キングダム「因果法則今度は糸凌が馬呈に討たれる?」

馬南慈の後始末


費桟

 

一方で、王翦を襲撃したものの蒙恬(もうてん)の出現で右目を失った馬南慈はどうでしょう。蒙恬は、王翦の親衛隊に対して馬南慈を回り込んで討ち取れと指示しています。しかし、馬南慈ともあろうものがいかに親衛隊とはいえ、兵卒に討たれるとはかなり考えにくいですし盛り上がりにも欠けます。そこで考えられるのは、失敗を悟った馬南慈が逃げてしまうという展開です。こうなった以上、李牧の本陣が窮地である事は大いに予想できるので、李牧を助ける為に戻るというわけです。

 

亡くなる李牧

 

馬南慈を逃がすのは、蒙恬や王賁(おうほん)にとっても残尿感が満載ですが、今回は総大将である王翦の身柄を守れれば上出来であってこれは達成されたので無理に馬南慈を追う必要はないでしょう。あいつは、追ってくると、急に引き返してこちらを狙ってきそうですし単体では、蒙恬も心臓が止まりそうな王賁でも勝てないでしょう。


キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

今回、蒼淡が覚醒した事で兵数が少ない飛信隊でも李牧の本陣に対して強力なレーザービームが放てるようになりました。これにより兵卒ではなく、騎乗した指揮官を狙えば、李牧本陣の混乱は、収拾不可能になるでしょう。そこでようやく龐煖登場で、最後の歯止めが掛かり朱海平原の戦いは終了。こんな風に進むと、いいんですけどね。読者の皆さんは、どのように考えますか?

 

参考文献:始皇帝中華統一の思想 「キングダム」で解く中国大陸の謎

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:キングダム618話最新ネタバレ「戦場への思い」レビュー考察

関連記事:キングダム618話ネタバレ予想vol3「弓矢兄弟は本当に存在するの?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

< 1

2

関連記事

  1. 白起(春秋戦国時代)
  2. 君主論18 kawausoさん
  3. ホウ煖(龐煖)
  4. 編集長日記03 kawausoさん、おとぼけさん

    キングダムのネタバレ考察

    キングダム「信の必勝法は攻撃しない事!」

    大人気春秋戦国時代漫画キングダム、人類…

  5. 万里の長城

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 邯鄲の夢
    • 2019年 10月 25日

    いよいよ信の覚醒モードへチェンジ。
    古参兵が斬殺され、空腹であろうと、重傷であろうと
    死地を超えるパワーが復活か?暗殺者・サジ・輪虎・廉頗戦など死地を超えるごとにミラクル信へチェンジと。
    できれば信が大将軍へ進化するために、ホウケンとはサシで勝負してほしい。キョウカイは信を狙ってくる雑魚どもを輪虎戦のソスイのように退治してほしいですね。
    ただ李牧が高見の見物では面白くないのでワープアウトしてきたファルファル伝説剣と一騎打ちなんてサイドメニューも並行してやると俄然盛り上がります。(これは決着つかずでしょうが)ダブル仇討ち戦。。。王翦やバナンジがどうのこうのよりエンターテイメント性が大で読者が楽しめる闘いになるのですが、原作者が気がついてくれないか妄想してます。

    • アキ
    • 2019年 10月 23日

    いつも楽しく拝見させていただいてます。アザッス。
    やはり信とホウケンのメインイベントが楽しみですが、キョウカイとの前哨戦を経てもダメージある信ではホウケンに敵わないと考えます。そこで王騎将軍のラストシーンの逆展開、討たれそうになった信を救うため放った淡の矢がホウケンに炸裂、その一瞬の隙にホウケンの視界から消える程高く飛んだ信が渾身の一刀をお見舞いする展開を想像してみました。来週が楽しみです。

    • 去亥
    • 2019年 10月 23日

    糸凌と馬呈の決着がつくより飛信隊と龐煖の方が決着がつくんじゃないかと思っています
    史実によると幽繆王の時代での記述は無いとのこと
    史実がどうとかいうよりもう『願い』です
    いくら戦場を舞台にしてる物語でもこんな神出鬼没のチートキャラにバッサバッサと切られたらたまったもんじゃない
    っでそうこうしてるうちに李牧はスタコラサッサーで終了じゃないですか

    • 邯鄲の夢
    • 2019年 10月 23日

    長い長いアプローチが終わり、信にとって本命中の本命、
    王騎の矛でホウケンと対決する機会が。。
    百人隊では初期メンツが大打撃を受け、千人隊では一撃を加えるも逃げられる。信の師匠格である王騎ヒョウコウ大将軍をその戦闘中に目の前で失う。史実や李牧がどのこうのなんて関係なく原作者の創作の中で仇討ちが叶うか?
    古参兵が予想どおり何名か義性に(キャラの新旧入れ替え)
    なりそうですが、戦死だけではなくびへいとかこうとかは
    深傷を負って除隊なんて展開も面白いかと思います。
    エンターテイメントを原作者が追及するのなら、ファルファル伝説剣を得意のワープ航法で李牧の背後へ出現させてほしいですね。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP