樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

はじめてのプロ野球 関羽

 

樊城の戦い(はんじょうのたたかい)と言えば色々な意味で関羽(かんう)有名(ゆうめい)です。

 

曹操と夏侯惇

 

その関羽(かんう)のライバルとして描かれる人物はたくさんいますが、その人物の一人に近年では夏侯惇(かこうとん)が挙げられます。

 

そこまで関りがないのにどうして?と思っていましたが、どうやらゲームなど影響や、演義(えんぎ)でも関羽と戦うシーンがあるからのようですね。

 

曹操と夏侯惇

 

そこで今回は夏侯惇についてもっと皆さんに知って貰うために、樊城の戦い(はんじょうのたたかい)だけでなく色々な面から夏侯惇という将軍を解説していきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「樊城の戦い 夏侯惇」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!!

関連記事:眼帯は誰のもの?『一騎当千』で夏侯惇だけでなく呂蒙にも眼帯が付けられている件

 


 

猛将イメージの強い夏侯惇?

夏侯惇

 

近年では猛将イメージが高くなっている夏侯惇。

 

彼の荒々しい性格のイメージが付いたのは、彼が若い頃自分の先生を侮辱(ぶじょく
)
した人物を怒って切り捨ててしまったり、呂布(りょふ)との戦いの中で片目を失って食べてしまったりと言う豪胆(ごうたん)逸話(いつわ)伝説(でんせつ)からどうしても気性の荒い、激しい性格の人物というイメージが付きやすいのでしょうね。

 

また関羽と真っ向勝負するシーンが演義では描かれていることもあり、このことから「気性の激しい猛将で、関羽に対してライバル意識を持っている」という武将として描かれていることがあります。

 

とは言え、これらはあくまで夏候惇の「イメージ」です。実際の夏侯惇という人物はこのイメージからは想像もつかないような、武官(ぶかん)よりも文官(ぶんかん)に近い人物なのですよ。

 


 

部下を使うのが上手く、文官よりだった夏侯惇

夏侯惇

 

そんな夏侯惇は正史では文官よりに書かれています。

 

というよりも戦闘はどちらかと言うと苦手な部類の人物だったようで、後方支援を行ったり、農産業の奨励やインフラ整備などを積極的に行う人物で、そちらの方での功績が多く記されています。この記述だけでも、夏侯惇という人物のイメージと違う、と思う人も多いのではないでしょうか。

 

魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

また人を(なだ)めたりする、人間の潤滑剤(じゅんかつざい)として良く務めたようです。多くの人物たちが集う国、それこそ会社であると考えれば人の軋轢は多くあります。

 

その軋轢(あつれき)を少なくしてくれる人物と言うのはとても貴重であり、重要な人物です。部下や民たちからも深く慕われており、人柄の良さがうかがえますね。

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集


 

樊城の戦いでは夏侯惇は?

樊城の戦い

 

さてではいよいよ夏侯惇(かこうとん)が樊城の戦いで何をしていたか、何処にいたかを述べていきましょう。正史ですが夏侯惇の記述は樊城の戦いでは殆ど出てきません。その前から合肥(がっぴ)の土地に張遼(ちょうりょう)と共に守将(しゅしょう)として置かれていたようですね。

 

夏侯惇

 

孫呉(そんご)のための備え、ということです。合肥の土地の重要さを見れば夏侯惇が張遼と同じくとても信頼されていた将だと分かります。

 

張遼・楽進・李典

 

また()の合肥と言えば張遼(ちょうりょう)楽進(がくしん)李典(りてん)と言った武将たちが出てきますが、この三名は仲が悪かったとしても有名です。そんな中でもプライベートと仕事を分けて協力し合って孫呉と戦った、と書かれていますが、それにはやはり夏侯惇という潤滑剤も関わってきていたのではないでしょうか?

 

于禁と兵士

 

曹操は樊城の戦いでは最初に于禁(うきん)の援軍、それが敗北したために徐晃(じょこう)の援軍を送っていますが、その後詰(ごづ)めとして次には夏侯惇、張遼に部隊を率いさせて送るつもりであったようです。

 

曹操、ホウ徳、于禁

 

于禁、徐晃と言う名将たちが敗北した場合の切り札であり、最終手段として夏侯惇を動かすつもりだったのでしょう。

 

ここでもし夏侯惇が援軍として配属されれば関羽と夏侯惇、張遼の戦いが見られたかもしれませんが、結果はそうはなりませんでした。文官として優秀なだけでなく、最終的な切り札として配属できる強さもまた、夏侯惇の使い勝手の良さだったのではないでしょうか。

 

樊城の戦いでは名は残さなかったけれど、それ以外では十分に重用されて活躍しているのです。


  

 

清廉潔白な人物だった夏侯惇

夏侯惇

 

夏侯惇は民や部下に慕われていた、と言いましたが、その理由として彼が余分な資産は他人にすぐ配ることも理由の一つでした。

 

最終的に大きな功績を上げ、大将軍にまで任命された夏侯惇の墓から出てきたのは一振りの剣だけだったとも言われています。この人柄こそが魏の中で、彼が多くの人物に信頼されていた証明でしょう。

 

夏侯惇と呂布

 

因みに蜀びいきな演技では、魏の武将や呉の武将がやられ役として使われることが多くあります。そんな演義被害者の会の中でも、実は夏侯惇はやられ役の後にきちんとそれを挽回するようなシーンも描かれているのです。

 

なので結構、羅貫中(らかんちゅう)は夏侯惇を気に入っていたのかもしれませんね。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン

 

実は筆者も演義から三国志を知ったので、夏侯惇のイメージは猛将でした。しかし正史を読み、そして改めて演義を見直すと、夏侯惇という武将がどう描かれているかの違いがまた楽しく、深く人物評を楽しむきっかけにもなったと思います。

 

正史と演義での違いが大きく、意外なイメージがある夏侯惇、その一面を少しでも皆さんに知って貰えたなら、どても嬉しいですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇の眼帯はバカにされるのを隠すためだった!?

関連記事:李典が居なければ夏侯惇はいなかったかも!?

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 

【動画】曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら三国志はどうなる?

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 樊城の戦い
  2. 甘寧と凌統と呂蒙
  3. 司馬遷(しばせん)
  4. 孔明 郭嘉 周瑜
  5. 劉禅と董允
  6. 殺害される姜維と鍾会




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP