霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

法正

 

劉備(りゅうび)は赤壁の戦いの後、南荊州を領地とします。その後、劉璋の家臣である法正(ほうせい)や張松(ちょうしょう)らの協力で益州に侵攻する事になります。

 

龐統

 

この益州侵攻の立役者は龐統(ほうとう)とされております。もちろん彼が居なければ蜀を手に入れるのはかなり厳しかったと思います。しかしもう一人立役者が居たのを皆さんご存知でしょうかその名は霍峻(かくしゅん)です。彼が居なければ三国は完成しなかったかもしれません。


劉表に仕える

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

霍峻の生まれは荊州です。父は劉表が荊州に来る前から荊州の豪族として独立しておりましたが、劉表が荊州の牧になった時、仕えます。劉表は霍峻の父が亡くなると、霍峻に父の領土を継がせます。こうして霍峻は劉表の部下として仕える事になります。


曹操に仕えず、逃亡中の劉備に仕える

劉備 曹操

 

霍峻は劉表の元で、地道に実績を上げていきます。しかし劉表が亡くなり、息子の劉琮が跡を継ぐ事になります。この時曹操が河北を統一し、荊州へ侵攻を開始します。劉琮は曹操にビビッて降伏。霍峻は劉琮と共に曹操に降伏せず、劉表の客将で曹操の追撃から逃走している劉備の元へ身を寄せる事にします。この時彼と共に劉備の元へ馳せ参じたのは、馬良(ばりょう)・馬謖(ばしょく)・伊籍(いせき)など荊州の名士と呼ばれる人材が劉備の元に集まります。


張魯を討つべく葭萌関へ

張魯 お宝

 

劉備は赤壁の戦いで孫権軍と連合し大勝利をおさめた後、南荊州を領土に加えます。その後劉璋から漢中で独立を保つ、張魯を討伐してほしいと協力要請が来ます。劉備は快く劉璋の依頼を受け、漢中と益州の州境にある葭萌関へ出陣します。霍峻もこの時劉備に従って葭萌関へ向かいます。

 

関連記事:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?


実は蜀乗っ取りの為に、益州へ

法正と張松

 

劉備は劉璋家臣である法正と張松から「劉璋では蜀を保つことは難しいと思います。ですので、劉備様に蜀を強奪していただきたい。」と誘います。劉備は迷いますが、龐統や孔明から勧められ、蜀を強奪する決断をします。劉備は蜀を乗っ取る際に警戒されないように関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)・孔明(こうめい)などの人材を連れて行きませんでした。こうして葭萌関に到着します。

 

劉備は益州へ侵攻。葭萌関の留守は霍峻

宴会をして劉備をもてなす劉璋

 

劉備は葭萌関に着くと劉璋から宴を催されます。この宴は100日間も続くことになります。

 

陸遜 劉備

 

この宴が終わった後、劉備は葭萌関の留守を霍峻に任せ突如益州へ攻撃を仕掛けます。劉備は油断していた益州各地の都市を陥落させ、順調に益州を攻略していきます。しかし霍峻は危機に陥っていました。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 糜竺(びじく)
  2. 張任

    はじめての蜀

    93話:名将 張任、遂に堕ちる

    張任(ちょうじん)の立て籠る雒城は名城であ…

  3. 董荼那(南蛮族)
  4. 劉禅
  5. 法正
  6. 関羽の死

    はじめての蜀

    107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

    関羽(かんう)に縁談を蹴られた孫権(そんけ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP