呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

今川義元はなぜ桶狭間の戦いで織田信長に負けたのか?

若き頃の織田信長に敗れる今川義元




今川義元

 

今回は今川義元(いまがわよしもと
)
桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい
)
で負けた原因に注目します。これまでの今川義元に関する記事では、寄親・寄子制(よりおや・よりこ
)
で組織化された軍隊と鉄砲による集団戦法について考察しました。尾張国(おわりのくに
)
を統一したばかりの織田信長(おだのぶなが)は寄親・寄子制や鉄砲による集団戦法を参考にしたといわれています。

 

織田信長

 

この記事では、最初に寄親・寄子制について解説します。桶狭間の戦いで今川義元が2万5千の兵を動員した経緯、寄親・寄子制の弱点を考えます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「今川義元 桶狭間の戦い」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:織田信長はなぜ尊敬されるのか?

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 

 

寄親・寄子制とは?

寄親・寄子制を導入する今川義元

 

今川義元の父・今川氏親の代から組織化された領国経営を行っていました。この制度を寄親・寄子制といいます。寄親・寄子制は次のような制度です。今川家の家臣に知行を与え、知行地に赴任します。赴任した家臣を寄親といい、知行地にいる百姓を寄子といいます。

 

寄親は知行地にいる百姓を保護します。保護された寄子は寄親から出兵の命令が出たら素早く行動します。寄親からの命令を素早く寄子に伝達できる指揮命令系統を確立していました。

 

 

これまでの寄親・寄子制による戦い

鉄砲隊を率いる今川義元

 

今川義元は寄親・寄子制による組織を確立すると、鉄砲による集団戦法を実践し、小豆坂の戦いで織田信秀(おだのぶひで
)
の領土だった三河国を手に入れました。組織化された集団戦法によりほとんど負けることなく駿河国・遠江国・三河国の戦国大名となりました。これまでの今川義元の戦いにおいて、多くても1万までの兵を動員していたという記録が残されているだけで、桶狭間の戦いのような大軍を率いたという経験はありません。

 

なぜ桶狭間の戦いで大軍を動員したのか?

馬に乗って戦う若き織田信長

 

桶狭間の戦い直前の尾張について取り上げます。1558年に織田信長は反対する勢力を一掃し、尾張を統一したばかりでした。信長は今川義元の寄親・寄子制を手本にした軍隊を組織しようとしましたが、家臣全員が心から従っているわけでもなく、小国であることから数千の兵しか集められないと考えられていました。

 

織田信秀(おだのぶひで)は信長のお父さん

 

なぜ、今川義元は小国の尾張に2万5千の大軍を動員したのでしょうか。今川義元が織田信秀との戦いで、信長の初陣のときのことが忘れられないことが要因として挙げられます。織田信長の初陣は14歳でした。初陣で三河国の吉良大浜を占領していた今川軍を攻撃します。信長は兵800を率いて、火を放ち、夜通し攻撃を続けた結果、今川軍は撤退しました。以後、今川義元は織田信長を警戒します。

 

寄親・寄子制の弱点とは?

若き頃の織田信長に敗れる今川義元

 

桶狭間の戦いは今川義元の軍の油断が原因といわれています。まず、桶狭間の戦いの過程から話を進めます。今川義元は尾張国の南半分の城主を織田方から今川方に寝返らせるとともに織田軍の砦と城を次々と落としました。今川義元は織田信長の砦や城を順調に落とす一方で、順調に戦を進めたことや雨が降ったことで休みました。

 

このことがきっかけで大将から寄親までの指揮命令系統が乱れ、寄親から寄子(末端)まで油断が生じる要因となりました。織田信長は今川義元軍の油断と隙をついて、義元の本陣がある桶狭間に向けて奇襲を仕掛けます。このとき、今川軍は突然の奇襲で一切抵抗することができませんでした。結果、今川義元は織田信長に討たれ、今川軍は敗走しました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は今川義元が桶狭間の戦いで負けた原因について考えました。最初に、寄親・寄子制という組織の解説から話を始めました。今川義元は寄親・寄子制という組織で連戦連勝を重ねましたが、桶狭間の戦いのように数万を超える大軍を率いた経験がありませんでした。今川義元は寄親・寄子制の弱点としてこのような組織の乱れを想定していたのか気になります。

 

最後に、桶狭間の戦いから数十年後に関ヶ原の戦いのように数万以上の大軍が衝突する戦いが起こります。桶狭間の戦いの弱点を踏まえて、戦国武将が組織内に油断が生じないようにどのような工夫をしたのでしょうか。今後の課題にしたいと思います。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 服部半蔵 服部半蔵の死因とは?実際は忍者ではない服部正成の死因に迫る
  2. 真田丸 武田信玄 武田信玄はエピソード豊富な戦国武将だった理由
  3. 武田信玄と徳川家康 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  4. 北条早雲の逸話を紹介、戦国のパイオニアは魅力的な男?
  5. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の生い立ちを辿ってみよう
  6. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀を知る観光おすすめスポット5選【丹波亀山城・福知山城・勝…
  7. キレる織田信長 織田信長は精神的な病気だった?天才的なひらめきを発揮した信長の苦…
  8. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の年齢は信長より若かった!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 董卓と呂布
  2. 蜀の劉備
  3. 蜀の馬超
  4. 王昭儀
  5. 黄月英
  6. 西郷従道 幕末
  7. おんな城主 直虎
  8. 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)
  9. 徐晃と許チョ

おすすめ記事

  1. 劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当? 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. 【月間まとめ】2016年4月の注目ニュース14選!
  3. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  4. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】
  6. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの? 何晏

三國志雑学

  1. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  2. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権
  3. 甘寧と呂蒙と凌統
  4. 司馬懿
  5. 魔王曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 朱然
  2. 信長の野望・創造
  3. 于禁と兵士
  4. 陳羣
  5. 宦官VS外威 三国志
  6. 武帝は前漢の第7代皇帝
  7. キングダム53巻
  8. 辮髪(べんぱつ)

おすすめ記事

北宋末の政治家・童貫(どうかん) 宋代の青磁と骨董マニアの宦官・童貫の生涯 土いじりをする劉備 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!? 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? 馬岱 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ オカルト小説を書いている曹丕 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった? 蜀の魏延 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万 野球をする曹操と関羽と呂布 はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫? キングダムの王騎 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP