魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

戦国策(燕策)他人の名声で自分を利するの巻

「燕」の旗を持った兵士




春秋戦国時代の地図

 

中国大陸の北東で(せい)と争っていた(えん)

 

実は燕はミステリアスな国で春秋時代の燕のことについてはほとんど史料が残されていません。

『戦国策』にその姿が著され、ようやく戦国時代の姿が浮かび上がってきた燕ですが、やはり他の国とは違う雰囲気。

今回はそんな燕での遊説家たちの活躍を『戦国策』燕策からいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

 

関連記事:【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず

関連記事:キングダム578話ネタバレ予想王翦の神出鬼没には法則があった?

 

 

乱れている国は狙い目ですよ

曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)

 

ある日、(しゅう)人である宮他(きゅうた)が燕のために使者として魏に出かけました。

 

しかし、魏は宮他を燕の使者と聞いて数か月もの間無視し続けました。

 

これを哀れに思った賓客(ひんきゃく)が魏王に燕の使者の話を聞かない理由を尋ねると、

「燕の国内は乱れているからね。」

との答えが。

 

すると賓客は次のように魏王に説きました。

 

(いん)湯王(とうおう)()桀王(けつおう)を討ったときには国が乱れていました。

このことに(かんが)みるに、大乱が起きている場合には地が得られ、小乱が起きている場合には宝物が得られるもの。

燕の客人は

『もし願いを聞き届けていただけたら地と宝物を出し尽くしても文句は言いません』

と言っています。

それなのに魏王さまはなぜ客人とお会いにならないのですか?」

 

賓客の言葉を聞いて魏王は大喜びで宮他と会ったのでした。

 

使者・宮他の人脈の広さに燕は救われた形となりましたね。

 

はたして使者の願いは聞き届けられたのでしょうか…?

 

 

まず隗より始めよ

馬に乗って単身荊州へ赴く劉表

 

斉によって滅亡の淵に立たされた燕。

 

そんな燕で王位についた昭王(しょうおう)は優秀な人材をより多く燕に招き入れたいと考えます。

 

そこで、そのための知恵を教授してもらおうと郭隗(かくかい)先生のもとへ赴きました。

 

郭隗先生は

「まごころを込めてひろく国中の賢者を選び、その門を叩いてみてください。

昭王さまがわざわざ賢臣をお訪ねになる人だと天下に知れ渡れば天下の士が『我こそは』と燕に集まってくることでしょう。」

 

と答えました。

 

この言葉を聞いた昭王は更に

「まずは誰を訪れればよいでしょうか?」

と尋ねました。

 

すると、郭隗先生は次のように答えました。

 

「古の人君に千金で千里の馬を求める人がおりました。

しかし、いつまで経っても千里の馬は現れません。

そんな人君にある役人が『私が買ってきますよ』と申し出たので、人君はお金を渡して買いに出させました。

ところが、役人は五百金で死んだ千里の馬を買ってきたものだから人君は大激怒。

 

しかし役人は次のように話したのです。

『死んだ馬でも五百金で買うのだから、生きている馬はもっと高く買ってもらえると世間で噂になるはずです。

千里の馬は必ずやって来るでしょう。』

 

はたして、1年もしないうちに千里の馬が何頭も人君のもとにやってきたのです。

 

さて、昭王さまが心から士を招きたいのであれば、まずこの私、隗より始めてくださいませ。

 

私でさえ昭王さまに招かれたとあれば私より優れた者たちはなおさらのこと。

千里を遠しとせずやってくるでしょう。」

 

昭王は郭隗先生の言葉を受けて

まず郭隗先生のために宮殿を築いて師事しました。

銅雀台

 

すると、この噂を聞きつけて後に斉を滅亡寸前まで追い込む楽毅(がっき)や五行説を唱えた天才陰陽家・鄒衍(すうえん)、後に燕の国教を司る法家・劇辛(げきしん)など

優秀な人材が燕に続々終結。

かくして燕はかつてないほど富み栄えることになったのでした。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

私の伯楽になってください

 

蘇代(そだい)が燕のために斉に使者として赴いた際、まず斉王と謁見するために斉の説客・淳于髠(じゅんうこん)を口説こうと次のような話をしました。

 

「あるところに駿馬を売る者がいました。

しかし、誰も目をとめてくれません。

そこで、伯楽(はくらく)に会いに行き、

『私の馬の周りをぐるっとまわってご覧になり、振り返り振り返り立ち去っていただけませんか?

そうしてくだされば馬が売れたときのお金を分けてお礼にさしあげます。』

と言いました。

 

伯楽が言われたとおりにすると、馬は十倍の価格で売れたのだとか。

 

さて、私も駿馬として斉王さまにお会いしたいのですが、あなたが私の伯楽になってはくれませんか?

白璧を一対と黄金千鎰で飼料の代金にさせていただきます。」

 

この言葉を聞いた淳于髠(じゅんうこん)は二つ返事で承諾。

 

かくて蘇代(そだい)は斉王に気に入られ、燕の使者としての役割を果たすことができたのでした。

 

※白楽は馬の鑑定の名人と呼ばれた人

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

燕は他所から優秀な人を集めることが上手な国だったようですね。

『戦国策』は小話集のようなきらいがありますが、それぞれの国の小話を分析していくとその国の姿や性格がなんとなく見えてきます。

皆さんも『戦国策』を読んで個性豊かな戦国時代の国々の性格を分析してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】

関連記事:【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  2. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用…
  3. はじめての三国志 画像準備中 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国…
  4. 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗…
  5. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いな…
  6. 廉頗 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダ…
  7. はじめての三国志 画像準備中 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  8. キングダム 3巻 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明と劉備、関羽、張飛
  2. 上杉謙信
  3. 田中角栄
  4. 皇帝になることを決意する孫権
  5. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  6. 部下をいじめる曹丕

おすすめ記事

  1. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 一騎打ちをする太史慈と孫策
  2. 樊城の戦いの始まり、その原因は関羽に合ったって本当? 関羽に無視される孫権
  3. 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者
  4. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説! 張昭
  5. 盧植とはどんな人?不正と悪を憎み酒を愛した武闘派学者の人生 盧植
  6. はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件

三國志雑学

  1. 孫策に攻撃される黄祖
  2. 魏の夏侯淵
  3. 魏の夏侯淵
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張遼 カカロットーーーー!
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 三条実美
  4. 君主論 董卓
  5. 徳川家康
  6. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  7. 曹操に憧れる荀彧

おすすめ記事

君たちはどう生きるか?劉禅 君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方 袁紹と献帝と董卓 袁紹と何進はなぜ董卓を都へ招集したの?後漢王朝の命運を絶った大愚挙 于禁、曹操、青州兵 史実の于禁はどんな評価されていたの?現代に通じる于禁の話 コーノヒロさん(はじめての三国志ライター) 【壬申の乱の謎】天武帝は新羅と同盟を結んでいた?大海人皇子が予測した未来とは? 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介 【感想・ネタバレ】劉備徳子は静かに暮らしたい 1巻 三国志の武将たちが現代の高校生に転生!? 考える諸葛亮孔明 【はじ三お悩み相談回答編】隠れ三国志ファンのお悩み 李儒と三国志 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP