ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

今川義元はなぜ桶狭間の戦いで織田信長に負けたのか?

若き頃の織田信長に敗れる今川義元


今川義元

 

今回は今川義元(いまがわよしもと
)
桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい
)
で負けた原因に注目します。これまでの今川義元に関する記事では、寄親・寄子制(よりおや・よりこ
)
で組織化された軍隊と鉄砲による集団戦法について考察しました。尾張国(おわりのくに
)
を統一したばかりの織田信長(おだのぶなが)は寄親・寄子制や鉄砲による集団戦法を参考にしたといわれています。

 

織田信長

 

この記事では、最初に寄親・寄子制について解説します。桶狭間の戦いで今川義元が2万5千の兵を動員した経緯、寄親・寄子制の弱点を考えます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「今川義元 桶狭間の戦い」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:織田信長はなぜ尊敬されるのか?

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 


 

寄親・寄子制とは?

寄親・寄子制を導入する今川義元

 

今川義元の父・今川氏親の代から組織化された領国経営を行っていました。この制度を寄親・寄子制といいます。寄親・寄子制は次のような制度です。今川家の家臣に知行を与え、知行地に赴任します。赴任した家臣を寄親といい、知行地にいる百姓を寄子といいます。

 

寄親は知行地にいる百姓を保護します。保護された寄子は寄親から出兵の命令が出たら素早く行動します。寄親からの命令を素早く寄子に伝達できる指揮命令系統を確立していました。

 


 

これまでの寄親・寄子制による戦い

鉄砲隊を率いる今川義元

 

今川義元は寄親・寄子制による組織を確立すると、鉄砲による集団戦法を実践し、小豆坂の戦いで織田信秀(おだのぶひで
)
の領土だった三河国を手に入れました。組織化された集団戦法によりほとんど負けることなく駿河国・遠江国・三河国の戦国大名となりました。これまでの今川義元の戦いにおいて、多くても1万までの兵を動員していたという記録が残されているだけで、桶狭間の戦いのような大軍を率いたという経験はありません。


 

なぜ桶狭間の戦いで大軍を動員したのか?

馬に乗って戦う若き織田信長

 

桶狭間の戦い直前の尾張について取り上げます。1558年に織田信長は反対する勢力を一掃し、尾張を統一したばかりでした。信長は今川義元の寄親・寄子制を手本にした軍隊を組織しようとしましたが、家臣全員が心から従っているわけでもなく、小国であることから数千の兵しか集められないと考えられていました。

 

織田信秀(おだのぶひで)は信長のお父さん

 

なぜ、今川義元は小国の尾張に2万5千の大軍を動員したのでしょうか。今川義元が織田信秀との戦いで、信長の初陣のときのことが忘れられないことが要因として挙げられます。織田信長の初陣は14歳でした。初陣で三河国の吉良大浜を占領していた今川軍を攻撃します。信長は兵800を率いて、火を放ち、夜通し攻撃を続けた結果、今川軍は撤退しました。以後、今川義元は織田信長を警戒します。


  

 

 

寄親・寄子制の弱点とは?

若き頃の織田信長に敗れる今川義元

 

桶狭間の戦いは今川義元の軍の油断が原因といわれています。まず、桶狭間の戦いの過程から話を進めます。今川義元は尾張国の南半分の城主を織田方から今川方に寝返らせるとともに織田軍の砦と城を次々と落としました。今川義元は織田信長の砦や城を順調に落とす一方で、順調に戦を進めたことや雨が降ったことで休みました。

 

このことがきっかけで大将から寄親までの指揮命令系統が乱れ、寄親から寄子(末端)まで油断が生じる要因となりました。織田信長は今川義元軍の油断と隙をついて、義元の本陣がある桶狭間に向けて奇襲を仕掛けます。このとき、今川軍は突然の奇襲で一切抵抗することができませんでした。結果、今川義元は織田信長に討たれ、今川軍は敗走しました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は今川義元が桶狭間の戦いで負けた原因について考えました。最初に、寄親・寄子制という組織の解説から話を始めました。今川義元は寄親・寄子制という組織で連戦連勝を重ねましたが、桶狭間の戦いのように数万を超える大軍を率いた経験がありませんでした。今川義元は寄親・寄子制の弱点としてこのような組織の乱れを想定していたのか気になります。

 

最後に、桶狭間の戦いから数十年後に関ヶ原の戦いのように数万以上の大軍が衝突する戦いが起こります。桶狭間の戦いの弱点を踏まえて、戦国武将が組織内に油断が生じないようにどのような工夫をしたのでしょうか。今後の課題にしたいと思います。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 亡くなる上杉謙信 上杉謙信の墓はどこにある?林泉寺と林泉寺へのアクセス方法と歴史雑…
  2. 上杉謙信 上杉謙信の戦術・車懸りの陣とは?
  3. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」…
  4. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 上杉謙信は梅干と酒のせいで亡くなったのは本当なの?高血圧な戦国大…
  5. 戦国大名が抱えていた忍者集団を紹介
  6. 黒田官兵衛 明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは?…
  7. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀はどんな武器を使っていたの?戦国無双から武器を考察してみ…
  8. 真田丸 武田信玄 これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみち…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 王翦
  3. 顔良を討ち取る関羽
  4. 討ち死にする黄崇
  5. 楊修
  6. 紂王

おすすめ記事

  1. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  2. 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった? 曹操 孔明をチェック
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  4. 郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス 蜀の皇帝に即位した劉備
  5. 酒癖の悪さから失敗を起こす張飛は三国志演義の創作だった? 張飛にお酒はだめだよ
  6. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ導いた法律の番人

三國志雑学

  1. 宦官の趙高(キングダム)
  2. 孔明
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  2. 竹林の七賢
  3. キングダム54巻amazon
  4. 過労死する諸葛孔明

おすすめ記事

公孫サン(公孫瓚) 【告知】7月23日から夏の公孫瓚スペシャルを6日ぶち抜きで掲載するよ 孟達を討伐する司馬懿 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる! 張飛 本 学問 三国志 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志2月号」1月25日(金)に出版決定 曹操にコテンパにされる袁紹 【イフ三国志】もしも袁紹と曹操の境遇が入れ替わっていたら?曹操にとってイージーモードだったのか? 新選組の土方歳三 土方歳三、新選組副長の刀はどんなモノ? 皇帝に就任した曹丕 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた 美化された袁紹に羨む袁術 第20話:袁術くん「やりたいことをして生きていく」について袁紹から学ぶ【最終話】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP