キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

悲報!郭嘉にブサセン疑惑




郭嘉

 

本日は、美人の方にとっては悲しい記事、中身で勝負される方には朗報かもしれません。

若くして亡くなった魏のスーパー軍師・郭嘉(かくか)さまに、なんとブサセン疑惑が!

ただし、今回の記事のデータソースは、はじめての三国志のマスコットキャット・黒田レン氏の歴史好きのお友達からの伝聞で、

確定情報ではありませんので、郭嘉ファンの美女の方もまだがっかりしなくて大丈夫です!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?

関連記事:諸葛亮、周瑜、郭嘉…誰がお好み?ときめき軍師メモリアル

 

 

黒田レン氏のお友達からの情報

三国志ライター黒田レン

 

黒田レン氏のお友達からの情報は、この過去記事にあります↓

 

郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!???

 

「?」が三つもついていますね!

この記事によれば、郭嘉のお嫁さんが誰なのか知りたいと思った黒田氏はいろいろ調べたものの、有力情報が得られず、

歴史好きのお友達に相談したそうです。

すると、南陽の(ほう)氏という人が郭嘉の奥さんであるという情報が得られたそうです。

ただし、そのお友達もどこでその情報を得たかは忘れてしまったそうです。

 

郭嘉ファン美女の方は、「そのお友達が幻を見たんじゃないかしら」と思っておけば大丈夫です!

(レンさんのお友達さん、ごめんなさい!)

 

 

ブサイク情報はどこに?

郭嘉の嫁のシルエット

 

黒田氏の記事では、南陽の龐氏という名前はでてきましたが、ブサイク情報はありません。

 

中国版ウィキペディアのような「百度百科」で(中国版ウィキペディアはちゃんとあります。維基百科)「龐姓」を調べてみると、

龐という姓のルーツは陝西省、襄陽、青海省、モンゴルにあるようです。

陝西省、青海省、モンゴルの三カ所は、龐氏がいたという南陽から遠いので、龐氏は襄陽系でしょう。

ところで、襄陽出身の龐姓の有名人といえば、ブサイクキャラとして知られる龐統(ほうとう)ではありませんか!?

蒼天航路ではハンサムでしたが……)

 

【読者アンケートのお願い】
読者アンケートの願い

 

龐統の見た目

龐統の見た目

 

龐姓のルーツはさておき、南陽と襄陽は地理的に近いので、一族である可能性は高いでしょう。

さて、龐統の見た目ですが、正史三国志の龐統伝には次のようにあります。

 

少時樸鈍、未有識者。

(少(わか)き時 樸鈍(ぼくどん)、いまだ識(し)る者あらず)

 

「樸」は、かざりけがない、地味、質素、というような意味です。

この部分、ちくま学芸文庫の『正史三国志5蜀書』井波律子(いなみりつこ)訳では、

若いころ地味でもっさりしていたので、まだ評価する者がなかった」となっています。

 

龐統=地味でもっさり、と記憶されている方が大勢いらっしゃるのではないかと思います。

まあとにかく、よほどパッとしない見た目だったのでしょう。

歴史書にわざわざ「樸鈍」って書かれるということは、よっぽどですよ!

 

郭嘉のお嫁さんが龐統とそっくりだったとしたら……

黄月英

 

近くに住んでいるおんなじ名字の人だというだけで、容姿が似通っているとは限りません。

龐統自身からして、立派そうに見える見せ方を知らなかっただけでブサイクではなかったかもしれません。

 

しかし、あえて想像してみましょう。

龐統がとってもブサイクで、郭嘉のお嫁さんも龐統そっくりの見た目だったとしたら……

ちょっといい話だと思いませんか?

郭嘉が、見た目がムムムな奥さんをものすごーく大事にしてちやほやしてるところを想像すると、

すごくいい絵だな、って思います。

女性も男性も、見た目(だけ)じゃありませんよ!

 

郭嘉がそういう奥さんを選んだとしたら、きっと他によほどいいところがある素敵な方だったのではないでしょうか。

これいい話だと思うので、そういうことにしときませんか?

(あ、郭嘉ファンの美女の方はそんなわけないと思っといて下さい)

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

仮に奥さんがブサイクであったとしても、必ずしもブサセンであったとは限りませんが。

諸葛亮(しょかつりょう)の奥さんも見た目はムムムだったという話がありますね。

賢い人は、人を中身で評価する傾向があるのかも……。

傾向を語るには、サンプル数が少なすぎますね。

 

諸葛亮の奥さんはブサイク(正史三国志諸葛亮伝の注に引用されている『襄陽記』)、郭嘉の奥さんもブサイク(根拠なし)。

周瑜(しゅうゆ)は他人が楽器を弾き間違えると目くじらをたてる変わった人(正史三国志周瑜伝)。

そして荀彧(じゅんいく)は、彼のいた場所は三日経ってもニオイが残るほどお香のニオイがきつすぎる人

(藝文類集(げいもんるいじゅう)に引用されている『襄陽記』)。

 

こうやって、三国の軍師キャラに変なキャラクター付けをしながら遊んでいると、絵的に面白いなーって思います。

郭嘉の奥さんの容姿については根も葉もない妄想ですけれども!

 

• Googleで「南阳 郭嘉 庞氏」で検索すると、中国版yahoo!知恵袋のような「百度知道」で龐氏のことが出てきました。

出典は『志林』だが信憑性は高くない、とありました。

『志林』と略されるような本はたくさんありそうですよね。

どの志林ですのんw って感じです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】

関連記事:郭嘉と法正って似ている所あったの?

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?
  3. 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介
  4. 玄宗皇帝 杜牧が詠ったIF三国志「もしも曹操が赤壁で勝ったら」
  5. もう見てられない!王朗と諸葛亮の舌戦が学芸会レベル
  6. 撃剣を使う曹丕 宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期…
  7. ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした…
  8. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 兵士と禰衡
  2. 張遼 カカロットーーーー!
  3. 徳川家定
  4. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

おすすめ記事

  1. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  2. これぞ理想の主君!呂蒙の才を更に伸ばした孫権 呂蒙を慰める孫権
  3. 第12話:袁術くん「傾聴」を孫堅から学ぶ 袁術
  4. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  5. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  6. これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん
  2. 大政奉還した徳川慶喜
  3. 孫権 劉備 対立

おすすめ記事

中岡慎太郎の陸援隊とはどんな組織? 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進 勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは? 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏 橋本左内には写真が存在するの? 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 武田観柳斎とはどんな人?武田観柳祭から読み取る新選組の武田観柳斎 魏の曹操孟徳 曹操は漢の忠臣?それとも奸臣? 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP