劉備の若妻孫尚香はとんでもない爆弾娘だった理由とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫尚香

孫尚香

 

たくさんの国が乱立する世では同盟国の絆をより強固なものにするために政略結婚というものが行われるもの。

実は『三国志』の世界でも政略結婚は頻繁に行われていました。

その中でも特に有名な政略結婚といえば呉の孫権(そんけん)の妹・孫尚香(そんしょうこう)が蜀の劉備(りゅうび)(とつ)いだものでしょう。

ところがこの政略結婚、他に類を見ないほどなかなか波乱万丈なものだった模様。

 

というのも、孫尚香がけっこうな厄介なじゃじゃ馬だったようで…。

 

今回は、劉備に嫁いだじゃじゃ馬夫人・孫尚香についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫尚香はどちらがかわいい?アニメそれとも三国志?

関連記事:孫尚香ってどんな人?孔明に曹操、孫権と並び評された人物

 


 

悲運?政略結婚のエサにされた孫尚香

政略結婚のエサにされた孫尚香と劉備

 

呉と蜀との同盟関係をより強固なものにしたいということで白羽の矢が立てられてしまった孫尚香。

実は孫尚香という名前は京劇で使われる仮の名前であり、彼女の名前は明らかになっていません。

そのため、彼女のことは通例通り孫夫人と呼ぶべきなのかもしれません。

しかし、本記事では愛着がわきやすいということで孫尚香と呼ばせていただくことにします。

 

彼女は劉備との歳の差が親子ほどあったらしく、2人のあまりの年齢差にちょっと眉を(ひそ)めたくなってしまうという人もいるのではないでしょうか。

きっと孫尚香も乗り気ではなかったはず…。

 

ちなみに、兄である孫権も「ちょっとな…」と思っていたのではないでしょうか?

 

『三国志演義』では孫権は当初

「可愛い妹を劉備なんぞに本当にくれてやるわけないじゃん!」

と暗殺計画を企てていたくらいですからね。

 


 

劉備との相性は意外と…?

劉備

 

ところが、嘘の縁談は劉備の人柄の良さによって思いの外ポンポンと進み、本当に結婚することになってしまった孫尚香。

なんとか呉に留め置こうとしたものの、諸葛亮に策を授けられた趙雲によって劉備も孫尚香も荊州に連れて逃げられてしまいます。

シスコン孫権、悔しい…!

 

その後、劉備と孫尚香の関係ですが、正史『三国志』でも結構仲良くやっていたと記されています。

ただ、孫尚香は勇ましい孫堅(そんけん)の血を引いており、これまた勇ましい孫策の姿を見て育ったためかかなり男勝りな性格で

女だてらに武人のような風格を備えていました。

 

そんな彼女の部屋は女性らしさ皆無。

 

あらゆる武具が飾られており、更に武装した侍女が四六時中待機していたのだとか。

そのため、劉備は孫尚香の部屋では心から寛ぐことができなかったようです…。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち


 

いきなり帰郷!それも劉禅を連れて…

劉禅

 

相性は悪くなかったらしい2人でしたが、孫尚香は自分が孫権の妹であることを振りかざして威張るなど傲慢ちきな態度をとることが多く

蜀の人々は正直彼女に辟易していました。

 

あの諸葛亮(しょかつりょう)などは法正(ほうせい)を讃えるにあたって

「北に曹操(そうそう)、南に孫権、内には孫夫人の脅威があった中で我が君が志を遂げられたのは法正の功績だ」

なんて言っちゃうくらいですからね。

 

孫尚香は蜀にとってかなり迷惑な存在だったということを推し量ることができます。

そんな困ったじゃじゃ馬夫人・孫尚香ですが、ついにお別れのときが訪れます。

ただ、その別れは決して美しいものではありませんでした。

 

なんと夫である劉備が兵を連れて益州に出かけている間にちゃっかり呉に帰ろうとしたのです。

 

それも、劉備の大事な一人息子の劉禅(りゅうぜん)を連れて…!

そんなことをされては蜀は絶体絶命の窮地に立たされてしまいます。

跡継ぎを人質にとられてしまうということになってしまいますからね。

 

この危機的状況を救ったのは諸葛亮に命じられた趙雲(ちょううん)でした。

趙雲は長江を封鎖して孫尚香を説得し、劉禅を見事奪還して見せたのです。

 

ちなみに、正史では何の前触れもなく劉禅を誘拐しようとした悪妻風な記述になっていますが、

『三国志演義』では兄の偽手紙によっておびき出されたかわいそうな夫人ということになっています。

まぁいずれにせよ夫である劉備に何の相談も無しに蜀の大事な跡取り息子を連れ帰ろうとするなんてとんでもない行為に違いありませんが…。


  

 

 

彼女はその後どのように暮らしたのか?

銅雀台

 

呉に帰った孫尚香と劉備は当然離婚したということになったようですが、呉に帰った孫尚香がどのように暮らしたかということは不明です。

ただ、『三国志演義』の毛宗崗本では呉に帰った後も孫尚香はまだ劉備との夫婦関係は終わっていないと思っており、

夷陵の戦いで劉備が死んだという誤報を聞いて長江に身を投げたということになっているようです。

じゃじゃ馬夫人の彼女にそんな健気さがあるとはちょっと考えにくいところですが…。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

なかなか強烈なキャラクターの孫尚香ですが、彼女のような女性の存在が『三国志』をより面白いと感じさせてくれるのでしょうね。

結婚相手として考えるのはちょっと難しい女性ですが、気の合う女友達としては一緒にいてとても楽しい女性だろうなと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人

関連記事:劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

 

 

関連記事

  1. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  2. 劉禅と董允
  3. 傷だらけでも勇敢に戦う楽進
  4. 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁
  5. はじめての変

    1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

    三国志のゲームなどをやっていると兵糧という言葉を目にします。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP