コメント機能リリース
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の奥さん(黄夫人)は本当に醜女だったの?

黄月英




黄夫人

 

蜀の忠臣・諸葛亮(しょかつりょう)の奥さん、黄夫人(こうふじん)

正史三国志諸葛亮伝の注釈に引用されている『襄陽記』では、実父の黄承彦(こうしょうげん)が彼女のことを「醜女」だと言っています。

このことから諸葛亮の奥さんブス説が定着しておりますが、はたして彼女は本当に醜女だったのでしょうか。

 

※本文中「ブス」という言葉が多用されておりますが、

「整ってはいないが親しみやすいかわいらしい見た目」を表す用語としてご理解下さい。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性

関連記事:三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?

 

 

『襄陽記』の記述

黄夫人

 

黄夫人ブス説の根拠となっている『襄陽記』の記述をみてみましょう。

 

黄承彦は気高く爽やかで開朗な沔南の名士である。諸葛孔明(しょかつこうめい)(諸葛亮)にこう言った。

「君、婚活中なんだってね。うちにブサイクな娘がいて、髪は黄色く色黒なんだが、

才知のほうは君とお似合いだ」

孔明が縁談を受け入れると、黄承彦はさっそく娘を車に乗せて送り込んだ。

当時の人々はこれを笑いものにして、郷里ではこんなことわざができた。

孔明の嫁とりをまねするな、阿承のブス娘をつかむことになるぞ」

 

黄承彦のせりふは

「君 婦を択ぶと聞く。身に醜女あり。黃頭黒色、而れども才は相配するに耐う」

地元のことわざは「孔明の婦を択ぶを作すなかれ、正に阿承の醜女を得べし」です。

“醜女をつかむなんて、孔明ったらw”っていう面白エピソードですね。

 

 

真相は藪の中

黄夫人

 

地元の人たちが「阿承の醜女」と言っているんだから、やっぱりブスなんでしょ、と思いがちですが、真相は誰にも分からないと思います。

諸葛亮は仕官前でもいっぱしの名士でしたので、奥さんを軽々しく人目にさらさないだろうからです。

 

深窓の令嬢のような状態で、目撃情報は期待できません。

彼女の身近な人は容貌を知っていたはずですが、もしブスだったら身近な人はそんな秘密をペラペラと他人に話すはずはありませんし、

ブスじゃなかったとしたら「本当はブスじゃないよー」と身近な人が言っても、それを聞いた他人は ”この人は身内だから身びいきしているだけだろ

う”と疑って面白いブス説のほうを信じたがるでしょう。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

黄夫人ブス説が流行する理由

諸葛亮孔明

諸葛亮

 

後世の人たちからすれば、忠臣で名宰相のスーパーマン諸葛亮に《しかし、そんな彼にもたった一つ残念な点が……それは、奥さんが超絶ブスだった!》という味付けができるとオイシイので、黄夫人ブス説は残したいですよね。

 

同時代の人たちは、黄承彦の人脈に目がくらんで嫁選びで妥協するなんてセコい奴、という軽蔑の意味もあって、ことわざにまでしたかもしれません。

諸葛亮は、当時住んでいた荊州ではよそ者であったので、荊州牧(長官)の劉表(りゅうひょう)や荊州政権での有力者・蔡瑁(さいぼう)と姻戚関係にある

地元の名士・黄承彦の人脈は、諸葛亮の存在感を増すためにはいい材料だったはずです。

 

「醜女」と言ったのは親の謙遜かも

諸葛亮孔明と黄月英

 

黄夫人ブス説の根拠は、『襄陽記』にある黄承彦のせりふ「身に醜女あり。黃頭黒色」だけです。

これは、普通に考えて、親が謙遜して自分の娘のことを悪く言っただけなのではないでしょうか。

例えば、自分の息子のことを言う時のへりくだった表現で「豚児」という言い方がありますが、これはべつに本当に豚のような息子なわけではなく

謙遜しているだけです。

 

もう一つの考え方としては、お婿さん候補にわざと娘のこを悪く言っておいて、実際に会ったら“あれっ、案外美人じゃない?”

って喜んでもらえるようにしたのではないでしょうか。

 

最初から「家に才色兼備の娘がいて」なんて言ってしまうと、会いもしないうちから期待度MAX。実物が想像通りの美人でも喜びは少なく、

想像していたよりも美人じゃなかったらがっかりです。

 

「醜女」と言って期待値を低くしておけば、会ってからがっかりされることはありません。

ブス発言は、娘の幸せを願う親心だったかもしれませんよ

 

さらにうがった見方をすれば、人を中身で評価できる人物かどうか諸葛亮を試そうとしたとか、ブスと結婚してまで俺の人脈とつながる覚悟はあるのか

と問うたとか、いろいろ考えられます。

 

ブスだから焦って嫁に出した?

陳平

 

しかし私は見つけてしまいました。黄夫人がやっぱりブスだったかもしれないと思う材料を……。

それは先ほど書き出した『襄陽記』の記述にある「黄承彦はさっそく娘を車に乗せて送り込んだ」という一文です。

 

中国の結婚って、ふつう新郎側が乗り物を用意して、新婦の家にお嫁さんを迎えにきませんかね。

正史三国志武帝(ぶてい)紀の注釈に引かれている『献帝(けんてい)起居注』では、献帝曹操(そうそう)の娘を娶る時に献帝側から使者を出して彼女を迎えに行かせています。

しかるに、黄承彦は、諸葛亮からOKの返事を聞くやいなや、自分のほうから車を出して娘を諸葛亮のところに送り込んでいます。

(原文に「即(すなわち)」とあるから急いでるっぽい)

そんなに慌てて嫁に出したということは、やっぱりブスで、相手の気が変わらないうちに早く結婚させてしまおうと考えたのかも……。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

真相はどうであれ、面白いお話には違いありませんね。

ブスだと言われていたけど本当は美人だったというのもよし、本当にブスだったけれども諸葛亮は人を中身で評価するナイスガイだというのもよし。

人様の奥方がどんな容貌だったかあれこれ想像するのは失礼ですが、そんな想像をしたくなるほどに諸葛亮は人気者だということで、ご本人方にも

失礼を許してもらいたいと思います!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 姜維、孔明 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!
  2. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  3. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった…
  4. 孔明 司馬懿 名前はどこで 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?
  5. 諸葛一族 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  6. 孔明VS曹操 そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説
  7. 孔融 孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛
  8. 孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 小松帯刀
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  4. 五虎大将軍の馬超
  5. 陸遜
  6. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  7. 艶麗な楊端和
  8. 関羽と周倉

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  2. 楊端和は実在するの?本当に山の民?キングダムで大人気の楊端和の素性 キングダム52巻
  3. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 呉の孫堅
  4. 関羽がもらった爵位「漢寿亭侯」の深イイ話 関羽が好きすぎる曹操
  5. 樊城の戦いで活躍した満寵!稀代の孫呉キラーになった満寵を知っておこう 合肥の戦いの満寵
  6. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家 魯粛、孫権、張昭

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 孔子と儒教
  3. 蜀の姜維
  4. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 道具を輸送する民人
  3. 劉禅
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 周瑜
  6. 荀彧

おすすめ記事

【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!? 西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業? 唐周(とうしゅう) 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの? 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】 ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ 2つの持論を展開する費禕 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介! 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事 袁紹(はじめての三国志) 月刊はじめての三国志2019年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP