ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る

夏侯惇


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

はじめてのプロ野球 関羽

 

樊城の戦い(はんじょうのたたかい)と言えば色々な意味で関羽(かんう)有名(ゆうめい)です。

 

曹操と夏侯惇

 

その関羽(かんう)のライバルとして描かれる人物はたくさんいますが、その人物の一人に近年では夏侯惇(かこうとん)が挙げられます。

 

そこまで関りがないのにどうして?と思っていましたが、どうやらゲームなど影響や、演義(えんぎ)でも関羽と戦うシーンがあるからのようですね。

 

曹操と夏侯惇

 

そこで今回は夏侯惇についてもっと皆さんに知って貰うために、樊城の戦い(はんじょうのたたかい)だけでなく色々な面から夏侯惇という将軍を解説していきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「樊城の戦い 夏侯惇」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!!

関連記事:眼帯は誰のもの?『一騎当千』で夏侯惇だけでなく呂蒙にも眼帯が付けられている件

 


 

猛将イメージの強い夏侯惇?

夏侯惇

 

近年では猛将イメージが高くなっている夏侯惇。

 

彼の荒々しい性格のイメージが付いたのは、彼が若い頃自分の先生を侮辱(ぶじょく
)
した人物を怒って切り捨ててしまったり、呂布(りょふ)との戦いの中で片目を失って食べてしまったりと言う豪胆(ごうたん)逸話(いつわ)伝説(でんせつ)からどうしても気性の荒い、激しい性格の人物というイメージが付きやすいのでしょうね。

 

また関羽と真っ向勝負するシーンが演義では描かれていることもあり、このことから「気性の激しい猛将で、関羽に対してライバル意識を持っている」という武将として描かれていることがあります。

 

とは言え、これらはあくまで夏候惇の「イメージ」です。実際の夏侯惇という人物はこのイメージからは想像もつかないような、武官(ぶかん)よりも文官(ぶんかん)に近い人物なのですよ。

 


 

部下を使うのが上手く、文官よりだった夏侯惇

夏侯惇

 

そんな夏侯惇は正史では文官よりに書かれています。

 

というよりも戦闘はどちらかと言うと苦手な部類の人物だったようで、後方支援を行ったり、農産業の奨励やインフラ整備などを積極的に行う人物で、そちらの方での功績が多く記されています。この記述だけでも、夏侯惇という人物のイメージと違う、と思う人も多いのではないでしょうか。

 

魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

また人を(なだ)めたりする、人間の潤滑剤(じゅんかつざい)として良く務めたようです。多くの人物たちが集う国、それこそ会社であると考えれば人の軋轢は多くあります。

 

その軋轢(あつれき)を少なくしてくれる人物と言うのはとても貴重であり、重要な人物です。部下や民たちからも深く慕われており、人柄の良さがうかがえますね。

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集


 

樊城の戦いでは夏侯惇は?

樊城の戦い

 

さてではいよいよ夏侯惇(かこうとん)が樊城の戦いで何をしていたか、何処にいたかを述べていきましょう。正史ですが夏侯惇の記述は樊城の戦いでは殆ど出てきません。その前から合肥(がっぴ)の土地に張遼(ちょうりょう)と共に守将(しゅしょう)として置かれていたようですね。

 

夏侯惇

 

孫呉(そんご)のための備え、ということです。合肥の土地の重要さを見れば夏侯惇が張遼と同じくとても信頼されていた将だと分かります。

 

張遼・楽進・李典

 

また()の合肥と言えば張遼(ちょうりょう)楽進(がくしん)李典(りてん)と言った武将たちが出てきますが、この三名は仲が悪かったとしても有名です。そんな中でもプライベートと仕事を分けて協力し合って孫呉と戦った、と書かれていますが、それにはやはり夏侯惇という潤滑剤も関わってきていたのではないでしょうか?

 

于禁と兵士

 

曹操は樊城の戦いでは最初に于禁(うきん)の援軍、それが敗北したために徐晃(じょこう)の援軍を送っていますが、その後詰(ごづ)めとして次には夏侯惇、張遼に部隊を率いさせて送るつもりであったようです。

 

曹操、ホウ徳、于禁

 

于禁徐晃と言う名将たちが敗北した場合の切り札であり、最終手段として夏侯惇を動かすつもりだったのでしょう。

 

ここでもし夏侯惇が援軍として配属されれば関羽と夏侯惇、張遼の戦いが見られたかもしれませんが、結果はそうはなりませんでした。文官として優秀なだけでなく、最終的な切り札として配属できる強さもまた、夏侯惇の使い勝手の良さだったのではないでしょうか。

 

樊城の戦いでは名は残さなかったけれど、それ以外では十分に重用されて活躍しているのです。


  

 

 

清廉潔白な人物だった夏侯惇

夏侯惇

 

夏侯惇は民や部下に慕われていた、と言いましたが、その理由として彼が余分な資産は他人にすぐ配ることも理由の一つでした。

 

最終的に大きな功績を上げ、大将軍にまで任命された夏侯惇の墓から出てきたのは一振りの剣だけだったとも言われています。この人柄こそが魏の中で、彼が多くの人物に信頼されていた証明でしょう。

 

夏侯惇と呂布

 

因みに蜀びいきな演技では、魏の武将や呉の武将がやられ役として使われることが多くあります。そんな演義被害者の会の中でも、実は夏侯惇はやられ役の後にきちんとそれを挽回するようなシーンも描かれているのです。

 

なので結構、羅貫中(らかんちゅう)は夏侯惇を気に入っていたのかもしれませんね。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

実は筆者も演義から三国志を知ったので、夏侯惇のイメージは猛将でした。しかし正史を読み、そして改めて演義を見直すと、夏侯惇という武将がどう描かれているかの違いがまた楽しく、深く人物評を楽しむきっかけにもなったと思います。

 

正史と演義での違いが大きく、意外なイメージがある夏侯惇、その一面を少しでも皆さんに知って貰えたなら、どても嬉しいですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯惇の眼帯はバカにされるのを隠すためだった!?

関連記事:李典が居なければ夏侯惇はいなかったかも!?

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 

【動画】曹丕禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら三国志はどうなる?

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 朝まで三国志 劉備 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  2. 剣を持って戦う徐庶 徐庶にはどんな逸話があるの?
  3. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  4. 蜀の劉備 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐…
  5. 徐晃と許チョ 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  6. 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】日本の昔話「芋ころがし」のルーツ? 人まねで失敗した話
  7. 陸遜 剣と刀 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】
  8. 孔明 諸葛亮と徐庶と崔州平はどうして仲が良かったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 馬謖の失敗に嘆く孔明
  3. 茶を飲む張角(太平道)
  4. 陳勝・呉広
  5. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  6. 凌統
  7. 父・関羽とともに亡くなる関平
  8. 孫堅逝く

おすすめ記事

  1. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力 陸遜
  2. キングダム592話ネタバレ予想「信、羌瘣、王賁、亜花錦を大胆予測」 キングダム53巻
  3. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?
  4. 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介 的蘆に乗って逃げる劉備
  5. まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん) 陳羣
  6. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】

三國志雑学

  1. 昌豨
  2. 張昭 VS 孫権
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 孔明 東南の風


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉表死す
  2. 張松
  3. 司馬昭
  4. 公孫瓚と劉備
  5. 陸遜
  6. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  7. 桓騎

おすすめ記事

徳川家康をボコボコにする武田信玄 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した? 小帝(少帝劉弁)と董卓 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】 袁紹を説得しようとする田豊 白馬の戦い前から分かれていた曹操と袁紹の明暗!その原因とも思える田豊と逢紀の人柄 周瑜くやしい 呉 74話:孔明に嫉妬する周瑜 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い 袁術 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード 曹沖 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP