三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

これぞ理想の主君!呂蒙の才を更に伸ばした孫権

呂蒙を慰める孫権




敗れる関羽雲長

 

関羽(かんう)を生け捕りにして死に追いやったということで

関羽ファンには憎々しい人物であろう呂蒙(りょもう)ですが、

正史『三国志』において

その著者である陳寿(ちんじゅ)から次のように評されています。

 

呂蒙勇而有謀断、識軍計、譎郝普、禽関羽、最其妙者。

初雖軽果妄殺、終於克己、有国士之量、豈徒武将而已乎!

 

呂蒙は勇にして謀断有り、軍計を識り、

郝普を譎き、関羽を禽にするは、最も其の妙なる者なり。

初めは果を軽んじて妄りに殺すと雖も、終に己に克つに於いて、

国士の量有り、豈に徒の武将なるのみか!)

 

「呂蒙には勇気がある上に謀をする知恵や決断力があり、

軍略の何たるかをわきまえていた。

郝普を欺いて関羽を捕らえたことは、最もすばらしい功績である。

若い頃は軽はずみで妄りに殺人を犯してしまったこともあったが、

ついに自分に打ち勝っている。

ここには国士の器量がある。

どうして呂蒙をただの武将と言えようか!」

 

まさに、称賛の嵐です。

 

しかし、呂蒙がここまで褒めそやされるほどの大人物となれたのは、

主君・孫権(そんけん)の助言があったからに他なりません。

 

今回は、理想の主君・孫権と呂蒙のエピソードをご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!

関連記事:三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情

 

 

孫策の死後、気持ちを切り替えて孫権に仕える意志を見せた呂蒙

呂蒙

 

呂蒙は元々、孫策(そんさく)に見出されて

呉に仕えていた武将でした。

 

しかし、孫策は若くして亡くなってしまいます。

 

そこで、孫策の後を継いだのが孫策の弟の孫権でした。

 

ところが、

「孫権は若いし、ただのボンボンでしかない」

と軽んずる臣下たちが続出。

 

あの魯粛(ろしゅく)まで

「故郷に帰っちゃおうかな…」

なんて言い出す始末でした。

 

しかし、呂蒙は新しい主君・孫権をすぐに受け入れ、

軍の練兵に励みました。

 

その結果、

孫権は呂蒙の軍が見事に訓練されていることを喜んで

呂蒙軍の兵を増やしてやったと言います。

 

 

呂蒙の活躍ぶりに孫権も大喜び

呉の孫権は皇帝

 

その後も呂蒙は孫権のために

あらゆる場面で大活躍。

 

黄祖(こうそ)との戦いで先鋒として出陣し、

敵将の陳就を討ち取って見せたり、

赤壁の戦いでも周瑜(しゅうゆ)らと共に曹操(そうそう)を大いに破ったり、

甘寧(かんねい)を救出すべく夷陵(いりょう)に出陣し、

更に罠を張って敵の馬を300頭も奪ったり…。

 

挙げればきりがないほどです。

 

しかし、彼がここまで活躍することができたのは、

主君・孫権のアドバイスがあったからに他なりません。

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 

呂蒙が活躍の裏には孫権のアドバイスがあった…!

呂蒙を慰める孫権

 

呂蒙のことを知れば知るほど

私たちは呂蒙の優秀さに痺れてしまうのですが、

その昔、呂蒙は「呉下の阿蒙(アホの蒙ちゃん)」と呼ばれていました。

 

なぜアホ呼ばわりされていたかというと、

貧乏な家に生まれた呂蒙には学が全く無かったからです。

 

しかし、孫権だけは

呂蒙が本当は賢い人物であるということを見抜いており、

呂蒙を決してアホ呼ばわりすることはありませんでした。

 

そんなある日、

孫権は呂蒙に次のようにアドバイスをします。

 

儒教や歴史の勉強をしてはどうかな。」

 

ところが、アホ呼ばわりされ続けて

意地になってしまっていたのか、

呂蒙は「いや、自分忙しいんで」と拒否。

 

それでも孫権は言葉を続けました。

 

「お前の主君である私でも

忙しい合間を縫って勉強できたのだ。

お前にできないはずがない。

ただ過去のことを知るだけでいいのだ。」

 

この孫権の言葉に呂蒙は心を動かします。

 

呂蒙はすぐに勉強をはじめ、

結果、魯粛に「もうアホの蒙ちゃんじゃない!」

と言わしめるほどの博識な人物になったのでした。

 

孫権、病に伏した呂蒙が心配すぎて壁に穴を開けて垣間見をする

呂蒙が病気になり心配する孫権

 

学を身につけた呂蒙は、鬼に金棒モード。

 

あらゆる計略を巡らせて

呉に多くの勝利をもたらしました。

 

その中でも特に大きな武功といえば、

やはり関羽を捕らえたことでしょう。

 

しかし、

これほど優秀な呂蒙も病には勝てませんでした。

 

呂蒙が病に伏したことを知った孫権は

嘆き悲しみ、賞金をかけてまで呂蒙のために医者を探しました。

 

また、呂蒙を内殿に寝かせ、

呂蒙が自分に気を遣わないように

壁に穴を開けて暇さえあれば呂蒙の様子を垣間見したと言います。

 

それでも

呂蒙の病状は良くならず、

呂蒙は42歳でその生涯を終えたのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

孫権は呂蒙を「周瑜には及ばずとも、魯粛に勝る」と評し、

さらに「呂蒙や蒋欽ほど学問に励んで伸びた人物はいない」と称賛しています。

 

孫権は、兄の孫策が亡くなった後、

すぐに自分についてきてくれた上に、

助言を素直に聞いて学問に励み、

呉に数々の勝利をもたらした呂蒙のことをとても愛していたのでしょう。

 

孫権と呂蒙のような主従関係を築くことができたら、

これ以上喜ばしいことはなかったでしょうね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙

関連記事:三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 『三国志』をもっと面白く読むためには他の時代も勉強すべき!
  2. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…
  3. 劉禅 韓非子 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?
  4. 法正と劉備 【笑林】食文化の違いネタで呉の人のコンプレックスが分かる!
  5. 曹操は関羽をGET ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭を…
  6. 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史
  7. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  8. 【三顧の礼】劉備を確保しろ!水鏡先生の野望

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夏侯惇
  2. 王莽
  3. 曹操 健康
  4. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 曹操を主人公にしたオススメ小説3選 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 【意外な事実】公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった!
  3. 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始
  4. はじめての三国志開設2周年のご挨拶 はじめての三国志
  5. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  6. 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 張飛にお酒 だめだよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 亡くなる卑弥呼
  2. 馬に乗って戦う若き織田信長
  3. 二刀流の劉備

おすすめ記事

潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強武将 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは? 【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場 呉の小覇王・孫策 孫策の息子・孫紹が不憫だった!? 【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハートをキャッチ! 劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真実 ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP