キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

『三国志演義』に登場する周倉は実は実在していた!麦城村に周倉の墓も

周倉と裴元紹




関羽に見惚れる赤兎馬

 

三国志(さんごくし)』の魅力的なキャラクターといえば武神・関羽(かんう)の名を挙げる人が多いでしょう。

 

周倉

 

そして、そんな関羽の心強いお供といえば元黄巾賊にして元山賊のという異色の経歴を持ちながら

関羽に憧れを抱き続けてついに関羽の右腕ともいえる存在にのぼりつめた周倉です。

 

しかし、周倉は『三国志平話(さんごくしへいわ)』や『三国志演義(さんごくしえんぎ)』などの一連の『三国志』をベースとした作品のみに登場する創作オリジナルキャラクターであるとされており、実在はしていなかったというのが有力な説です。

 

ところが、「周倉は実は実在していたのでは…?」と一部の『三国志』ファンの間ではまことしやかに囁かれている様子…!今回は、周倉が実在したという説について徹底的に検証していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫権はどうして同盟者・関羽を攻撃したの?

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

 

 

湖北省当陽県麦城村に周倉の墓が…!

周倉

 

周倉が実在したという証拠として度々挙げられるのが、中国のある場所に存在する周倉の墓の存在です。その周倉の墓は湖北省(こほくしょう)当陽市(とうようし)兩河鎮麦城村にあります。麦城といえば、関羽が荊州(けいしゅう)を奪われて逃げ延びた地。呂蒙(りょもう)の策にはまって樊城(はんじょう)襄陽(じょうよう)も落とせずに逃げた関羽が孫権(そんけん)軍とかち合うことを恐れて引き返し、最期の拠点とした地です。

 

その後、関羽軍は孫権からの降伏勧告を受け入れたふりをして麦城から抜け出すのですが、結局孫権軍に捕まって捕虜となり、斬首に処せられてしまいます。そのとき周倉はまだ麦城で関羽を待っていたのですが、孫権軍から関羽の首を見せられて城壁から飛び降りて自害。麦城は周倉の最期の地となったわけです。

 

そのため、周倉の墓が湖北省当陽市兩河鎮麦城村に建てられたようですが、このお墓は一体いつ建てられたのでしょうか…?

 

 

周倉墓の歴史

 

周倉墓の歴史は、清の乾隆帝の時代の農夫がこの地で「周将軍…」と刻まれた石碑を発見したことに遡ることができるようです。

 

ただ、周将軍の名も生没年もいつこの石碑を作ったのかもわからず仕舞いで、とりあえずこの地に関する歴史的な物事を調べた結果、周倉の墓碑ではないかと結論付けられたそうな。歴史的な物事を調べたと言っても、周倉は創作上の人物としてしか登場していません。

 

清代の人は創作上の人物も実在の人物として取り扱っていたのでしょうか?それともその当時は周倉が実在していたという資料が残っていたのでしょうか?謎は深まるばかりですね。

 

関帝廟では関羽像の隣に周倉の像が…!

関帝廟 関羽

 

実は関羽を祀っている関帝廟には周倉も祀られています。

 

この関帝廟は、唐代以降様々な地で建てられるようになったようですが、周倉も関帝廟がつくられた当時から祀られていたのでしょうか?その真相は分かりかねるものの、可能性は無くは無いです。実は周倉は北宋代に徽宗によって威寧将軍に追封されており、まるで実際に存在した英雄のように扱われています。

 

周倉が書物の中に登場しはじめたのは元代に刊行された『三国志平話』からであると考えられていますから、書物に登場するよりもずっと前から周倉の存在は広く人々に認識されていたようですね。このことに鑑みれば、周倉という人物が実は存在していたのではないか…?という期待も持てそうですが、唐代といえば講談が始まった頃であり、宋代といえば講談が盛んに行われていた時代。

 

そのため、講談をしていた人が適当に作った周倉というキャラが人々に大ウケしてどんどん広まっていき、架空の人物なのか実在の人物なのかその区別がつかなくなってしまったということも可能性の一つとして考えられそうです。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

実在した周倉の本当の名前は「呂布」!?

赤兎馬と呂布

 

いやいや、周倉は存在していたはずだ!と訴える人の中には、周倉の本名は「呂布」説を打ち立てる人もいるようです。呂布ってあの裏切り者のアイツ!?

と思ってしまう人も多いと思いますが、アイツと同姓同名の人物がいて、その人物の名字が呂、名が周倉だったと言うのです。

 

その根拠として挙げられるのが正史『三国志』夏侯惇伝に見える

 

「二十四年、太祖軍撃破呂布軍于摩陂

 

(二十四年、太祖軍呂布軍を摩陂に撃破す)」

の文言です。

 

「二十四年」とは建安二十四年のことであり、西暦で言えば219年です。

 

しかし、呂布は199年に既に死亡していることになっているので、ここに矛盾が生じてしまうことになります。このことから、呂布には同姓同名の人物が存在し、

この呂布こそが関羽の部下なのではないか?と推察する人もいるようですが、ちょっと難しいような気もします…。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

結局、周倉は存在していたのかどうかですが私個人としては存在していなかったと考えるのが妥当であると結論付けておきたいと思います。何せ証拠が無さすぎますし、証拠らしきものの多くが怪しすぎます。今後、周倉に関する資料が新しく見つかれば、この結論をひっくり返す日も来るかもしれません。兎にも角にも、未来に期待ですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

関連記事:周倉の被っているあの帽子は何て言う帽子?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 城 銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ
  2. 楽進 楽進はチビだけどスゴイヤツ背が低いのは不利じゃない!
  3. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  4. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  5. 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話
  6. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで…
  7. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂…
  8. 徐庶 徐庶は正史三国志ではヒーローだった?剣術に長けていた軍師を徹底紹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 徐庶と出会う劉備
  3. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負

おすすめ記事

  1. 明智光秀の特技とは?プロ顔並みの3つの特技を分かりやすく解説 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  2. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  3. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる 疫病が蔓延している村と民人
  4. 姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!! 蜀の姜維
  5. コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月22日実施)
  6. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想? 孔子と儒教

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬超と韓遂
  2. 劉備 食客
  3. 周瑜 美男子
  4. 劉備にアドバイスをする法正

おすすめ記事

劉備 食客 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る! 【告知】朝まで三国志2017年 秋 本日22時開始 幕末 帝国議会 五代友厚は大阪再生の立役者だった! 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP