もしも趙雲が劉備の配下じゃなかったら?if三国志を考察してみる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽と趙雲を捨てて荊州に逃げる劉備

 

いきなりですが、五虎将軍の一人趙雲(ちょううん)が、「劉備(りゅうび)の配下にならなかった」と仮定します。

それによって三国時代の勢力図はどう変わるでしょうか?

 

水滸伝って何? 書類や本

 

陳寿(ちんじゅ)の『正史三国志 蜀書』の記述をベースに、そんなイフ展開を考えてみました!

 

自称・皇帝
当記事は、
「if三国志 趙雲」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について

関連記事:なぜ趙雲は劉備に仕えたのか?損得勘定の心理とは無縁の忠義の漢?


史実の整理:そもそも趙雲ってどうして劉備の部下になったのだっけ?

趙雲と劉備が初めて出会うシーン

 

まずは『正史』において、趙雲と劉備の二人の出会いは、どのように記述されているかを確認しておきましょう!

 

・もともと趙雲は、公孫瓚(こうそんさん)の配下であった

・公孫瓚が、自分のもとに身を寄せていた劉備を派遣して袁紹(えんしょう)軍を防がせたとき、その劉備に随行した将軍の中に、趙雲も入っていた。これが仲良くなるきっかけだった

・その後、長坂の戦いで、趙雲は劉備の妻と子を救出した

 

あれ?

記述としては、こんなあっさりとした感じです。

 

劉備の下で働くと決めた趙雲

 

「趙雲がなぜ劉備の配下になったのか」の詳細はほとんど語られておらず、話は数年すっとばされて、いきなり長坂の戦いに大ジャンプしてしまっていますね。民間伝承や、三国志演義の世界では、劉備と趙雲の出会いはいろいろ脚色されているのですが、肝心の『正史』では、与えられている情報があまりにも少ない。

 

公孫サンに味方をする趙雲

 

正史から我々が理解できるのは、

「趙雲は公孫瓚の配下だった」

「いつのまにか劉備の配下になっていて、長坂の戦いで活躍した」

という断片的な話だけです。間がスッポリと抜けています。


しかし「趙雲が公孫瓚の配下であり続けた場合」を考えてみただけで、インパクトは十分巨大!

五虎大将軍の趙雲

 

となると、「趙雲が劉備の配下にならなかった」世界では、何が起こるのか?

たいした違いはないのではないか?

 

と思いきや、その「イフ世界」においては、意外な人物が、大変おトクなポジションを得られることに気づきます。

そう、公孫瓚です!

 

公孫サン(公孫瓚)

 

三国志の展開の中では、ハッキリ言って、「序盤のザコ」の印象である公孫瓚。

その部下の名前など一人も思い出せません。ですが、趙雲が劉備と出会わず、公孫瓚に生涯の忠誠を誓い続けていたとなると、どうでしょうか?

 

公孫サン(公孫瓚)

 

公孫瓚は「序盤のザコ」どころか、「北方に控えている、やけに強い副将をいつも連れ添っている怖いオッサン」に印象が変わるのではないでしょうか?

 

白馬義従の公孫サン

 

そういえば『正史』によると、公孫瓚軍は「白馬ばかりを集めた騎馬隊を駆使して、かなり袁紹軍を苦しめ、白馬将軍の異名をとった」というさりげない記述もあります。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

公孫瓚軍、三国志の全体の中では目立たないだけで、実際にはまぁまぁ強かったのではないでしょうか?

となると、そこに趙雲が入っていれば、かなり侮れない強豪にオオバケしていた可能性もあるのでは?


趙雲が劉備の配下にならなかったら、顔良と文醜が秒殺されてしまう?!

顔良と文醜

 

そして「趙雲が劉備の配下にならなかった」世界では、圧倒的に不利な運命を背負うことになる男が、二人いますね。

 

袁紹軍の二大巨頭、顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)です。

 

顔良を討ち取る関羽

 

というのも趙雲は、武勇においては関羽(かんう)にも匹敵する豪傑とされています。

公孫瓚軍に、関羽に匹敵する趙雲が控えていたとしたら、何が起こるでしょうか?

 

顔良と関羽

 

史実では、顔良は、関羽に秒殺されてしまっています。

同じように、趙雲と出会ったとしても、顔良と文醜は秒殺されてしまうのではないでしょうか?

 

袁紹にお茶を渡す顔良

 

公孫瓚軍に趙雲が居座り続けていたら、三国時代のかなり早い段階で、顔良と文醜が趙雲と激突するという構図になっており、顔良も文醜も活躍できる場がないまま歴史の闇に消えてしまいます。

 

漢の顔良(がんりょう)

 

袁紹軍の勇将があっけなく戦死してしまう展開とは!これでは袁紹は華北の平定すらままならず、公孫瓚軍と曹操軍との挟み撃ちの中で、ほとんど何もできないうちに勢力としては消滅してしまうでしょう。

 

官渡の戦い 騎馬兵

 

そして有名な「官渡の戦い」は、袁紹軍対曹操軍ではなく、公孫瓚軍対曹操軍の決戦になってしまったことでしょう!

 

 

まとめ:趙雲がいれば公孫瓚の一族が三国末期まで生き延びる可能性がある!

諦める公孫サン(公孫瓚)

 

もっとも、けっきょくは、公孫瓚が曹操に勝てるはずもないので、公孫瓚と袁紹が入れ替わったところでその後の三国時代の大勢には影響があんまりない、という見方もできるかもしれません。

 

朝まで三国志 公孫瓚

 

ですが趙雲一人を抱えているだけで、公孫瓚には三国時代の最終局面まで生き延びる選択肢が出てくるのです!

というのも、公孫瓚には地の利があります。

 

司馬懿と公孫淵

 

三国志の後半で、司馬懿が、遼東に立て籠もって魏にたてついた「公孫淵(こうそんえん
)
」を討伐するというエピソードがありますよね?


三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

ややこしいことに、この公孫淵という人物は、公孫瓚とは血筋の関係はまったくない人物なのですが、「名前が似ているもののヨシミ」として公孫瓚が公孫淵ポジションをとってしまったら、どうなるでしょうか?

 

公孫淵

 

公孫淵が司馬懿を相手に好戦できていた拠点の遼東は、公孫瓚の拠点である易京から近いのです!

 

よって公孫瓚の生き残り戦術とは、「趙雲の武勇をフル活用して、三国時代の序盤に遼東を併合してしまい、本来なら『公孫淵』がとるはずのポジションを『公孫瓚』がとってしまう。そして袁紹を片付けた後はひたすら遼東に立て籠もって、曹操の猛攻から逃げ続ける」、これです!

 

海上での戦い05 公孫淵、曹操

 

賢い曹操なら、趙雲が存命中の公孫瓚軍に無理に攻撃はしかけてこないでしょう。そうすれば中央での戦いを傍観しながら遼東半島で静観を続け、三国時代の末まで生き残ることができるでしょう!

 

卑弥呼

 

さらに、よく考えると遼東地方というは、日本の邪馬台国からの使者を魏王朝につなぐという役割を担った土地。

邪馬台国の卑弥呼(ひみこ)の使者が、趙雲の案内で中国大陸に上陸する、という大展開もあり得た?!

 

亡くなる卑弥呼

 

趙雲の没年が229年で、卑弥呼の没年が248年ですから、趙雲がもう少し長生きしてさえくれれば、あながちその展開も、夢ではなかったはず!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん

関連記事:三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

関連記事

  1. 司馬懿

    はじめての変

    司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

    『三国志演義』の主人公は、言わずもがな劉備…

  2. 孫堅、孫賁
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 李傕、李カク、孫堅

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2019年 9月 17日

    関羽に斬られたのは顔良だけで文醜は演義の話ですので「史実では」と書くのはどうかと…


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP