法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫堅から孫権はどんな所を受け継いでいたの?

海賊時代の孫堅と孫策




海賊時代の孫堅と孫策

 

孫堅(そんけん)には二人の素晴らしい息子孫策(そんさく)孫権(そんけん)がいました。

長男・孫策孫権の勇猛果敢で戦が強い所を受け継いで、江東を一気に席巻し、孫呉の基盤を作り上げた人物です。

では孫権ですが、父・孫堅のどんなところを受け継いだのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権

関連記事:なぜ孫権は暴君と化してしまったのか?

 

 

孫権は孫堅のどんな所を受け継いだのか

痛い目にあう孫権

 

孫権は父・孫堅に似ずあまり戦に強くなく、合肥の戦い(がっぴのたたかい)では何度も痛い目にあっています。

では孫権は父孫堅からからどんなところを受け継いだのでしょうか。

 

 

孫堅の決断力を政治力を受け継いだ孫権

呉の孫権は皇帝

 

孫権は父・孫堅から何を受け継いだのでしょうか。

それは決断力であったと思います。

父・孫堅は戦において迷わず決断を下しております。

 

例えば、孫堅が治めていた長沙の隣で賊徒の反乱が発生。その土地の太守は賊徒の攻撃を受けて危機的な状況に陥っていたため、孫堅へ助けてくれと要請を送ります。

孫堅は出陣の準備を整えていると側近からやめた方がいいとのアドバイスをもらいます。

しかし孫堅は「私は近隣に兵を入れたとの罪を得たとしても天下に恥じるところは何もない!!」とすぐに決断して援軍を自ら率いて出陣。

 

賊徒たちは孫堅軍がやってくることを知ると急いで逃亡し、孫堅の土地の隣の太守は命からが助かることが出来たそうです。

このように孫堅には決断力のある武将でした。

 

kawauso編集長
kawa註:孫堅の行動はどこが問題?

どうして孫堅の側近は隣の土地が賊の侵略でピンチなのに出兵を渋ったのでしょうか?

当時は群雄割拠の時代と違い、まだ漢王朝が機能していました。

出兵については、自分の領地で起きた反乱を鎮圧するのは

事後申告でも構わないのですが、自分の担当地を越えて

兵を出すには洛陽まで出兵許可を受けるのが普通だったのです。

これを無視すると謀反を疑われたので、孫堅の側近は、

出兵を渋ったのですが、孫堅は今にも隣国は賊に制圧されようとしているのに許可を待っておれるかと独自判断で

出兵してしまったのです。

 

孫権も父・孫堅のすぐれた決断力を受け継いだ人でした。

例えば、荊州を関羽から奪う時にその決断力を発揮しています。

孫権は当時劉備と同盟をしていましたが、荊州に駐屯していた関羽が荊州北部の曹操の領土へ向けて北上した事を知ると、迷わず劉備との同盟を破って、荊州へ出陣。

結果は皆さんが知っている通り、荊州を関羽の元から奪い取ることに成功し、孫呉の領土を拡大しています。

孫権に決断力が無ければ、荊州を奪い取るチャンスを失っていたかもしれません。

このことからもわかるように孫堅の決断力を孫権が受け継いだと言えるのではないのでしょうか。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

孫堅の人物観察眼と政治力を受け継いだ孫権

魏延の謀反を察する孫権

 

孫堅は有能な人材をすぐに登用して活用し、領土である長沙の統治に活用することで優れた政治力を発揮していました。

孫権もこの孫堅のいい所を受け継いでおり、有能な人材を次々と登用しています。

例えば諸葛瑾(しょかつきん)歩隲(ほしつ)など在野で有能な人材であれば、すぐに登用しています。

また他人が推挙してきた人物でも有能であれば、すぐに採用して配下に加えています。

 

そして孫権はただ優秀な人材を配下に加えるだけでなく、彼ら有能な人材を適材適所に配置していき、孫呉の領土経営を行う地位へと抜擢し、土地の政治を任せていきます。孫権は文官だけでなく武官もすぐれた人材を見つければすぐに登用して抜擢。

 

孫権に抜擢された武官の中には甘寧(かんねい)潘璋(はんしょう)など多くの武将達を見出しています。

このように孫権は父・孫堅の政治力と有能な人物を登用することのできる人物観察眼を受け継いだと言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志ライター黒田レン

 

兄であった孫策は「江東の軍勢を率いて戦において決断を下して敵兵を打ち破る能力においては俺の方が上だろう。しかし優れた人材をうまく使ったり、優れた人材を見つけ出して登用する点や江東の勢力を保全していく能力は、君の方が勝っている。」と孫権の能力の秀でている所を述べております。

 

孫策が言った通り、孫権は父・孫堅から勇猛果敢で戦が上手い才能を受け継ぎませんでした。

しかし孫堅の政治力や決断力、人物を見抜く観察眼、優れた人材を登用して適材適所に配置していく能力など多くの才能を受け継いで江東を安定に統治しています。

これらの能力を孫権が孫堅から受け継いだからこそ、三国志の三国の中で一番長い王朝を作り上げることが出来たのではないのでしょうか。

 

■参考文献 三国志 素顔の英雄たち等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権が暴露!蜀は孔明の国だった

関連記事:【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった?

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  2. キレる劉備になだめる黄権 夷陵の戦いの最大の敗因はどこにあった?もう一度夷陵の戦いを振り返…
  3. 後宮にいる美女の階級事情 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  4. 趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?
  5. 玉璽 三国志 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  6. 陸遜 「陸遜のことが大好き!」な人々がなぜこんなに多いの?最近のイケメ…
  7. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  8. 王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 徐晃と許チョ
  3. 周瑜と孫策
  4. 孔明
  5. 蜀の馬超
  6. 魏延と孔明

おすすめ記事

  1. 【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦い? 上杉謙信
  2. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介 夏侯淵
  3. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲 董卓
  4. 孫尚香はどちらがかわいい?アニメそれとも三国志?
  5. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第15部 年を取った司馬懿

三國志雑学

  1. 曹植
  2. 五虎大将軍の趙雲
  3. 三国志ライター よかミカンさん
  4. 呂布
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. 孔明
  3. 龐統
  4. キングダム53巻
  5. 王賁
  6. 岳雲

おすすめ記事

陸遜 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の特技とは?プロ顔並みの3つの特技を分かりやすく解説 キングダム54巻amazon キングダム599話最新ネタバレ「右翼の風向き」レビュー 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年10月22日〜27日) 張遼・楽進・李典 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進 張遼・楽進・李典 于禁と張遼の相性はイマイチ?2人の絶妙な関係を深堀りしてみる 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP