呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!!

銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操




銅雀台記念パーティと曹操

 

三国志の覇者の地位を確立した魏の曹操(そうそう)には二人の護衛隊隊長がいました。

一人目は初代護衛隊長として曹操を守った典韋(てんい)

そして二人目は曹操が死ぬ時まで彼を守り抜いた許褚(きょちょ)です。

 

さて二人の隊長ですが、どちらも強いと思いますが、一体どちらが強いのでしょうか。

今夜は曹操護衛隊の隊長のナンバーワンを

典韋許褚の勝負形式でレンが勝手に決めたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)

関連記事:典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?

 

 

典韋vs許褚のナンバーワン対決【種目紹介】

典韋

典韋(てんい)

 

第一回黒田レン企画、曹操護衛隊隊長のナンバーワン対決!!

今回は初代護衛隊長・典韋と二代目護衛隊長・許褚のどちらが優れているのか

対決形式で決めてみたいと思います。

 

ここでは二人の対決種目を紹介しましょう。

一回戦目は力比べでどちらが優れているのか紹介。

二回戦目は曹操を守った貢献度で護衛隊長としてどちらが相応しいのか比べてみたいと思います。

 

そして三回戦目は護衛隊長として必要な強さ(武勇)を比べてみたいと思います。

この三回戦で勝ち星が多い方が曹操護衛隊隊長のナンバーワンとしたいと思います。

では早速始めましょう。

 

典韋「張り切っていくぜ!!」

許褚「んだ~。オイがナンバーワンだべさ!!」

 

 

【典韋vs許褚】ナンバーワン対決その1:力比べ

典韋

 

曹操護衛隊の隊長の典韋と許褚ですが、どちらが力が秀でているのか比べてみたいと思います。

典韋は曹操の配下になる前に張邈(ちょうばく)軍の司馬・趙寵に兵士として仕えていました。

典韋は趙寵の元で自分の力を見せるため、牙門と呼ばれる旗を片手で持ち上げます。

 

この旗は超絶に重く高く出来ており、牙門を掲げるときは何人かの兵士でやっとこさ持ち上がったそうです。

典韋以外の兵士がこの旗を持ち上げられませんでした。

この牙門の重さですが正史三国志には記されていませんが、

蒼天航路では牙門の旗の重さが500斤とされています

 

1斤を現在の重さに換算すると600グラム。

という事は牙門の旗が一つ500斤=300キロになります。

典韋が300キロの旗を片手で上げたのは流石にありえないと思いますが、

とてつもなく重いものを片手で持ち上げたと言うことがお分かりになったと思います。

しかし許褚も負けてはいません。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

牛を引っ張ってきた許褚

牛を引っ張ってきた許褚

 

許褚も典韋に負けない活躍をしています。

許褚はまるまる太った牛の尾を片手で掴んで牛を引っ張った逸話を持っています。

この時持った牛の重さも正史三国志には描かれていませんが、

ホルスタインと言われる牛は成長すると約600~700キロになるそうです。

 

三国時代にホルスタインと呼ばれる牛がいたかどうかわかりませんが、

許褚もとてつもなく重い物を片手で引っ張る事が出来るほどの力強い人物だった事が伺えると思います。

この対決は牙門の旗よりも重い牛を引っ張った許褚に軍配を上げたいと思います

許褚「んだ~!!まずは一勝だべ!!」

典韋「次は俺の勝ちが決まっているからな。最初の勝ちは譲ってやるよ」

 

【典韋vs許褚】ナンバーワン対決その2:曹操を守った貢献度

曹操を守った貢献度

 

【典韋vs許褚】ナンバーワン対決その2は曹操を守った貢献度対決です。

最初は典韋から行きましょう。

典韋と言えば張繍(ちょうしゅう)の奇襲攻撃から命をかけて曹操の身を守った実績が有名でしょう

 

典韋は張繍軍から奇襲を受けると数十人の部下と共に残り、何人もの敵をバタバタとなぎ倒していきます。

そして典韋は曹操が逃げる時間を稼ぎ着ることに成功し、自らは張繍軍の兵士に殺されてしまいます。

曹操を守った実績においては抜群の貢献度を誇っていると言っていいでしょう。

では次に許褚が曹操を守った貢献度の実績を紹介しましょう。

 

シックスセンスを働かせ曹操の身を守る!!

許褚

 

許褚と言えば馬超(ばちょう)軍の奇襲から曹操の身を守った実績が一番有名かもしれませんが、実はもっとすごい実績があったのをご存知ですか。

それは許褚がシックスセンスを働かせて曹操を暗殺者から守った事があったのです。

 

その出来事があったのが官渡戦の時です。

許褚は曹操の側にいて常に立って暗殺者からその身を守っていました。

しかし許褚も人間なので休みの日があります。

曹操を殺害しようと考えていた暗殺者は許褚の休みの日を狙って曹操暗殺を決行。

 

許褚はその日宿舎にいましたが、胸騒ぎがして曹操の元へ向かい、曹操の側に。

暗殺者は許褚が外出していると思い込んでいるため、曹操の幕舎に入ると許褚がいてびっくりしてしまいます。

許褚は暗殺者の顔が青ざめている様子を見て、すぐに暗殺者を殺害。

こうして曹操は暗殺されることなく許褚のシックスセンスに助けられることになるのでした。

 

二人共曹操を守った貢献度においては申し分ない実績を持っていますが、

ここはやっぱり自らの命を犠牲にして曹操を守った典韋に軍配を上げたいと思います

 

典韋「だろ!!勝つのはわかりきってんだ!!

次サクッと勝って俺がナンバーワンなのを思い知らせてやるぜ」

許褚「お腹すいただ~。そろそろご飯を食べさせてくんろ~」

場違いな発言をしている許褚さんを無視して、最後の対決に移りたいと思います。

 

【典韋vs許褚】ナンバーワン対決その3:武勇比べ

馬超

 

さて最後の戦いは武勇比べです。

今回は許褚の武勇エピソードを初めに紹介しましょう。

許褚は曹操の配下として加わると数々の戦に参加しますが、

張繍討伐戦では部下と一緒に五桁の数の敵兵士を斬り殺したそうです。

また許褚は馬超と曹操が会見した時、ひと睨みで馬超をビビらせた実績を持っています。

とんでもない強さを持った許褚ですが、典韋も負けていません。

 

呂布軍撤退のきっかけを作った武勇

 

典韋は曹操の配下として許褚と同じようにいくつもの戦を経験しています。

その中でも典韋は曹操を逃がすため、

部下と共に張繍軍の軍勢と戦った時はかなりの兵士達を一人で倒しています。

また典韋の武勇は兗州奪回戦の時にも発揮。

曹操は呂布(りょふ)に奪われた兗州を奪い返すため、何度も激しい戦いを繰り広げます。

 

ある戦いでは朝から始まった戦が曹操軍と呂布軍の実力が拮抗していたため、決着がつかないことがありました。

典韋は上記の戦に加わっており、曹操がこの戦に終止符をうつべく募集した決死隊に参加。

典韋は数十人の部下を引き連れて激戦地に投入されます。

 

そしてこの激戦地で典韋は大声を挙げて呂布軍へ突撃をかけ敵兵をバタバタとなぎ倒していきます。

呂布軍は典韋の鬼神の如き働きを見てビビってしまい、呂布も典韋の凄まじい強さをみて軍勢を撤退。

 

こうして曹操軍は典韋の働きによって呂布軍を退かせることに成功するのでした。

さて第三回戦は許褚、典韋両者共に凄まじい働きをしており、甲乙つけがたい実績を持っています。

そのためこの第三回戦はdrawにしたいと思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

さて黒田レン企画【曹操護衛隊隊長のナンバーワン対決!!】結果は・・・・。

引き分けとしたいと思います。

 

典韋「おい!!ふざけんなよ。勝手に企画して決着つけないなんてありか!!」

典韋が暴れ始めます。

しかし許褚は「腹一杯になったから元気になったぞ!!ん~おいは眠いから帰るぞ~」と言って帰る始末。

収拾がつかなくなると困るので今回はここでお開きにさせていただきます。

それではみなさん第二回対決の日までさようならよ~!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

関連記事:許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 後継者を決めた劉表 劉琦を劉表が後継者にしなかったから○○になった!?
  2. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?
  3. 実は頭がイイ賢い張飛 張飛はすごい神だった!関羽に劣らず張飛の神格化もスゴイ件!
  4. 司馬昭の質問に回答する劉禅 劉禅は有能だった?それとも暗愚であったの?劉禅を今一度考察してみ…
  5. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱 諸葛亮死後に相次いで起きた魏延と楊儀の死とは?
  6. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が…
  7. 司馬懿と曹操 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  8. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹にお茶を渡す顔良
  2. 馬良と孔明
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 三国志平話
  5. スキッパーキ犬
  6. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

おすすめ記事

  1. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア 曹操
  2. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2 正妃 卞夫人
  3. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕 張燕
  4. 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  5. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  6. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか 孫権 弔い出陣

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 朝まで三国志 劉備
  3. 部下をいじめる曹丕
  4. 兵士と禰衡
  5. 蜀の皇帝に即位した劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 病気がちな孔明
  2. 楽進
  3. 劉表死す
  4. 織田信長

おすすめ記事

キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気 三国志の女性 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの? 阿会喃(あかいなん)と孔明 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長が日本に与えた影響とは?南蛮から取り入れた文化や後世への影響 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの? 張飛と本多忠勝 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP