馬超と性格が激しい涼州人が力いっぱい衝突し地獄絵図になってしまった顛末を解説

2022年6月4日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀 武運を誇る馬超

 

三国志(さんごくし)の登場人物の一人、馬超(ばちょう)三国志演義(さんごくしえんぎ)では父思い、家族思いの正義の人で、曹操(そうそう)に家族を殺されて落ちに落ち延びてやっと劉備(りゅうび)に迎え入れられるのですが……正史では、そんな彼とはまた違う、馬超の姿をみることができます。

 

曹操を追い詰めた馬超

 

こちらもこちらで突き抜けた暴れっぷりが凄いのですが、馬超から始まる涼州軍閥(りょうしゅうぐんばつ)との争いの結末は、悲劇そのもの。今回はこちらを紹介させて頂きます。

 

 

 

 

馬超が曹操の漢中侵略にざわつく

五虎大将軍の馬超

 

始まりはいつも馬超から。まずは勅使(ちょくし)を受けて馬超の父、馬騰(ばとう)が入朝。この後に馬騰の軍は長男の馬超に引き継がれますが……これが後の引き金になります。

 

五斗米道の教祖・張魯

 

曹操が張魯(ちょうろ)と戦うことを決めると、馬超は疑心暗鬼に。

 

次に攻撃されるのは自分たちでは?

もうそうなる前にこっちから反乱を起こすべきでは?

やるなら今だ!(そうじゃない)

 

関連記事:【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?

関連記事:3196名に聞きました!関中軍閥最強は?大調査!

 

はじめての三国志Youtube漫画

 

 

 

韓遂を味方につけるも反乱は失敗し一族皆殺し

馬超と韓遂

 

ここで馬超は韓遂(かんすい)を仲間に引き入れ、曹操に反乱を起こします。有名な潼関(どうかん)の戦いであり、馬超、韓遂の連合軍は曹操を何度も苦しめることになりました。しかし(きょ)チョの抜群の武働き、そして我らが()ク先生の離間(りかん)の計によって馬超らは大敗。

 

処刑を下す曹操

 

ここで馬超は開始前の宣言通り、父親を見捨てての反乱によって馬騰らは皆殺しに合います。また馬超の行動を共にしてしまった韓遂の妻子も、曹操によって殺されることになりました。もうここまででも被害はかなり甚大ですが、ここからです。

 

関連記事:後漢書からわかる韓遂の誕生秘話!反乱プロデューサー韓遂はこうして生まれた

関連記事:董卓を破った馬騰とはどんな人?薪売りから反乱軍の大将に大出世

 

はじ三Youtubeメンバーシップ

 

 

今度は冀城を落としに涼州へ

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

逃げ延びた先は涼州、ここで馬超は羌族(きょうぞく)を集めて再び蜂起(ほうき)。ここで馬超に対抗したのが涼州刺史の韋康(いこう)。しかし八ヶ月に渡る抗戦の末、韋康は馬超に降伏することを選びます。

 

この時に、和議のために開城したにも関わらず、馬超は韋康とその一族を殺害。

 

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

そして韋康の元部下である、更に言うなら馬超に降伏することに反対していた楊阜(ようふ)姜敍(きょうじょ)趙昂(ちょうこう)らをそのまま配下に加えてしまいます。ここでまで、涼州で慕われていた韋康とその一族が殺害されました。しかしまだまだです。

 

関連記事:楊阜とはどんな人?馬超を討って功績を挙げた政治家

関連記事:夏侯淵とはどんな人?猛将の裏の顔は補給の達人

 

潼関の戦い

 

 

王異が馬超の妻に取りいり信用させる

王異

 

当然ながら、楊阜たちは馬超に内心では臣従する気はありませんでした。ここで活躍するのが、趙昂の妻である王異(おうい)です。王異の評判が高く、馬超の妻が彼女を宴に招いたのです。

 

余談ですが、王異も夫と同じく馬超とは徹底抗戦派でした。王異は馬超の妻に取り入り、夫の趙昂たちがこれから馬超がやっていくには欠かせない存在であると説得。それを受けた馬超の妻は馬超を説得。当初は彼らを信用していなかった馬超は、趙昂らを信用するようになったのです。

 

関連記事:軍師・司馬懿と女策士・王異を比較!軍配はどちらに!?

関連記事:王異ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将

 

馬超特集

 

 

冀城を馬超から取り返すが死屍累々

三国志のモブ 反乱

 

そして反撃の時はやってきました。涼州での、血で血を洗うような戦乱の幕開けです。この際に、趙昂は息子の趙月(ちょうげつ)が馬超の人質になっていたので躊躇(ためら)うも、王異に説得され反乱を決意。後に趙月は馬超に殺されてしまいます。

 

また反乱を起こした際に父親の一件で馬超を罵倒した姜叙の母親と子が、激怒した馬超に切り殺されました。楊阜の一族、七名も殺害されています。

 

関連記事:晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

関連記事:法正の曲者だらけの交友録に諸葛孔明もガクブルだったってホント?

 

全訳三国志演義

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-馬超
-