ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての呉

士匡とはどんな人?従兄弟を守るためも悲惨な最期を迎える南海の覇者の一族

士匡


三国志の地図

 

三国時代は()()(しょく)の三つの国が争った時代で、現代でも人気を博している中国古代の物語です。この三国時代は魏・呉・蜀三つの国がメインとなっていますが、これらの国のほかに中国の最南端で大勢力を持っている一族がいました。

 

士燮

 

その一族とは士氏で、南海を収めていた人物は士燮(ししょう
)
と言います。そして今回の主人公は南海の覇者・士燮ではなく彼の弟の息子・士匡(しきょう
)
を紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「士匡 人物像」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い

関連記事:孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価

 


 

南海の覇者・士燮の弟の息子として生まれる

士匡

 

士匡のパパ・士壱(しいつ
)
は交州刺史を殺害したのち、朝廷から合浦太守に任命。その後士壱は士燮が孫権に従属することになると偏将軍と候の位を授与されることになります。

 

呉の孫権

 

この時士匡も孫権(そんけん)から官位をもらうことになります。

 


 

孫権配下と親友になる士匡

呂岱と仲がいい士匡

 

士匡は士燮が孫権の配下に加わった為、孫権の配下たちと交友関係を持つことになります。士匡は孫権配下の武将たちと交友関係を結びますが、ある人物と意気投合し、仲良くしていくことに。

 

呂岱(りょたい)

 

士匡と意気投合し仲良くなった孫呉の武将は呂岱です。士匡は呂岱と酒を飲みながら語り合ったり、一緒に狩りに行ったり、詩を作ったりしながら、過ごしていきます。呂岱は士匡の語り合いで彼の見識の高さに感心し、士匡へ「私と親友であり、先生になってほしい」とお願い。

 

士匡は呂岱のお願いを快くOK。こうして二人は親友関係でありながら、呂岱の師匠となるのでした。二人の関係は長く続くことになりますが、士燮が亡くなった事が二人の関係性にひびが入ってくることになります。


 

士徽の反乱!!

士徽

 

南海の覇者・士燮は高齢であったため、亡くなってしまいます。孫権は士燮が亡くなった事を知ると、士燮が領土としていた地域に太守を派遣。しかし士燮の息子・士徽(しき)は士燮が亡くなると、士燮の跡を継ぎ、孫権が派遣した太守を攻撃して反乱を起こします。


  

 

 

呂岱の策

賊を討伐する呂岱(りょたい)

 

呂岱(りょたい
)
は孫権から士徽の討伐を行えとの命令を受けると軍勢を率いて出陣。呂岱は士徽討伐を行う前に親友の士匡の元に立ちよります。呂岱は士匡に会って士徽へ降伏するように説得してもらえないかとお願いします。

 

士匡は呂岱の考えに賛同し士徽を説得するために彼の元へ向かうことに。更に呂岱は士徽へ手紙を送って降伏しない場合、「悲惨なことになる事。」「降伏すれば今の地位を得ることはできないが、命の保証がある事など」を書き記し送付。こうして呂岱は士徽を説得するために手だてを尽くしますが、他にもう一つ作戦を考えていました。

 

士徽の説得に成功

 

士匡は士徽に会うと呂岱の言葉を伝え、孫権へ降伏するように説得。士徽は士匡の言葉を受けて孫権へ説得することに決め、呂岱がやってくると彼を迎えて、降伏することを伝えます。

 

呂岱は士徽が降伏してくることを喜び、彼の為に宴会を催しおもてなしをします。呂岱は士徽をもてなしたのち、宿舎を与えて優遇。呂岱は士徽が降伏してきたので、以前から考えていた秘密の作戦を決行することにします。

 

士徽を殺害し士匡の官位をはく奪

 

呂岱は翌日士徽を役所へ連れてこさせると、彼の罪を挙げた後、約束していた命の保証を反故にして、殺害してしまいます。更に呂岱は士徽の兄や弟もすべて殺害。

 

呉の孫権は皇帝

 

士匡は呂岱が約束を破った事を知り逃亡しますが、後に孫権の元へ出頭しますが、官位を全てはく奪されてしまい、庶民へ落とされてしまうのでした。こうして南海の覇者として威厳を持っていた士燮一族は滅亡し、士燮が保有していた領土はすべて孫家の物になってしまいます。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

士匡は従兄弟を守るために呂岱との約束を信用して、士徽を説得したのにも関わらず、すべての約束が破棄されてしまい、人生のどん底に落ちてしまいます。親友でも心を許してはいけない一例だと言えますが、あまりにも呂岱のやり方はひどいと思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉のA級戦犯?孫皓を皇帝にした呉の重臣「万彧・濮陽興・張布」

関連記事:韋昭とはどんな人?正史三国志の「呉書」の制作チームとして貢献した学者

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 凌統 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  2. 韓当(かんとう) 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将
  3. 張紘が病死したという手紙を読み涙する孫権 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐…
  4. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代…
  5. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十…
  6. 陸遜 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み…
  7. 呉南蛮異民族をボコボコにする潘濬(はんしゅん) 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に…
  8. kataru 陳寿が語る孫権像

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐庶
  2. ダムが完成した蜀
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 孔明
  5. キレる織田信長
  6. おんな城主 直虎

おすすめ記事

  1. 【徳川家康は大砲マニア】難攻不落の大阪城は大砲で落ちたって本当? 幕末 大砲発射
  2. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに袁術を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 月刊はじめての三国志2018年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  4. 【徐晃の逸話】実は三国志最強レベル!逸話からわかる徐晃の強さ 徐晃と夏侯淵
  5. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 はじめての三国志 画像準備中
  6. 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの? 荀彧

三國志雑学

  1. 曹丕を生む卞夫人と曹操
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 孔明
  4. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  5. 呉の孫権は皇帝


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬超と韓遂
  2. 聶政
  3. シリア 関羽
  4. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物
  5. 孟達からの手紙を開封する劉封
  6. 楊端和

おすすめ記事

大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る 韓信vs孔明 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの? 張飛 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった! 法正 もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】 馬超 vs 許褚 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由人 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP