編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将

この記事の所要時間: 428




法正

 

劉備(りゅうび)は赤壁の戦いの後、南荊州を領地とします。

その後、劉璋の家臣である法正(ほうせい)や張松(ちょうしょう)らの協力で

益州に侵攻する事になります。

この益州侵攻の立役者は龐統(ほうとう)とされております。

もちろん彼が居なければ蜀を手に入れるのはかなり厳しかったと思います。

しかしもう一人立役者が居たのを皆さんご存知でしょうか

その名は霍峻(かくしゅん)です。

彼が居なければ三国は完成しなかったかもしれません。



劉表に仕える

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

霍峻の生まれは荊州です。父は劉表が荊州に来る前から

荊州の豪族として独立しておりましたが、

劉表が荊州の牧になった時、仕えます。

劉表は霍峻の父が亡くなると、霍峻に父の領土を継がせます。

こうして霍峻は劉表の部下として仕える事になります。




曹操に仕えず、逃亡中の劉備に仕える

劉備 曹操

 

霍峻は劉表の元で、地道に実績を上げていきます。

しかし劉表が亡くなり、息子の劉琮が跡を継ぐ事になります。

この時曹操が河北を統一し、荊州へ侵攻を開始します。

劉琮は曹操にビビッて降伏。

霍峻は劉琮と共に曹操に降伏せず、劉表の客将で曹操の追撃から逃走

している劉備の元へ身を寄せる事にします。

この時彼と共に劉備の元へ馳せ参じたのは、馬良(ばりょう)・馬謖(ばしょく)・伊籍(いせき)など荊州の

名士と呼ばれる人材が劉備の元に集まります。

 

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

関連記事:今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語

 

張魯を討つべく葭萌関へ

張魯 お宝

 

劉備は赤壁の戦いで孫権軍と連合し大勝利をおさめた後、

南荊州を領土に加えます。

その後劉璋から漢中で独立を保つ、張魯を討伐してほしいと協力要請が来ます。

劉備は快く劉璋の依頼を受け、漢中と益州の州境にある葭萌関へ出陣します。

霍峻もこの時劉備に従って葭萌関へ向かいます。

 

関連記事:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

 

実は蜀乗っ取りの為に、益州へ

 

劉備は劉璋家臣である法正と張松から「劉璋では蜀を保つことは難しいと思います。

ですので、劉備様に蜀を強奪していただきたい。」と誘います。

劉備は迷いますが、龐統や孔明から勧められ、蜀を強奪する決断をします。

劉備は蜀を乗っ取る際に警戒されないように

関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)・孔明(こうめい)などの人材を連れて行きませんでした。

こうして葭萌関に到着します。

 

劉備は益州へ侵攻。葭萌関の留守は霍峻

陸遜 劉備

 

劉備は葭萌関に着くと劉璋から宴を催されます。

この宴は100日間も続くことになります。

この宴が終わった後、劉備は葭萌関の留守を霍峻に任せ

突如益州へ攻撃を仕掛けます。

劉備は油断していた益州各地の都市を陥落させ、

順調に益州を攻略していきます。

しかし霍峻は危機に陥っていました。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認…
  2. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  3. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深…
  4. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  5. 連環の計って、どんな作戦?
  6. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  7. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  8. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?
  2. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  3. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  4. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  5. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  6. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想! キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選! 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人

おすすめ記事

  1. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  2. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  3. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介
  5. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  6. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  7. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  8. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP