法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

もしも、合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなる?

合肥の戦いで痛い目にあった孫権




藏覇と孫権

 

孫権(そんけん)は何度か討ち取られそうになったことがあります。例えば孫権(そんけん)孫策(そんさく)と一緒に異民族討伐戦(いみんぞくとうばつせん)へ出陣した際、異民族からの奇襲攻撃を受けて、討ち取られそうになります。

 

周泰(しゅうたい)

 

この時は周泰(しゅうたい
)
が命がけの奮闘(ふんとう)をしたおかげで、(そんけん)権の命が守れます。

 

合肥の戦いで痛い目にあった孫権

 

また合肥の戦い(がっぴのたたかい)でも張遼(ちょうりょう)に追い詰められて死にそうになりますが、もしこの合肥の戦い(がっぴのたたかい)張遼孫権が討ち取られていたらどうなっていたのでしょうか。

 

黒田レン

 

今回は「はじめての三国志」のライター黒田(くろだ)レンのお得意企画・もしもシリーズをやっていきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「合肥の戦い 敗北」
「合肥の戦い if三国志
「もし三国志 合肥」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延を考察!もしも劉備が赤壁の戦いで負けていたらどうなっていた?

関連記事:もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】

 

 

孫権死す!!

合肥の戦いの満寵と孫権

 

孫権(そんけん)赤壁の戦い(せきへきのたたかい)の後、軍勢を率いて合肥城(がっぴじょう)を攻略するべく出陣しますが、曹操(そうそうぐん)の援軍に邪魔されて攻略することができませんでした。その後、孫権は軍勢を整えて再び合肥城攻略へ出陣します。

 

張遼 カカロットーーーー!

 

孫権は合肥城を攻撃する前に張遼(ちょうりょう)率いる奇襲部隊の攻撃を受けて損害を出してしまいます。孫権は張遼軍の奇襲攻撃を受けてもへこまず、合肥攻略戦を継続していきますが、孫呉の兵士達が疫病(えきびょう)のせいでバタバタと亡くなった為、退却することにします。

 

張遼は孫権軍が退却することを知り、自ら軍勢を率いて出陣します。

 

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

 

張遼は退却する孫権軍に激しい追撃を行い、孫権の護衛をしていた凌統(りょうとう
)
らを討ち取り、孫権を殺害することに成功。孫権軍は孫権が討ち取られてしまった為、大混乱しながら退却していくのでした。

 

三国志ライター黒田レン

 

さて孫権を討ち取られた孫呉政権はいったいどうなのでしょうか。黒田レンは二つのパターンを考えてみました。

 

 

一つ目のパターン:孫呉政権が分裂

呉征伐で活躍し、魏の重臣になる王昶(おうちょう)

 

レンが考えた一つ目のパターンは孫権が討ち取られた事で孫呉政権(そんごせいけん)が分裂するはずたと思います。どうして孫呉政権は分裂することになるのか紹介したいと思います。

 

孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

 

孫呉(そんご)名士めいし)と呼ばれる人々と江東(えとう)にいた豪族層(ごうぞくそう
)
の連合政権でした。孫権はこの豪族連合のトップとして君臨(くんりん)し、孫呉の名士層と豪族層をまとめ、江東に政権を打ち立てることに成功。

 

 

しかし孫権が張遼に討ち取られてしまった事で、連合政権のトップがいなくなり、名士層と豪族層が対立し、孫呉政権内部で抗争が起き、分裂することなったと思います。

 

呉の孫権

 

孫呉政権は孫権を中心にまとまってたからこそ、強大な()と戦うことが出来ましたが、孫権死後内部分裂している状態で孫呉政権へ攻め込んできた()にかなうはずがありません。

 

呉軍を撃退する曹真

 

上記の事から孫呉は名士層と豪族層が分裂し、内部抗争によって()に滅ぼされたと思います。

では次のパターンを紹介したいと思います。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

二つ目のパターン:新しい君主を立てて政権を維持

呉の孫権

 

一つ目のパターンは、孫権が亡くなった事で、孫呉の政権内で名士層と豪族層が抗争を起こし内部分裂し、魏の攻撃によって滅亡するのではないかと紹介しました。では二つ目のパターンは一体なんでしょうか。

 

孫権に仕える陸瑁(りくぼう)

 

それは孫権の後継者を立てて政権を維持するものです。孫権死後、江東政権は名士層と豪族層が協力して、孫権の跡継ぎを立てて政権を維持しようと考えたのではないのでしょうか。

 

孫権の跡継ぎ9歳の孫亮

 

孫権の息子・孫登(そんとう)は、第二次合肥攻略戦で孫権が討ち取られた時6歳だったため、彼を跡継ぎに立てるのは幼かったことからリーダーシップを取ることができず、頼りなかったため無理があると思います。

 

孫権に初代丞相として任命される孫卲(そんしょう)

 

そのため孫権の息子を跡継ぎに立てるのではなく、孫策の息子もしくは孫権の弟を跡継ぎに立てたと思われます。そして江東政権は孫権の跡継ぎを擁立して、孫権死後政権を維持しつつ、孫権を討ち取った魏と戦い続けることになったのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は孫権(そんけん)が合肥の戦いで張遼(ちょうりょう)に討ち取られてしまったらと言う事について考えてみました。

 

バナー はじめての三国志コミュニティ300×250

 

他にも黒田レンがここで紹介した以外にもいろいろなパターンがあると思いますので、「はじめての三国志」が開設した「はじめての三国志コミュニティー」などで発言していただければと思います。

 

■参考文献 正史三国志孫権伝など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔明・龐統・徐庶の三人がいたら劉備軍はどうなる!?【if三国志】

関連記事:もし夷陵の戦いで陸遜の裏切りがあったらどうなる?【if三国志】

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

【動画】三国志が日本で人気な理由


 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  2. 法正と劉備 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、ど…
  3. 李典 魏軍を何度も危機から救った最高のフォロワー李典
  4. 陸遜 陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ
  5. 胡亥 みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく…
  6. 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!?
  7. 水面に弱気な自分が映る周瑜 周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた
  8. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. 泣く子も張遼
  3. 織田信長
  4. 趙雲子龍
  5. おんな城主 直虎
  6. 司馬懿と曹操
  7. 董卓

おすすめ記事

  1. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  2. 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な一族 関羽と関索
  3. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  4. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった! 織田信長
  5. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  6. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

三國志雑学

  1. 三国志平話
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  3. 司馬徽と劉表
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 茶を飲む張角(太平道)
  2. キングダム53巻
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  5. 解煩督 呉
  6. 劉禅

おすすめ記事

魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操) 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂? 前原一誠 前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは? 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え 邯鄲淳とはどんな人?曹丕と曹植が欲しがった学者で笑い話集『笑林』の編者 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは? 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP