キングダム598話ネタバレ予想vol2「次に飛信隊に死者が出る戦場は?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、596話では飛信隊の古株松左(しょうざ)が戦死しました。

飛信隊のモブ以外のメンバーの死としては、尾到(びとう)以来です。

もっとも、ちょっと顔が出てきた飛信隊メンバーは龐煖(ほうけん)に大量に殺られたりしてますが、では次に飛信隊で古株が死ぬのはいつかを考えてみました。

それは、ずーっと後の信が総大将として戦う楚戦ではないかと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「キングダム ネタバレ予想」
「キングダム 598話」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム597話最新ネタバレ「武運を」レビュー

関連記事:キングダム597話ネタバレ雑学「衝撃!趙が滅んだのは大地震のせい?」

 


 

キングダム598話ネタバレ予想vol2楚戦では一気に7名が死ぬ

楚の旗と兵士

 

史実では、紀元前225年、信が楚攻略の総大将に任命されます。

ここでは秦王政が、楚攻略に必要な兵力を王翦(おうせん)と信にそれぞれ回答させ、王翦が60万、李信が20万と答えた為に秦王政が、信の勇気を買って

楚攻略を任せるのです。

ここで信は蒙恬(もうてん)を副将にして平輿(へいよ)を攻め、蒙恬は寝丘(しんきゅう)で楚軍を撃破、さらに信と蒙恬は合流し楚の首都(てい)を攻めて周辺で楚軍を撃破します。

ところが城父(じょうほ)で信と蒙恬が合流した所を三日三晩、秦軍を追跡してきた項燕(こうえん)により秦軍は散々に撃破され、二カ所の塁壁を破られ、

七人の部将を殺されます。どうにもならなくなった秦軍は咸陽(かんよう)に逃げ帰りました。

そうです、この対楚戦で飛信隊は七人の部将を失うわけです。ここは、キングダム史上最大の味方の損失になるでしょう。

 


 

キングダム598話ネタバレ予想vol2 戦死する7人の部将とは?

春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

 

信が大敗した楚戦の記述は史記白起(はくき)・王翦列伝に登場しますが、ここでは、7人の部将とは都尉(とい)という地位になっています。

この都尉とは軍隊の階級ではなく郡太守の副官であり、多忙な太守に代わり郡の軍事を担当する官だったようです。

郡の規模にもよりますが、数千名の兵力は動かしたと考えられます。

キングダムでは、このような階級を置いていないので、この七人は恐らく千人将に比定されると考えます。

そうなると、飛信隊というか飛信軍の7名の千人将が犠牲になるでしょう。

では、対楚戦で戦死する七名の飛信隊とは誰でしょうか?大胆に予想します。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム598話ネタバレ予想vol2 戦死予想1楚水

岳雲

 

元は郭備(かくび)隊出身で左目を縦断する傷がある武人です。山陽戦で飛信隊に転属になり、以後は飛信隊で補給を行っています。

凄みのある人物ですが補給線を担う存在であり責任感もあるので、対楚戦では補給を守り戦死するかも知れません。

これまで楚水は何度も負傷しては復帰していますが、今回は無理だったという導線もありかと・・


  

 

 

キングダム598話ネタバレ予想vol2 戦死予想2岳雷

華雄(かゆう)

 

岳雷(がくらい)は元麃公(ひょうこう)軍所属で乱戦に特化した飛熊(ひゆう)の指揮官、合従軍編での麃公の死後に飛信隊に編入し千人将になりました。

非常にガタイがよく、朱海平原の戦いでも趙峩龍の本陣を追い詰めますが、これほどの突撃要員で麃公をコピーしたような突進本能型の武将なので

対楚戦でも最期まで戦い退却できず戦死する可能性が高いです。

 

キングダム598話ネタバレ予想vol2 戦死予想3那貴

 

那貴(なき)は元々桓騎軍(かんきぐん)に所属する野盗あがりの人物ですが、尾平(びへい)と交換で飛信隊に入り、欲得ではなく中華統一の大義と志を前に奮戦する飛信隊に()かれ

桓騎軍を抜けて正式に飛信隊に加入します。

飛信隊に編入すると千人将に抜擢され、朱海平原の戦いでは十四日目に退却した趙峩龍(ちょうがりゅう)の部隊の位置を補足し、飛信隊の奇襲を成功させます。

キャラクターとしては、偵察任務を得意とするようなので、対楚戦では、敗残した飛信軍を無事に逃がすルートを見出そうとして楚軍に撃破されて

戦死するのではないかと思います。

 

キングダム598話ネタバレ予想vol2 戦死予想4田有

張良と力士

 

蛇甘(だかん)平原編から登場する大工の棟梁(とうりょう)の大男田有(でんゆう)、飛信隊結成時には第十四伍長で沛狼と共に精鋭の歩兵を集めました。

キングダムにおいては、ピンチの時のデカブツ歩兵隊として有名で、敵の騎兵だろうが戦車隊だろうが肉の防御壁でバリバリに隊を守ります。

鄴編(ぎょうへん)では、その手柄で叩き上げとしては異例の千人将に出世しました。

しかし、歩兵という性質と窮地に肉のカーテンになるという役割は楚騎兵の突進を死ぬまで止め続け大往生というイメージがあります。

 

キングダム598話ネタバレ予想vol2 戦死予想5我呂

雷土

 

我呂(がろ)は岳雷と同じく、元々は麃公の配下であった人物です。

やや軽い性格で気が強く、騎兵の代表として歩兵の松左とぶつかったりしていました。

しかし、武力は確かで常に前線に立ち、カッとなる信を諫める事も・・また、筋が通った事には茶々を入れずに黙って従う人物でもあります。

それだけに大敗を喫する対楚戦では、生還できない運命を受け入れ、憎まれ口を叩きながら死んでいく役割になるかも知れません。

 

キングダム598話ネタバレ予想vol2 戦死予想6去亥

 

去亥(きょがい)は顔の右側に大きな痣があるのが特徴の蛇甘平原での生き残り、飛信隊よりも過酷な戦場だったほぼ部隊が全滅した第二軍の生存者です。

口が悪い男ですが、剣技の腕に優れ、羌瘣の近くで戦える程の手腕、余り目立たないですが、地味に百人長に昇進しています。

今回の鄴攻めの功績で信が大将軍になれば、去亥が千人将になる可能性もあり、それが、対楚戦の死亡フラグの導線になるかも知れません。

 

キングダム598話ネタバレ予想vol2 戦死予想7崇原

夏侯惇

 

崇原も最近戦死した松左と並ぶ飛信隊の古株で歩兵長を勤めます。

飛信隊が百人隊の頃からのメンバーで、初期はヘタレで小便漏らしの過去があります。

隻眼(せきがん)ながら信に剣術バカと言われるほどの剣の達人であり、そればかりではなく、諏順(すうじゅん)のような剣の達人を配下に持っています。

向かってくる敵の力量が分かるという特殊能力の持ち主であり龐煖(ほうけん)のヤバさを本能で直感して逸早く警告を発したキャラでもあります。

 

それだけに生き残るスキルは高そうですが、こちらも松左に劣らず新米兵の面倒見がよい人で助からない兵士は救わないという鉄則が

守れなさそうなキャラなので飛信軍最大の窮地(きゅうち)になりそうな対楚戦では、自ら犠牲になり松左の元に旅立ちそうです。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

好き勝手に飛信隊から7名を死亡リストにピックアップしましたが、よく考えると戦いには蒙恬も従軍しているわけで楽華隊(がっかたい)からも犠牲が出るかも、、

とはいえ、楽華隊って玉鳳隊(ぎょくほうたい)に比較しても固定キャラが少ないんですよね。

ジイ役の胡漸(こぜん)と胡漸の突っ込み役の槍の名手陸仙(りくせん)くらいですか、、今後、楽華隊が強化されるようならまた死亡リストもかわるかも知れません。

鄴攻めの論功行賞が済んで、手柄がそんなにないのに千人将に昇格するキャラがkawausoは怪しいと思いますよ。

 

前回記事:キングダム598話ネタバレ予想ガチリアルに漫画の流れを予想する

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム】王賁の最期は?どんな死を迎えたの?

関連記事:【キングダム】王騎は史実では全く活躍しないダメ将軍?

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 


 


 

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. キングダム54巻amazon
  3. 剣を持ち戦う李牧


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP