諸葛亮の奥さん(黄夫人)は本当に醜女だったの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

黄夫人

 

蜀の忠臣・諸葛亮(しょかつりょう)の奥さん、黄夫人(こうふじん)

正史三国志諸葛亮伝の注釈に引用されている『襄陽記』では、実父の黄承彦(こうしょうげん)が彼女のことを「醜女」だと言っています。

このことから諸葛亮の奥さんブス説が定着しておりますが、はたして彼女は本当に醜女だったのでしょうか。

 

※本文中「ブス」という言葉が多用されておりますが、

「整ってはいないが親しみやすいかわいらしい見た目」を表す用語としてご理解下さい。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性

関連記事:三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?


 

『襄陽記』の記述

黄夫人

 

黄夫人ブス説の根拠となっている『襄陽記』の記述をみてみましょう。

 

黄承彦は気高く爽やかで開朗な沔南の名士である。諸葛孔明(しょかつこうめい)(諸葛亮)にこう言った。

「君、婚活中なんだってね。うちにブサイクな娘がいて、髪は黄色く色黒なんだが、

才知のほうは君とお似合いだ」

孔明が縁談を受け入れると、黄承彦はさっそく娘を車に乗せて送り込んだ。

当時の人々はこれを笑いものにして、郷里ではこんなことわざができた。

「孔明の嫁とりをまねするな、阿承のブス娘をつかむことになるぞ」

 

黄承彦のせりふは

「君 婦を択ぶと聞く。身に醜女あり。黃頭黒色、而れども才は相配するに耐う」

地元のことわざは「孔明の婦を択ぶを作すなかれ、正に阿承の醜女を得べし」です。

“醜女をつかむなんて、孔明ったらw”っていう面白エピソードですね。

 


 

真相は藪の中

黄夫人

 

地元の人たちが「阿承の醜女」と言っているんだから、やっぱりブスなんでしょ、と思いがちですが、真相は誰にも分からないと思います。

諸葛亮は仕官前でもいっぱしの名士でしたので、奥さんを軽々しく人目にさらさないだろうからです。

 

深窓の令嬢のような状態で、目撃情報は期待できません。

彼女の身近な人は容貌を知っていたはずですが、もしブスだったら身近な人はそんな秘密をペラペラと他人に話すはずはありませんし、

ブスじゃなかったとしたら「本当はブスじゃないよー」と身近な人が言っても、それを聞いた他人は ”この人は身内だから身びいきしているだけだろ

う”と疑って面白いブス説のほうを信じたがるでしょう。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

黄夫人ブス説が流行する理由

諸葛亮孔明

諸葛亮

 

後世の人たちからすれば、忠臣で名宰相のスーパーマン諸葛亮に《しかし、そんな彼にもたった一つ残念な点が……それは、奥さんが超絶ブスだった!》という味付けができるとオイシイので、黄夫人ブス説は残したいですよね。

 

同時代の人たちは、黄承彦の人脈に目がくらんで嫁選びで妥協するなんてセコい奴、という軽蔑の意味もあって、ことわざにまでしたかもしれません。

諸葛亮は、当時住んでいた荊州ではよそ者であったので、荊州牧(長官)の劉表(りゅうひょう)や荊州政権での有力者・蔡瑁(さいぼう)と姻戚関係にある

地元の名士・黄承彦の人脈は、諸葛亮の存在感を増すためにはいい材料だったはずです。


 

「醜女」と言ったのは親の謙遜かも

諸葛亮孔明と黄月英

 

黄夫人ブス説の根拠は、『襄陽記』にある黄承彦のせりふ「身に醜女あり。黃頭黒色」だけです。

これは、普通に考えて、親が謙遜して自分の娘のことを悪く言っただけなのではないでしょうか。

例えば、自分の息子のことを言う時のへりくだった表現で「豚児」という言い方がありますが、これはべつに本当に豚のような息子なわけではなく

謙遜しているだけです。

 

もう一つの考え方としては、お婿さん候補にわざと娘のこを悪く言っておいて、実際に会ったら“あれっ、案外美人じゃない?”

って喜んでもらえるようにしたのではないでしょうか。

 

最初から「家に才色兼備の娘がいて」なんて言ってしまうと、会いもしないうちから期待度MAX。実物が想像通りの美人でも喜びは少なく、

想像していたよりも美人じゃなかったらがっかりです。

 

「醜女」と言って期待値を低くしておけば、会ってからがっかりされることはありません。

ブス発言は、娘の幸せを願う親心だったかもしれませんよ

 

さらにうがった見方をすれば、人を中身で評価できる人物かどうか諸葛亮を試そうとしたとか、ブスと結婚してまで俺の人脈とつながる覚悟はあるのか

と問うたとか、いろいろ考えられます。


  

 

ブスだから焦って嫁に出した?

陳平

 

しかし私は見つけてしまいました。黄夫人がやっぱりブスだったかもしれないと思う材料を……。

それは先ほど書き出した『襄陽記』の記述にある「黄承彦はさっそく娘を車に乗せて送り込んだ」という一文です。

 

中国の結婚って、ふつう新郎側が乗り物を用意して、新婦の家にお嫁さんを迎えにきませんかね。

正史三国志武帝(ぶてい)紀の注釈に引かれている『献帝(けんてい)起居注』では、献帝が曹操(そうそう)の娘を娶る時に献帝側から使者を出して彼女を迎えに行かせています。

しかるに、黄承彦は、諸葛亮からOKの返事を聞くやいなや、自分のほうから車を出して娘を諸葛亮のところに送り込んでいます。

(原文に「即(すなわち)」とあるから急いでるっぽい)

そんなに慌てて嫁に出したということは、やっぱりブスで、相手の気が変わらないうちに早く結婚させてしまおうと考えたのかも……。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

真相はどうであれ、面白いお話には違いありませんね。

ブスだと言われていたけど本当は美人だったというのもよし、本当にブスだったけれども諸葛亮は人を中身で評価するナイスガイだというのもよし。

人様の奥方がどんな容貌だったかあれこれ想像するのは失礼ですが、そんな想像をしたくなるほどに諸葛亮は人気者だということで、ご本人方にも

失礼を許してもらいたいと思います!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

関連記事

  1. 法正
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 曹操と機密保持
  5. 的蘆に乗って逃げる劉備
  6. 王平は四龍将

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP