広告募集
李傕祭り




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】

この記事の所要時間: 555




photo credit: Purple haze via photopin (license)

photo credit: Purple haze via photopin (license)

 

魏での辛い日々を乗り越えついに秦の宰相となった范雎(はんしょ)

魏の地で味わった辛い仕打ちの復讐を企てます。

復讐に成功した後、彼は有名な遠交近攻の策を昭襄王に献策。

歴史に名を留める事になります。

 

前回記事:范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。




仕返しの時その1

 

秦の宰相となった范雎は昭襄王から魏冄(ぎぜん)を追放した功績から

新たに領地をもらいます。

こうして秦での実力者となった頃、魏の使者が秦にやってきます。

その使者の名は魏の地で范雎が痛めつけられた原因となった須賈(しゅか)です。

范雎は一策を講じます。

須賈が范雎の自宅にやってくるとみすぼらしい恰好をした范雎を見つかます。

須賈は范雎が生きている事に驚き「お前まだ生きていたのか。」と声をかけます。

范雎は「はい。どうにかこの通り、生きております。」と答えます。

須賈は范雎のみすぼらしい姿に同情し、厚手の服を彼に与えます。

彼は范雎に「ところで、秦の宰相張禄(ちょうろく=秦では范雎ではなく

張禄と名乗って宰相になっていた)殿と会いたいのだが、お主何とかしてくれぬか。」と依頼します。

范雎は俯いて笑いをこらえながら「はい。存じております。私がご案内いたします。」と自らの家へ案内します。

こうして自らの家に招き入れ、応接間に通します。

その後彼は須賈に「張禄様を呼んできますゆえ、しばしお待ちくだされ」

と告げ、屋敷の奥に入っていきます。




仕返しの時その2

 

范雎は正装に着替え、須賈の前に現れます。

須賈は范雎が秦の張禄であった事に驚き彼の前にひれ伏します。

范雎はひれ伏した須賈を見下ろし、「お前には三つの罪がある。一つ魏斉に

ありもしない事実を告げた事。二つ鞭で打たれている私を助けなかった事。

三つ目厠で私が辱めを受けていた事を知っていたにも関わらず、助けなかった。

以上三つがお前の罪だ。しかし、先ほど私に恩情かけ、厚手の服を渡してくれた

事で、死刑は取りやめてやろう」と情けをかけます。

その後須賈を歓迎する宴会の席を設けます。

范雎はこの席で須賈に「魏斉の首を差し出せ」と彼を睨み付けながら言います。

彼は「承知いたしました。」と頷き、足早に宴会場を後にし、魏へ帰国します。

こうして須賈には痛快な仕返しをします。

 

復讐の時その1

 

須賈は魏へ戻ると、魏斉に報告します。

魏斉は范雎が生きていた事に驚くと共に、彼の復讐に恐れを抱きます。

そして須賈から報告を受けた翌日、趙の平原君を頼り、魏を脱走します。

しかし范雎はこの程度の事で、魏斉を許すわけなく、

趙の孝成王に圧力をかけ、魏斉を渡すよう申し伝えます。

魏斉は趙にまで圧力をかけてくる范雎に恐れ、魏の信陵君へ助けを依頼。

信陵君は犠牲の依頼を断ります。

魏斉は信陵君に断られた事を知ると、逃げ場がない事を知り、自害。

魏斉の首は范雎の元へ送られます。

范雎はこうして自らを痛めつけて来た人へ復讐を果たし、大満足します。

 

助けてくれた人へ恩を返す

photo credit: Soul via photopin (license)

photo credit: Soul via photopin (license)

 

范雎は復讐を終えると、自らを助けてくれた鄭安平を秦に招き将軍にします。

また昭襄王へ推挙してくれた王嵇に対しては、領地を与えます。

こうして自らが苦しい時に助けてくれた人にはしっかりと恩で報います。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相…
  2. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関…
  3. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  4. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  5. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  6. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  7. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  8. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  2. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  3. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  5. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?
  6. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる! まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ! キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか? 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ 6話:三国志は黄巾の乱から始まった 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】
  2. 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった?
  3. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  4. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  5. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  6. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは
  7. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  8. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP