編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将

この記事の所要時間: 428




法正

 

劉備(りゅうび)は赤壁の戦いの後、南荊州を領地とします。

その後、劉璋の家臣である法正(ほうせい)や張松(ちょうしょう)らの協力で

益州に侵攻する事になります。

この益州侵攻の立役者は龐統(ほうとう)とされております。

もちろん彼が居なければ蜀を手に入れるのはかなり厳しかったと思います。

しかしもう一人立役者が居たのを皆さんご存知でしょうか

その名は霍峻(かくしゅん)です。

彼が居なければ三国は完成しなかったかもしれません。



劉表に仕える

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

霍峻の生まれは荊州です。父は劉表が荊州に来る前から

荊州の豪族として独立しておりましたが、

劉表が荊州の牧になった時、仕えます。

劉表は霍峻の父が亡くなると、霍峻に父の領土を継がせます。

こうして霍峻は劉表の部下として仕える事になります。




曹操に仕えず、逃亡中の劉備に仕える

劉備 曹操

 

霍峻は劉表の元で、地道に実績を上げていきます。

しかし劉表が亡くなり、息子の劉琮が跡を継ぐ事になります。

この時曹操が河北を統一し、荊州へ侵攻を開始します。

劉琮は曹操にビビッて降伏。

霍峻は劉琮と共に曹操に降伏せず、劉表の客将で曹操の追撃から逃走

している劉備の元へ身を寄せる事にします。

この時彼と共に劉備の元へ馳せ参じたのは、馬良(ばりょう)・馬謖(ばしょく)・伊籍(いせき)など荊州の

名士と呼ばれる人材が劉備の元に集まります。

 

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

関連記事:今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語

 

張魯を討つべく葭萌関へ

張魯 お宝

 

劉備は赤壁の戦いで孫権軍と連合し大勝利をおさめた後、

南荊州を領土に加えます。

その後劉璋から漢中で独立を保つ、張魯を討伐してほしいと協力要請が来ます。

劉備は快く劉璋の依頼を受け、漢中と益州の州境にある葭萌関へ出陣します。

霍峻もこの時劉備に従って葭萌関へ向かいます。

 

関連記事:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

 

実は蜀乗っ取りの為に、益州へ

 

劉備は劉璋家臣である法正と張松から「劉璋では蜀を保つことは難しいと思います。

ですので、劉備様に蜀を強奪していただきたい。」と誘います。

劉備は迷いますが、龐統や孔明から勧められ、蜀を強奪する決断をします。

劉備は蜀を乗っ取る際に警戒されないように

関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)・孔明(こうめい)などの人材を連れて行きませんでした。

こうして葭萌関に到着します。

 

劉備は益州へ侵攻。葭萌関の留守は霍峻

陸遜 劉備

 

劉備は葭萌関に着くと劉璋から宴を催されます。

この宴は100日間も続くことになります。

この宴が終わった後、劉備は葭萌関の留守を霍峻に任せ

突如益州へ攻撃を仕掛けます。

劉備は油断していた益州各地の都市を陥落させ、

順調に益州を攻略していきます。

しかし霍峻は危機に陥っていました。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…
  2. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  3. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  4. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  5. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  6. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系…
  7. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  8. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!
  2. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  3. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】
  5. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官
  6. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

おすすめ記事

  1. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  2. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  3. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  4. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る
  5. 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!?
  6. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  7. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!
  8. 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP