キングダム
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった?




蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

蜀の五虎将軍の一人で勇猛果敢な将軍として知られる馬超(ばちょう)

彼はもともと劉備(りゅうび)の配下として付き従っていたわけではなく、

劉備が益州を制圧する寸前に仲間に加わった、

劉備陣営において比較的新しい人物です。

 

そんな馬超ですが、

実は漢民族ではなかったのをみなさんご存知でしたでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】

関連記事:馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話

 

 

馬超漢民族ではなかった

五虎大将軍の馬超

 

馬超は漢民族ではありませんでした。

では一体何族だったのでしょうか。

 

実は馬超は漢民族ではなく、

羌族の血が混じっているクォーターだったのです

ではいつごろから馬超の血には羌族の血が混じることになったのでしょうか。

 

 

馬超のじいちゃんの時代に羌族と結婚

馬超と羊

 

馬超は後漢王朝で名将として活躍した馬援(ばえん)の子孫です。

馬援や馬援の息子、

孫の時代は羌族と結婚することなく、

純粋な漢民族として暮らしていました。

ではいつごろから馬家に羌族の血が混じったのか。

 

それは馬超のおじいちゃんの時代からです。

馬超のおじいちゃんの名前は馬子碩(ばしせき)と言います。

馬子碩は天水群の蘭干県と呼ばれる尉に任命され、

この地で役人としての仕事にいそしんでいました。

 

しかし馬子碩はある時

何かのミスもしくは事件に巻き込まれてしまい官職を失ってしまいます。

その後馬子碩は涼州から離れて羌族が住む村へ移住し、

その地で暮らすことになります。

 

馬子碩は羌族の村で過ごすうちに村の娘と結婚。

そしてこの地で生まれた男子が馬超の父親として知られる馬騰(ばとう)でした

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

クォーター・馬超はバカにされなかったのか。

蜀の馬超

 

クォーターとして誕生した馬超ですが、

漢民族の人々からバカにされなかったのでしょうか。

力を持っていた馬騰の息子であったことから

バカにされることなく成長していったのではないのでしょうか。

 

また馬超はクォーターであったからこそ有利な点がいくつかありました。

ではクォーターであった馬超の有利な点とはいったい何なのでしょうか。

 

クォーターであった馬超の有利な点とは

蜀 武運を誇る馬超

 

クォーターであった馬超の有利な点とはいったい何なのでしょうか。

それは異民族と仲良くなれた点だと思います。

 

馬超は武勇に優れた武将で異民族討伐を何度も行い勝利を何度も収めてきました。

そのため異民族から恐れられて尊敬されていたとも思いますが、

異民族が討伐されたからとの理由だけで馬超を尊敬したのでしょうか。

レンは違うと思います。

ではどうして馬超は尊敬されることになったのか。

 

それは彼がクォーターだったからではないのでしょうか

 

当時の異民族は強いものに付き従う傾向が強くあったそうですが、

それは同族の中での話であり、

他民族であった場合尊敬を得ることなどできず、

敵対心もしくは恐怖心ばかり募らせてしまい尊敬を得ることは難しいと思われます。

 

しかし馬超は羌族の血を持っているクォーターであり、

異民族と同族といえる人物です。

そのため馬超が強くかつ同族の血も混じっている人物であればこそ、

異民族から(特に姜族から人望を集めることが)できたのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は馬超が異民族であったことをお話しさせていただきました。

蜀は魏と違い馬超をはじめ、

他民族出身の武将が出世しやすい国家といえると思います。

 

馬超は五虎将軍として蜀の重鎮になっていますし、

他にも孟獲(もうかく)なども南蛮を治めている蜀の将軍で、

この人ももちろん漢民族出身の武将ではありません。

 

また王平(おうへい)も異民族出身の武将として初めは魏に仕えていましたが、

後に蜀へ降伏して活躍しています。

このように蜀には多くの民族が参加した多民族国家といえる国であり、

現代の日本にチョコット似ているのではないのでしょうか。

 

参考文献 【正史三国志蜀書】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ

関連記事:韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  2. 法正 法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦…
  3. 陸遜 徐盛の意見に陸遜はどうして賛成しなかったの?劉備を討ち取らなかっ…
  4. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  5. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。…
  6. 劉備 結婚 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  7. 五斗米道の教祖・張魯 張魯が漢中を占拠できたのは母のおかげだった?
  8. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? 殷の大様002
  3. キングダム567話「明日の太陽」ネタバレ&レビュー
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】
  5. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった
  6. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3)

三國志雑学

  1. 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 三国志の女性
  3. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜に憧れる袁術
  2. 馬超と韓遂

おすすめ記事

後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】 そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR) 呉の勢力を率いる孫策 孫策が生きていたら三国志はどうなったの? 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士 劉邦をなだめる陳平と張良 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 騎馬兵 騎馬軍団 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP