三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力

歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士




東京タワー

 

現代にも公共交通に集る道路族や、防衛利権に(たか)る防衛族と呼ばれるような族議員と呼ばれる代議士の存在がクローズアップされます。

しかし、このような存在は、何も現代日本ばかりでなく三国志の時代にも存在したようなのです。

今回の「三国志とお金」では公共工事に集る豪族達について紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、益州(えきしゅう)、交州(こうしゅう)編

関連記事:劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?

 

 

巴蜀豪族の生命線

逃げまとう劉邦

 

三国志を著わした陳寿の出身地でもある巴蜀の豪族は、隔絶した秦嶺山脈の内側の巴蜀にいましたが、

褒斜道ほうしゃどう)というメインの桟道(さんどう)子午道(しごせん)というサブの桟道で関中と繋がっていました。

 

関中は楚漢戦争(そかんせんそう)項羽(こうう)により押し込められた漢中王、劉邦(りゅうほう)が巴蜀を抜け出して関中を制覇し項羽と戦う根拠地にした穀倉地帯でした。

ここは益州の豪族に取っても帝都長安に繋がる軍事、経済、政治の重要なパイプでしたが山の中腹を削り桟道を通しただけなので

メンテナスを欠かすと、直ぐに使用不能になる上、涼州から侵攻してくる羌族(きょうぞく)の兵乱により焼かれる事がありました。

この為、巴蜀の豪族は中央政府に庇護してもらう必要があり、多くの豪族が長安に出て中央政府の高官とコネを造ったのです。

 

永初年間(108年~113年)、メインの桟道となる褒斜道が羌族の侵攻で焼かれます。

これは、益州豪族にとっては大打撃でした、サブの子午道はありますが、そこは非常に危険であり、一刻も早く修復が必要でした。

ところが、巴蜀の豪族と結びつきが強かった外戚、鄧隲(とうしつ)安帝(あんてい)の皇后閻氏(えんし)の手により失脚、鄧隲に近かった巴蜀出身の官僚も、

追放の憂き目にあいます。

自分達が支持した有力者が失脚した事で、中央の援助が受けられなくなり、自身の財力ではとても褒斜道を修復できない巴蜀豪族は

この時、事態を打開する為に思い切った行動を取りました。

 

 

順帝を即位させ、褒斜道の修理を実現させる

順帝を即位させ、褒斜道の修理を実現させる

 

当時の後漢王朝は、安帝が崩御して、鄧皇太后も死去し、安帝の皇后の閻氏が外戚として権力を握りました。

閻氏は、安帝の皇太子の劉保(りゅうほ)を廃太子に持ち込んで、自分達に都合のよい皇太子を立てようとします。

一度は斉陰王(さいいんおう)に落とされた留保でしたが、ここで、宦官の孫程(そんてい)が中心となり劉保を擁護してクーデターを起こし成功しました。

 

劉保は即位して順帝となりますが、この時クーデターに参加した官僚には張晧(ちょうこう)李尤(りゆう)龔調(きょうちょう)李部(りぶ)という巴蜀出身者がいます。

順帝は、その功績に報いるように、即位後、僅か18日で褒斜道を修理するように詔を出したのです。

 

これは、巴蜀の権益を守る為に、巴蜀の豪族階級が中央のクーデターに加担した事を記録したケースとなります。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

本籍回避を利用して太守を操る地元豪族

本籍回避を利用して太守を操る地元豪族

 

漢の時代、郡守や郡丞(ぐんじょう)、県令、県丞というような地方官のポストは、本籍回避(ほんせきかいひ)という制度が取られ任命されていました。

これは、赴任する土地と同郷の人物は太守や県令に任命しない制度で、元々は地元との癒着(ゆちゃく)を阻止する為の制度でした。

しかし、県令にしろ太守にしろ、数年しか赴任しないで次々とポストを変わります。

元々、他所の土地で思い入れがない上に任期は数年ですから、地域の事を把握する前に転任してしまうのが普通でした。

 

逆に漢王朝は、中央のキャリアにはなれない地方公務員は地元から採用します。

彼らは掾史(えんし)と呼ばれ、生涯異動しない地方行政のプロフェッショナルでした。

現地を知らない太守や県令が、掾史に仕事を丸投げするのは自然だったのです。

 

そして、前述した張晧、李尤、龔調、李部というような益州豪族は、元々、功曹(こうそう)掾のような地方公務員でした。

かくして掾史は太守や県令に対して強い影響力を持つようになるのです。

 

公共工事を誘致し勢力を拡大する豪族

公共工事を誘致し勢力を拡大する豪族

 

巴蜀に限らず、灌漑設備(かんがいせつび)を整備したり、道路を開通させる事は豪族に取って、貴重な勢力拡大のチャンスでした。

豪族は、労働力としての奴隷を多数抱えていて、彼らを業務として行商させ、200キロ圏内を移動させていました。

ですので、自分達の支配地域が開けてくるのは非常に重要で、太守や県令と結託し漢王朝から大土木工事の(みことのり)を出させ

公共工事を起こさせそれによって開けた土地に逸早くツバをつけて囲い込むのです。

 

例えば、巴蜀のある豪族は、広漢太守陳寵(ちんちょう)が西州を開拓した時に多数の吏員を送り込んで開拓地を囲い込んでしまい、

その事で日に百件の訴訟が出たとされています。

このような事は巴蜀ばかりではなく、他の豪族の土地でも起こっていて、後漢の明帝永平十三年(西暦70年)に、

卞渠(べんきょ)周辺地区の灌漑が容易な土地を豪族が独占する事を禁止する法令が出ていました。

 

このパターンは21世紀の日本の族議員とあまり変わりませんが、それでも豪族の力なしに地方統治は難しく、

劇的な癒着の改善は見込めなかったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

このように後漢の豪族は、本籍回避のキャリアの長官達に対して、勝手が違う土地の支配において力を貸すと同時に、

土地の開発においては漢帝国の援助を引き出し開かれた土地や用水路などをいち早く囲い込んで私腹を肥やす事もしていました。

こうして、勢力を増した豪族の中から、群雄割拠の時代には自ら群雄になったり或いは曹操(そうそう)劉備(りゅうび)のような豪族に加担していく人々が出現し、

時代は群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の三国時代へと流れていくのです。

 

参考文献:巴蜀の豪族と國家權力 : 陳壽とその祖先たちを中心に 上田早苗

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将

関連記事:劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる…
  2. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  3. 夷陵の戦いで負ける劉備 夷陵の戦いで戦死した将軍や主要人物は誰なの?分かりやすく解説
  4. 鍾会を説得する姜維 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  5. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…
  6. 関羽を油断させる陸遜 荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった?…
  7. 陸遜 剣と刀 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ
  8. 龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 費禕
  2. 難斗米(なしめ)
  3. 三国志ライター よかミカンさん
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 三国志 人気武将ランキング
  6. 曹操 詩

おすすめ記事

  1. 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14 細川勝元
  2. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】 反董卓軍010
  3. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!
  4. 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる? 孔子と儒教
  5. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい! ピストルを乱射する坂本龍馬
  6. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1 曹丕

三國志雑学

  1. 周瑜 死
  2. 曹仁
  3. 華雄と呂布
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 孟嘗君

おすすめ記事

孔明と魯粛 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致 【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介 郭嘉の本 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識! 張紘が病死したという手紙を読み涙する孫権 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役 マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう) 諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった? 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP