ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった?

馬超の兜にフォーカス


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

蜀の五虎将軍の一人で勇猛果敢な将軍として知られる馬超(ばちょう)

彼はもともと劉備(りゅうび)の配下として付き従っていたわけではなく、

劉備が益州を制圧する寸前に仲間に加わった、

劉備陣営において比較的新しい人物です。

 

そんな馬超ですが、

実は漢民族ではなかったのをみなさんご存知でしたでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】

関連記事:馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話

 


 

馬超漢民族ではなかった

五虎大将軍の馬超

 

馬超は漢民族ではありませんでした。

では一体何族だったのでしょうか。

 

実は馬超は漢民族ではなく、

羌族の血が混じっているクォーターだったのです

ではいつごろから馬超の血には羌族の血が混じることになったのでしょうか。

 


 

馬超のじいちゃんの時代に羌族と結婚

馬超と羊

 

馬超は後漢王朝で名将として活躍した馬援(ばえん)の子孫です。

馬援や馬援の息子、

孫の時代は羌族と結婚することなく、

純粋な漢民族として暮らしていました。

ではいつごろから馬家に羌族の血が混じったのか。

 

それは馬超のおじいちゃんの時代からです。

馬超のおじいちゃんの名前は馬子碩(ばしせき)と言います。

馬子碩は天水群の蘭干県と呼ばれる尉に任命され、

この地で役人としての仕事にいそしんでいました。

 

しかし馬子碩はある時

何かのミスもしくは事件に巻き込まれてしまい官職を失ってしまいます。

その後馬子碩は涼州から離れて羌族が住む村へ移住し、

その地で暮らすことになります。

 

馬子碩は羌族の村で過ごすうちに村の娘と結婚。

そしてこの地で生まれた男子が馬超の父親として知られる馬騰(ばとう)でした

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

クォーター・馬超はバカにされなかったのか。

蜀の馬超

 

クォーターとして誕生した馬超ですが、

漢民族の人々からバカにされなかったのでしょうか。

力を持っていた馬騰の息子であったことから

バカにされることなく成長していったのではないのでしょうか。

 

また馬超はクォーターであったからこそ有利な点がいくつかありました。

ではクォーターであった馬超の有利な点とはいったい何なのでしょうか。


 

クォーターであった馬超の有利な点とは

蜀 武運を誇る馬超

 

クォーターであった馬超の有利な点とはいったい何なのでしょうか。

それは異民族と仲良くなれた点だと思います。

 

馬超は武勇に優れた武将で異民族討伐を何度も行い勝利を何度も収めてきました。

そのため異民族から恐れられて尊敬されていたとも思いますが、

異民族が討伐されたからとの理由だけで馬超を尊敬したのでしょうか。

レンは違うと思います。

ではどうして馬超は尊敬されることになったのか。

 

それは彼がクォーターだったからではないのでしょうか

 

当時の異民族は強いものに付き従う傾向が強くあったそうですが、

それは同族の中での話であり、

他民族であった場合尊敬を得ることなどできず、

敵対心もしくは恐怖心ばかり募らせてしまい尊敬を得ることは難しいと思われます。

 

しかし馬超は羌族の血を持っているクォーターであり、

異民族と同族といえる人物です。

そのため馬超が強くかつ同族の血も混じっている人物であればこそ、

異民族から(特に姜族から人望を集めることが)できたのではないのでしょうか。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は馬超が異民族であったことをお話しさせていただきました。

蜀は魏と違い馬超をはじめ、

他民族出身の武将が出世しやすい国家といえると思います。

 

馬超は五虎将軍として蜀の重鎮になっていますし、

他にも孟獲(もうかく)なども南蛮を治めている蜀の将軍で、

この人ももちろん漢民族出身の武将ではありません。

 

また王平(おうへい)も異民族出身の武将として初めは魏に仕えていましたが、

後に蜀へ降伏して活躍しています。

このように蜀には多くの民族が参加した多民族国家といえる国であり、

現代の日本にチョコット似ているのではないのでしょうか。

 

参考文献 【正史三国志蜀書】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ

関連記事:韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 車に乗る諸葛亮 演義で諸葛亮が分身の術を使っている!
  2. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱 諸葛亮死後に相次いで起きた魏延と楊儀の死とは?
  3. 龐統 龐統の逸話とは?劉備の益州攻めに隠された逸話
  4. 張遼・楽進・李典 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  5. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  6. 甘寧と凌統と呂蒙 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙…
  7. 山頂に陣を敷いた馬謖 戦犯・馬謖!もしも街亭の戦いをラーメン店に例えたらこうなりました…
  8. 張飛と本多忠勝 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪
  2. 劉備と曹操
  3. 劉備
  4. 司馬遷(しばせん)
  5. 蒋琬と姜維と王平
  6. 夏侯覇の妻は誰?
  7. 武田二十四将(馬場信春)をメイン

おすすめ記事

  1. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説 邪馬台国と魏軍の兵士
  2. キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー キングダム53巻
  3. 蒼天航路の甘寧は奇襲攻撃の達成率が圧倒的にスゴイ件 蒼天航路
  4. 酒癖の悪さから失敗を起こす張飛は三国志演義の創作だった? 張飛にお酒はだめだよ
  5. 【告知】Youtubeとtwitterのヘッダー看板リニューアルのお知らせ
  6. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 「魏」の旗を持った兵士

三國志雑学

  1. 関羽と関索
  2. 呉懿と魏延
  3. 于禁、曹操、青州兵
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 藤原京
  2. 夏侯惇
  3. 司馬朗と曹操
  4. 魏を破る朱然
  5. 黄権
  6. 曹丕
  7. キングダム52巻

おすすめ記事

周倉とホウ徳 周倉の武力はいかほどのものだったのか?魏・呉・蜀の大物を掻き回した能力に迫る 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人 魯粛と袁術 レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見! 孫権 魏延が仕えなかった孫権ってどんな性格をしていたの? 清洲会議(きよすかいぎ)って何なの?実は天下統一への重要局面を会議していた! 畠山義就 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは 天下三分の計 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP