キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

黄巾の乱が英傑たちにどんな影響を与えた?蒼天すでに死す!黄巾の乱と影響

黄巾賊を退治する曹操




暴れる黄巾党と張角

 

黄巾の乱(こうきんのらん)三国志(さんごくし)の始まり、そう思っている人も多いでしょう。

事実、黄巾の乱は三国志の英傑たちのデビューの場であり、力を付けていった戦いでもあります。

 

曹操

 

今回はそんな黄巾の乱で特にその後に影響を受けることになった英傑たちと、彼らが得たものを紹介していきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「黄巾の乱 影響」
黄巾賊 影響」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教

関連記事:張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

 

 

そもそも黄巾の乱が始まったきっかけは?

王族ボンビーから一転セレブ03 董太后、霊帝

 

元々、桓帝(かんてい
)
という先代帝に子供がいなかったことがある意味で悲劇の始まりです。

 

西洋が好きな霊帝

 

跡継ぎは桓帝(かんてい)皇后(こうごう)たちによって擁立(ようりつ)された霊帝(れいてい)、彼が資金を手に入れるために官位売買(かんいばいばい)を始めました。つまりお金さえ出せば地位が手に入る時代になったのです。

 

霊帝から益州統治を頼まれる劉焉

 

その上、宮中では霊帝(れいてい)を擁立した一派と、桓帝健在の頃からの重鎮である宦官(かんがん)たちとの間に権力争いが行われていました。この頃の宮中での権力と言えばお金そのもの、つまり財力です。

 

餓えた農民(水滸伝)

 

財力を得るために官位の売買が激しくなる、高い官位が欲しい地方役人たちなどが庶民に重税を課して資金を絞り取る、という悪意のスパイラルが始まり、そこに天候不良、異民族の侵攻などが重なって時代は正に暗黒期となっていたのです。

 

張角は歴史の表舞台に登場

 

そこに現れたのが黄巾族、彼らは張角(ちょうかく)を宗主とした集まりで各地で奇跡を起こして人々を救い、貧窮していた人々を集めて一大勢力となりました。彼らを討伐するために宦官たちと霊帝一派は一時的に休戦して討伐軍を作ります。

 

太平道の祖・張角(黄巾賊)

 

この戦いが黄巾の乱です。ではその黄巾の乱で名を挙げていった三国志でも有名な武将たちを見ていきましょう。

 

 

精鋭の兵たちを手に入れた曹操

黄巾賊を退治する曹操

 

曹操は黄巾の乱で手柄を挙げたことで騎都尉(きとい)に任命されています。

 

黄巾賊を撃破する皇甫嵩

 

その後、皇甫嵩(こうほすう
)
と共に黄巾賊の残党として暴れていた潁川郡(えいせんぐん)の賊を討伐しました。この賊討伐こそが後の曹操の主力とも言える精鋭部隊である青州兵(せいしゅうへい)を手に入れた戦いです。

 

曹操が黄巾党が仲間に!

 

因みに黄巾賊の残党は兵士が30万、非戦闘員が100万人ほど曹操に降伏したと言われており、その数の多さが窺い知れます。この数が残党と言うのですから、黄巾賊がどれだけ大きな集団であったかも想像できますね。

 

黄巾賊

 

そしてその残党を手に入れた曹操、この時代は人こそ力と言っても良い時代ですから、曹操はこの時点でかなりの力を蓄えたと言っていいでしょう。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

ここから天下に出ていく劉備三兄弟

三国志の主人公の劉備

 

一括りにしてしまっていますが、この黄巾の乱で劉備(りゅうび)の名を見ることができます。「劉備は義勇兵を率いて校尉鄒靖の下で黄巾賊を討伐、武功を立てて安熹県(あんきけん)の県尉に任命された」となっています。しかしその一方でこの校尉(こうい)鄒靖(すうせい)に関してはどのような人物なのか分かっていません。

 

後漢書(ごかんしょ)によると辺境近くで暮らしていた人物であること、異民族について詳しかった人物であったという記述しか分かりませんでした。しかしこの人物の下で功績を挙げたことで、劉備は大きく出世します。

 

劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟

 

と言うのも劉備も義弟である関羽(かんう)張飛(ちょうひ)もこの時点では曹操(そうそう)孫堅(そんけん)に比べればまだまだ無名と言っても良い存在。ここで名を挙げて昇進できたからこそ、三国志を代表する一人、そして将軍として有名になることができたのでしょう。

 

大将軍のその後の運命…何進

何進

 

黄巾の乱で名を挙げた訳ではありませんが、ここで紹介しておきたいのが黄巾の乱の討伐軍大将軍であった何進(かしん)何進は異母妹が霊帝(れいてい)の皇后になったことから引き立てられた人物で、元々は屠畜業(とちくじょう
)
を行っていました。

 

何進

 

彼自身はそこまで積極的ではなかったようですが、妹が皇后になっていたことで宮中の政争にも関わっていき、最終的に殺害されます。

 

盧植と何進

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)では妹の七光りで出世した無能のように描かれていますが、実際にはそこまで酷い人物ではなく、むしろ黄巾の乱では首都の防衛をミスなく全うし、前線にも補給輸送を行ってサポートするなどしっかりと功績も挙げている人物です。

 

また部下たちにも優しく思いやりを持って接していたために彼が殺害された時に多くの兵士たちが敵討に参加したと言われています。何進自体は黄巾の乱のその後に殺害されましたが、彼の死はある意味で三国志と言う時代の始まりを表しているような気がします。

 

義妹の引き立てによって出世したと言えど、当人に落ち度はそれほどなく、さりとてずば抜けて優秀でもなく…そういった人物では既に生き残れない、そんな世代になってきていたのでしょう。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

黄巾の乱と言うと、三国志の始まりの戦いというイメージがあります。

 

曹操と劉備

 

そしてこの戦いがあったからこそ、数々の英傑たちが天下に名乗りを上げました…そう、漢と言う国の終焉と共に。そう思うともの悲しいものがありますが、ここから全てが始まってくると思うと同時にワクワクもしてきます。

 

曹操と黄巾賊

 

黄巾の乱で名を挙げた、つまりまだ無名に近い武将たちが今後どれほど躍進していくのか、それを見守る楽しさが黄巾の乱にはあると思いますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体をミエルカしてみるよ

関連記事:【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 

【動画】三国志が日本で人気な理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 袁燿(袁耀)えんよう 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  2. マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン) 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  3. 孔明と司馬懿 司馬懿はよく考えると主人公レベルにかっこいい!?孔明との戦い「以…
  4. 劉備の黒歴史 劉備は黄巾の乱の時に何をしていたの?どうやって軍資金を調達したの…
  5. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  6. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  7. 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説
  8. 若かりし劉備 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 黄月英
  3. 玉璽
  4. 呉の小覇王・孫策
  5. 京劇の格好をした関羽
  6. 解煩督 呉
  7. 孔明

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  2. キングダム591話ネタバレ予想vol1「河了貂の秘策は王賁投入」 キングダム53巻
  3. どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇 孔明を持ち上げる魏延
  4. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹 袁紹VS公孫瓚
  5. 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの? 坂本龍馬の臨終(暗殺)
  6. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」

三國志雑学

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 孫権の髭
  3. 曹操は褒め上手
  4. 孫策、陸遜、顧邵、他


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁紹を説得しようとする沮授
  2. 袁術
  3. キングダム45
  4. 司馬懿
  5. 黄月英
  6. 蒋琬と姜維と王平

おすすめ記事

劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう 犬猫に襲われる孔明 諸葛亮は誤算だらけの丞相だった? 賈詡 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】 劉禅 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 袁家をイジメる董卓 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 坂本龍馬の臨終(暗殺) 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP