はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

戦国策(燕策)他人の名声で自分を利するの巻




春秋戦国時代の地図

 

中国大陸の北東で(せい)と争っていた(えん)

 

実は燕はミステリアスな国で春秋時代の燕のことについてはほとんど史料が残されていません。

『戦国策』にその姿が著され、ようやく戦国時代の姿が浮かび上がってきた燕ですが、やはり他の国とは違う雰囲気。

今回はそんな燕での遊説家たちの活躍を『戦国策』燕策からいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

 

関連記事:【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず

関連記事:キングダム578話ネタバレ予想王翦の神出鬼没には法則があった?

 

 

乱れている国は狙い目ですよ

曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)

 

ある日、(しゅう)人である宮他(きゅうた)が燕のために使者として魏に出かけました。

 

しかし、魏は宮他を燕の使者と聞いて数か月もの間無視し続けました。

 

これを哀れに思った賓客(ひんきゃく)が魏王に燕の使者の話を聞かない理由を尋ねると、

「燕の国内は乱れているからね。」

との答えが。

 

すると賓客は次のように魏王に説きました。

 

(いん)湯王(とうおう)()桀王(けつおう)を討ったときには国が乱れていました。

このことに(かんが)みるに、大乱が起きている場合には地が得られ、小乱が起きている場合には宝物が得られるもの。

燕の客人は

『もし願いを聞き届けていただけたら地と宝物を出し尽くしても文句は言いません』

と言っています。

それなのに魏王さまはなぜ客人とお会いにならないのですか?」

 

賓客の言葉を聞いて魏王は大喜びで宮他と会ったのでした。

 

使者・宮他の人脈の広さに燕は救われた形となりましたね。

 

はたして使者の願いは聞き届けられたのでしょうか…?

 

 

まず隗より始めよ

馬に乗って単身荊州へ赴く劉表

 

斉によって滅亡の淵に立たされた燕。

 

そんな燕で王位についた昭王(しょうおう)は優秀な人材をより多く燕に招き入れたいと考えます。

 

そこで、そのための知恵を教授してもらおうと郭隗(かくかい)先生のもとへ赴きました。

 

郭隗先生は

「まごころを込めてひろく国中の賢者を選び、その門を叩いてみてください。

昭王さまがわざわざ賢臣をお訪ねになる人だと天下に知れ渡れば天下の士が『我こそは』と燕に集まってくることでしょう。」

 

と答えました。

 

この言葉を聞いた昭王は更に

「まずは誰を訪れればよいでしょうか?」

と尋ねました。

 

すると、郭隗先生は次のように答えました。

 

「古の人君に千金で千里の馬を求める人がおりました。

しかし、いつまで経っても千里の馬は現れません。

そんな人君にある役人が『私が買ってきますよ』と申し出たので、人君はお金を渡して買いに出させました。

ところが、役人は五百金で死んだ千里の馬を買ってきたものだから人君は大激怒。

 

しかし役人は次のように話したのです。

『死んだ馬でも五百金で買うのだから、生きている馬はもっと高く買ってもらえると世間で噂になるはずです。

千里の馬は必ずやって来るでしょう。』

 

はたして、1年もしないうちに千里の馬が何頭も人君のもとにやってきたのです。

 

さて、昭王さまが心から士を招きたいのであれば、まずこの私、隗より始めてくださいませ。

 

私でさえ昭王さまに招かれたとあれば私より優れた者たちはなおさらのこと。

千里を遠しとせずやってくるでしょう。」

 

昭王は郭隗先生の言葉を受けて

まず郭隗先生のために宮殿を築いて師事しました。

銅雀台

 

すると、この噂を聞きつけて後に斉を滅亡寸前まで追い込む楽毅(がっき)や五行説を唱えた天才陰陽家・鄒衍(すうえん)、後に燕の国教を司る法家・劇辛(げきしん)など

優秀な人材が燕に続々終結。

かくして燕はかつてないほど富み栄えることになったのでした。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

私の伯楽になってください

 

蘇代(そだい)が燕のために斉に使者として赴いた際、まず斉王と謁見するために斉の説客・淳于髠(じゅんうこん)を口説こうと次のような話をしました。

 

「あるところに駿馬を売る者がいました。

しかし、誰も目をとめてくれません。

そこで、伯楽(はくらく)に会いに行き、

『私の馬の周りをぐるっとまわってご覧になり、振り返り振り返り立ち去っていただけませんか?

そうしてくだされば馬が売れたときのお金を分けてお礼にさしあげます。』

と言いました。

 

伯楽が言われたとおりにすると、馬は十倍の価格で売れたのだとか。

 

さて、私も駿馬として斉王さまにお会いしたいのですが、あなたが私の伯楽になってはくれませんか?

白璧を一対と黄金千鎰で飼料の代金にさせていただきます。」

 

この言葉を聞いた淳于髠(じゅんうこん)は二つ返事で承諾。

 

かくて蘇代(そだい)は斉王に気に入られ、燕の使者としての役割を果たすことができたのでした。

 

※白楽は馬の鑑定の名人と呼ばれた人

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

燕は他所から優秀な人を集めることが上手な国だったようですね。

『戦国策』は小話集のようなきらいがありますが、それぞれの国の小話を分析していくとその国の姿や性格がなんとなく見えてきます。

皆さんも『戦国策』を読んで個性豊かな戦国時代の国々の性格を分析してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】

関連記事:【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 始皇帝が求めた不老不死の妙薬…なぜ始皇帝は水銀に行き着いたのか?…
  2. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲し…
  3. キングダム 戦国七雄地図 戦国策【燕策】人の弱みに付け込み交渉を有利に進めるの巻
  4. 孫武(ゆるキャラ) 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせ…
  5. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  6. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも…
  7. 一騎打ちをする太史慈と孫策 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は?
  8. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 魏延と孔明

おすすめ記事

  1. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人 杜夫人
  2. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹
  3. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  4. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  5. 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  6. 魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路

三國志雑学

  1. 張飛の男気人生
  2. 暴れまわる異民族に困る梁習
  3. 陸遜
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 程普
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 水野勝成
  4. 張コウ 張郃

おすすめ記事

側室の女性達を励ます甄氏 大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった 島津斉興はどんな人?祖父への憎しみを子にぶつけた頑固で有能な藩主 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑馬、短豆を恋う」 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は? 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは? 郭嘉 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP