え入れたのです。

 

まさかの孔明も劉琦に助けられるとは思ってもいなかった

孔明 司馬懿 役職

 

まさに情けは人の為ならず、、親孝行であった劉琦は

受けた恩義を忘れない人でもあったのでした。

 

三国志一の軍師、孔明も、まさか、ここで劉琦に救われようとは

思っていなかったかも知れません。

 

あの時、あくまで劉備の不利益を気にして、劉琦に策を授けなければ

劉琦も江夏城に入る事もなく、城は曹操に奪われていたかも知れません。

 

劉備の人徳に感心した孔明

劉備 人望

 

孔明は、劉備の損得抜きに自分を頼ってくる人を助ける人徳の力

というものを実感したでしょう。

 

ともあれ、劉備は劉琦の守る江夏城を実質的に支配し、

劉琦が確保した水軍を合わせて3万の軍勢を保持できました。

 

まもなく孔明は、荊州から曹操を追いだし、益州(えきしゅう)の

劉璋(りゅしょう)を撃ち破る時間を稼ぐ為に孫権との連合を考えます。

 

ただの根なし草の劉備なら、孫権(そんけん)も本気で同盟を組もうとしたか

疑問ですので、劉備が江夏に拠点を持ったのはまさに不幸中の幸いでした。

 

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編…
  2. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサ…
  3. たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策
  4. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまる…
  5. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  6. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!
  7. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  8. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します!
  2. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる
  3. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  4. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?
  5. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  6. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した? 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見! キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる 孫策が生きていたら三国志はどうなったの? 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】

おすすめ記事

  1. 東方明珠って、何者?
  2. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  3. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  4. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  5. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  6. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  7. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛
  8. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP